スコッチと赤井に何があったのか?

sponsored link

それぞれの視点から

お互いにスパイだと気づいた時期

それぞれの「確定」時期については、赤井=FBIは組織に追われたのを見ればわかるし、安室=公安は本名がわかって調べた緋色シリーズの時。

しかし、組織にいる時からお互いにスパイだと睨んでいた。これも、安室視点ではミステリートレインの「僕の睨んでいた通りあの男はFBIの犬でね」という発言。赤井視点では緋色シリーズで「組織にいた頃から疑ってはいたが」と発言がある。赤井は安室をスパイだと疑っていたからこそ、ミステリートレインで姿を晒して話を付けようと賭けに出た。

もっと細かい時期を特定すると、裏切りシリーズのやり取りが原因だということが考えられる。赤井視点では、安室がスコッチに駆け寄ったところを見れば、行動が不自然なことがわかる。そのため、「そいつは日本の公安の犬だぞ」と安室に言っている。

スコッチが携帯を壊した⇒まだ仲間が潜入している可能性はある⇒安室が心臓に耳を当ててチェック。純組織の人間がまだスコッチが生きているかもしれないと疑ったのなら、もう一発頭に撃ちこんでやればいいことだが、そうはしなかった。これで、ほぼ確信に近い疑いを持ったはず。

もし赤井が純組織の人間で、スコッチが携帯のデータを消すために撃ちぬいたのなら、安室はこの時点で仲間であることが疑われて、「疑わしきは罰せよ」で殺されていたかもしれない。

一方安室視点では、スコッチの死んだ状況から自殺であることは見抜いていた。赤井が純組織の人間だったのならそのまま撃ち殺してしまうはず。そうはせずに自殺させた(と勘違いした)のは、赤井がスパイであったから。

単純に、純組織の赤井が拳銃を奪われ、スコッチが自殺しただけという可能性もあるが、安室は赤井ほどの男が~」と考えていた。つまり、スコッチが自殺⇒赤井が銃を渡さないとありえない⇒赤井はスパイだと気づいたことになる。

赤井がスパイだと組織にバレたことで、それなら赤井が拳銃を渡さなければスコッチの自決はありえないと後から考えたのかもしれないが、安室はスコッチの状況からその場で自殺と判断している。それにもかかわらず、赤井が拳銃を奪われたという発想を一切していないし、直前の銃声が自分の足音がきっかけだったということにも気付いていない。これは、赤井が拳銃を渡し、スコッチが自分の意思で自決したという先入観があるから。

もしかしたら、スコッチは常に自分の能力を隠し、安室はスコッチには赤井から拳銃を奪うことはできないと考えていたなんて後出しがあれば別だが… 警察学校時代、安室、伊達、スコッチと同期でありながら、スコッチが伊達刑事に勝てなかったのならありえなくはないが、赤井はスコッチの実力を知っていたし、仲の良かった安室のほうが見抜けないというのも考えにくい。

また、赤井と安室が組織時代から犬猿の仲であり、緋色シリーズでの沖矢の回想でも睨み合っているのは、赤井がスパイだとわかっていたからこそ。安室の怒りは、組織の人間がスパイのスコッチを殺したことだけにあるのではなく、同じスパイの立場である赤井がスコッチを自殺をさせて利用したことで、よりその憎しみを増している。

上記のことから、この裏切りシリーズでの出来事があったことで、お互いをスパイだと睨んだというのが本線。ただ、もしかしたら、もっと前から薄々勘付いていた可能性もありえなくはない。

というのも、前述したように裏切りシリーズでの安室の行動は、赤井がスパイだったから偶然助かっただけ。無我夢中だったからとか、自分も死ぬ覚悟だったのかもしれないが、あまりに迂闊な行動。赤井が自分の考えている通りスパイだったとしたら・・・という期待を持っていたのかもしれない。

