考察 【File:812】 歯を磨く沖矢とそれを見た世良の反応

sponsored link

沖矢がくしを取り出した意味

「アピールしてるくしや、それを取り出した仕草に何の意味もありません」ということはさすがにないと思われるので、結局ここがポイントになるのだろうか。

シンプルに考えれば、赤井が昔から愛用しているくしで、それを世良に見られたことで世良は驚き、沖矢に疑いの目を向けたというのが王道だろうか。アニメ版の場合は、くしの色が”赤”というのも確認できる。

赤井だから赤なのだろうか。それほどおかしくないのかもしれないが、男で赤というのも… 車などを含めて沖矢のカラーはキャスバル(シャア専用)の赤がトレードマークではあるが、世良からプレゼントされたとかもあるかもしれない。

まあ、わざわざ取り出して「シャっ」とかかっこよく持ち返る意味があるのかは不明(笑)このくしに意味がありますよ!という強調した表現だろうか。

あのくしが、変装中だったことを意味しているとも考えられる。コナンの行動をみて、(事情を聞いて)急いで変装、ギリギリ間に合わせたのでその様子を表現したかったとか。

ただ、他の人物(赤井以外)の変装については、他にしっくりこないところがあるので、それを崩さないことには可能性は低い。もちろん、あの沖矢が赤井でなければ、世良が驚く(なんらかに疑問を抱く)ことに繋がらないし、伏線の意図も不明である。

世良の反応について

コナンだと思ってドアを開けると沖矢が歯を磨いていた。そして、世良は「ポカーン」とか「キョトン」とした様子で驚き、ドアを閉めた後に何か疑うかのような表情に変わる。沖矢の何を見て、何を感じたのかは今のところ不明である。

順当なら例の「くし」がキーになり、「ドアを開けた直後に世良は沖矢がくしを隠したところを見る。そして、見覚えのあるくしだったため、疑問に思った」という流れになるか。(首に秘密~というのもありえるが、それだとくしの役割が不明。)

事前に、「沖矢=赤井だと疑う⇒首に変声機がない、もしくは右利きだったので驚いた。」という流れも想像できるが、やはり、世良が沖矢を赤井と疑うようなチャンスや描写はこれまでになかったところが問題であり、変声機がなかったことであんなキョトンとした驚きをするのも。

余程確信を持っていたのなら分かるが、”もしかしたら”程度であれば、「あれ、やっぱりなかった、勘違いだったみたいだ」という反応であろう。

「首に変声機を仕込んでいると思っていたが、それがなかったと」想定していたとしても、沖矢がちゃんとした言葉を発していないので、「変声機が無かったので変装ではなかった」と判断するのに十分な根拠にはならないだろう。

それに、沖矢=赤井と思っていたのなら、それまでにある程度の調査をしていたはずなので、沖矢が左利きということも気づいているはず。「今まで左利きだと思っていたが、今回の右手で歯を磨いていたからやっぱり右利きだと判断した」というのもあまりに軽率な判断。

そのため、「沖矢が赤井だと思っていたがそうではなかったので驚いた」という可能性よりも、「沖矢に赤井を思わせる何かを感じたので驚いた」という可能性のほうが高そうであるが。

*この後のミステリートレイン編でも、世良は「赤井は死んだはず」と思っているため、この時だけでは沖矢=赤井と気づいたわけではないようである。

伏線の回収

沖矢の正体について

⇒緋色シリーズ(File:893-898)で沖矢昴の正体が確定。

また、様々な根拠や作者公式の発言(SDB70)により沖矢昴は1人だけとわかる。

世良の反応についてはまだ未回収であるが、沖矢=赤井が確定、沖矢複数説も否定されたので、右手で歯を磨いていたことから右利きの別人という可能性は考える必要はなくなった。

ここは、世良が沖矢を見て感じることがあることで、世良と沖矢の関係(赤井の妹であること)と、沖矢=赤井を暗示した伏線の一つであるかもしれない。

左手で歯を磨いていたことについて

わざとです…(笑) 年賀状

沖矢が右手で歯を磨いていたのはわざと。本来なら左手に歯ブラシ、右手に櫛であった。

しかし、左利きであることが知られても、それだけで自分が赤井秀一であることがバレる、疑われるということはないはず。左利きの人間なんていくらでもいる。自分が疑われてもいないのに利き手を変えるのは自意識過剰である。それか、よほど慎重になったのか。(後にそれが仇になりそうだが。)

ということは、世良は沖矢=赤井を疑っていたので、そうではないということをアピールしたかったということになるか。しかし、前述したように世良と沖矢は初対面。それに、世良は赤井は死んだと思っている。

世良は赤井を死んだと思っていた⇒「全然笑わない人」で「いるわけない」と発言、しかし、その時いるかもしれないと考えた。そこで、工藤邸にいる沖矢を疑う⇒沖矢は右利きであったので、やっぱり違うと判断、再度死んだことを確信⇒ミステリートレインで「死んだって聞いた」と発言。

こんなフローであろうか。複雑すぎる(笑)世良はミステリートレインで火傷赤井と話をしたにもかかわらず、「怪盗キッドと赤面の人魚」で「そんな事あるわけない」と言っているので、火傷赤井の存在は世良に兄が生きているという希望を持たせることになっていない。

世良は兄は死んだと確信しているため、後の話の進行でも、兄を探そうという動きはまったくない。やはり、世良が沖矢昴が兄の変装ではないかと疑っていた可能性は低いような。

仮に世良が疑っていたのなら、安室次男説も立体交差の出会い抜きにして、ポアロでバイトしているという理由一つで真っ先に切れたのではないかと。

とりあえず、今後沖矢が世良に会う時は、右利きで登場してくるようである(笑)

sponsored link
更新日:2017-1-1

考察 【File:812】 歯を磨く沖矢とそれを見た世良の反応」への6件のフィードバック

  1. 管理人 投稿作成者

    匿名 さん

    以前コメント頂いた方でしょうか?

    >ミステリートレインの計画に支障をきたし兼ねない

    ベルツリーに組織が乗って来たのは、この後のエピソードで灰原が大人に戻り、その姿でミステリーパスを付けていたことが組織に見られた可能性があると考えたために緊急で対策したものであって、あらかじめコナンと沖矢がベルツリーで組織を欺こうと考えていたわけではないはずです。コナンも組織が乗ってくるのは半信半疑であったと言っています。

    >コナンも慌てて何かを隠す描写

    コナンが慌てて帰宅したのは蘭や世良に勝手に荒らされると、アルバムなどを見られる可能性があるからです。(世良は以前、今度来たらアルバムとか見たいと言っていました)帰宅したコナンは本棚でダンボールを持っています。コナンが有希子の存在を隠すために帰宅したのなら、口紅つきのグラスが流し台にそのままになった状態で、本棚をいじっているのはおかしいのではないでしょうか。コナンは蘭に写真を手渡ししていますが、有希子の存在を隠したいのであれば、有希子周りのことを先に行い、写真を自分達で探させれば良いのではと思います。

    >昴が長い髪のついているであろうくし

    あの櫛に長い髪が付いていると断定するのはどうかと思いますが。あのタイプの櫛は髪は絡みつきにくいですし、すぐに取れます。女性なら髪が絡まったまま放置はあまりしませんし、そうであっても茶髪で長い髪がついていようと沖矢本人のものかもしれませんし、それで有希子が帰って来ているとは思わないのではと思います。

    元々洗面台に置いてあったものであれば、工藤家ですから歯ブラシ等私物が置いてあるのは何の問題もありません。わざわざ袖に入れてポケットに手を突っ込むようなことをしなくても、自分で持っていれば沖矢本人の櫛だと思われますし、隠したということはその櫛を見られたらまずい理由があったはずです。前述したように、櫛が洗面台に置いてあっても即有希子が帰宅しているとは結びつきませんし、長い髪がからまっているのを見られ、その髪が有希子だとバレたら存在が気づかれしまうから隠したと考えるのは飛躍しすぎなのではと思います。

    沖矢が櫛を隠しても、その後髪留め、カツラの毛、グラスと放置状態、結局世良に勘繰られてしまいましたが、世良は沖矢の連れ込んだ女だろと自己解釈して大した興味は示していません。世良に有希子が帰宅しているとバレてまずいのは沖矢が変装している可能性を疑われることくらいですが、まだその発想には至っていないようです。

    どの公式サイトの解釈がわかりませんが、世良が沖矢を見て以来怪しんでいると言ったごく簡単な文章であったので、誤解釈のしようがなかったと思います。古い話題なのでソースはちょっと見つけられませんでした。

    希望的観測が具体的にどこかわかりませんが、当サイトは基本的に根拠を元に推理するスタンスではやっています。根拠が見つからないものに関しては憶測でしか書けないところはると思います。まとめサイトではなく個人の考えを書いたものですので、その辺はご理解ください。

  2. 匿名

    有希子がいることがバレるとミステリートレインの計画に支障をきたし兼ねない
    普段は蘭くらいごまかせるだろうが
    このときは世良も連れて急遽来ている状況で
    コナンも慌てて何かを隠す描写あり
    昴が長い髪のついているであろうくしを隠す素振りを見せたことが重要

    “工藤新一に関係する女”ではなく居候の大学院生の彼女と思わせれば
    余計な詮索をされることもなく
    ミステリートレインの計画は崩れない

    公式サイトの件の解釈も微妙にズレてるし
    考察が希望的観測に過ぎなくなってますよ

  3. 管理人 投稿作成者

    >最近になって一気読みした人 さん

    沖矢が世良に工藤家に有希子が帰って来ていることを隠す理由があるのか疑問ですが… それに、決定的な証拠がいくつも放置されている状況で、くしだけを隠したところで無駄な行動。キレ者の沖矢ならそんなミスはしないのではないかと思います。

    結局、後に世良には有希子が帰って来ていることがバレてしまいましたが、特にそのことに関して問題はありませんでした。口紅のついたグラスが洗面所にあれば女性が出入りしていることがわかりますが、洗面所に赤いくしがあったとしても、それは元々置かれていた家族のもので、謎の女性が出入りしているなんてことは思わないのではないかと。

    髪留めと長い髪のカツラの毛、口紅のついたグラスは女性の存在を示唆しますが、沖矢がポケットにくしを隠すことと女性の存在は繋がらないのではと思います。くしは男性も使うので。

    あのシーンは世良が以前から興味を持っていた沖矢に初対面。それ以前に立体交差の思惑などで顔を見ているという設定なのですが、洗面所ではち合わせたときに、ポカーンとあっけにとられ、その後に疑いの表情に変ります。公式サイトなどでは、あの話をきっかけに世良が沖矢に疑いを持っているということになっているようですが、対面をきっかけに世良が沖矢の何かに気付いたという意味を持っています。

  4. 最近になって一気読みした人

    くしのコマだけに注目してもわからないかとは思いますが
    工藤家に女性(工藤有希子)が住んでいる事を悟らせないための行為です
    直後の髪留めのゴムや口紅をぬぐったグラス、カツラの毛なども含めて
    読者に今後有希子が出てくることを気付かせるために描かれたものです

    ミステリートレイン後の灰原のコナンに対しての台詞
    >その昴って人、何者なのよ!?
    >何であなたのお母さんと一緒にあなたの家で暮らしてるわけ?
    で有希子と前もって準備していたことを明かしているので
    少々勘の鈍い方もここで腑に落ちることができるようになっています

  5. 管理人 投稿作成者

    う~ん、くしは特に意味はないただのくしだけど、後で左手で使わせることで左利きを読者に知らせたかったということですかね?

    作者はそこまで丁寧なことしないような気はしますが… それに、あのくしはいかにも意味ありげな気はするんですけどね。単に左利きアピールなら、くしでなくてもいい気はしますし、別にあんな大げさなパフォーマンスしなくても(笑)

    「くし型変声機」は別にありえるかも。でも、ズボンのポケットに入れてたら変なところから声が? 普通は口の近くでないと声を拾ってくれないと思いますし。まあ、これは博士が作った最新のとか後付設定でなんとでもなるので考えても無駄な気はしますけど。

    首に秘密があるっていう伏線もありますし、あのくしを首に入れてたらだだったら動きにくそうだなぁ.. 首の秘密はまた別の件って可能性もありますけど。

  6. シロ

    こんにちは。少々調子に乗って、またまたコメント残させていただきます。

    (世良ちゃんが去ってから)くしを左手で取り出す(→左手で今からくしを使う)ことによって、読者に再度沖矢が左利きであることをアピールした線はないですかね?
    それだと歯ブラシを左手に持ち替えるほうが自然な気もしますが・・・。でも歯ブラシを逆の手に持ち替えるのは、私なんか手が疲れたというだけでよくやりますしね。
    あ、でも、左手でくしを使っても、「右手を歯磨きで使っていたから」で、左利きアピールにはならないか?どう思われますか?レスを下さると嬉しいです。

    くし型変声機とか(笑)。それならポケットに入っていたのもうなずける!?

    これでも真面目に考えてみました。すごい考察の数々、本当に脱帽です!

    では。

コメントを残す