赤井もまた自殺したスコッチを自分が撃ったように見せかけたのだけれど、安室の頭の切れなら自殺だということはすぐにわかる。だから、赤井はそこまで恨まれているとは思っていなかった。もし安室が純組織の人間であったのなら、裏切り者を殺せない赤井をスパイだと疑うのは必須で、これも安室がスパイだったから助かったようなもの。そうではなく、前々からスコッチと安室の正体に疑念を抱き、スコッチに仲間がいることがわかったことで、それが安室だという疑いを強めたとか。

赤井と安室やコナンの推理力は、読者視点では情報が足りないと思われる時でも彼らにとって十分だったりすることがある。これだけの条件があれば気づいていてもおかしくはない。赤井と安室が基本的に同格であるのなら、気づいた時期もほとんど同じ設定になる可能性が高く、双方にきちんと根拠はある。

赤井がスコッチを自分が撃ったように安室に見せかけたのは、安室がスパイだと断定できなかったからなのだけれど、自殺だとバレるというのが前提だったのなら、自分がスパイであるとバレないように装ったわけではない。

最初から、「拳銃を奪われたが勝手におっ死んじまった」と説明したほうが、安室がスパイでなかった場合でも、誤解を招かないという意味でも良かったかもしれない。その後は、「自殺だが、俺達が始末したことにしてしまおう」とか安室に話を持ちかければいい。赤井はそんなことをすれば自分の評価が下がるから嘘をついて自分のミスを隠したなんて、かっこ悪いことをしたわけではないだろう。

しかし、それでもあえて嘘をついたのは、自分が撃ったと安室に見せかけたかったのではなくて、明らかにスコッチを止めにやってきた安室に、スコッチが拳銃の引き金を引くきっかけになったことを悟らせないための嘘という裏の意味があった可能性もある。

赤井としては、自分がスコッチを利用したように安室に見せかけたが、自分が拳銃をスコッチに渡して自殺を薦めたと安室が勘違いすることまでは想定していなかったとか。しかし、渡したのではなくて奪われた。そして、自分が階段を駆け上がるタイミングでスコッチが引き金をひいたと安室がわかっていたのなら、やはりその原因が自分であると気付いていしまうことになる。単純に、赤井は安室に本当の意図を探られないためにカモフラージュしたとすれば、成立するかもしれない。

この辺はあくまで、赤井が誤解されているという展開ありきで、細かい矛盾点を気にしてもあまり意味がないのかもしれない。どうにでも考えられてしまうため、結局、「読者にどう見せたいのか」次第なところがある。

安室が誤解した理由

そもそも、安室が赤井の行動を誤解したのは、赤井がスコッチを利用したことにある。赤井が「スコッチは自殺したよ」と言っていたら、「赤井なら助けられたはずなのに?」とは思いつつも、利用するという目的がない以上は赤井が故意にスコッチに自殺させたという発想には至らない。アイツはそういう男。顔もみたくないほど憎たらしという認識で終わっていたかもしれない。

しかし、赤井が純組織のメンバーならそのまま撃ち殺していたはず⇒でも自殺と言うことは、本当にスコッチに拳銃を奪われたのか?⇒だが、赤井がスパイなら、そこで説得できたのではないか?スパイじゃないのか?⇒そして、俺が後少しで屋上に着くところで、スコッチは引き金を引いてしまった。なぜだ?まさか・・・と、自分がきっかけになったことに気づいてしまっていた可能性が高い。

遅かれ早かれ気づかなければならないし、赤井への憎しみを増して行くくらいなら、あの時気づいてしまったほうが良かったのかもしれないけれど、そのまま自暴自得になって後追いしていた可能性もあった。タイミングを遅らせることで、後にコナンに出会い運命が変わる可能性も出てきたとすれば結果はこれで良かったとも考えられる。

では、赤井が余計なこと、組織をつぶすという大儀こそあれFBIの仕事を優先したことが確執の原因となったのかというと、結果としてはそうかもしれないけれど、最初から手段よりも目的を選ぶつもりだったのかというと、そうでもない。

楠田の遺体も利用したが、あれはコナンのアイデア(笑)赤井がゲスになってしまうから好意的に捉えるというだけでなく、きちんと根拠もある。

ジェイムズ:「どうも恋人を亡くしてからの彼は、心を閉ざす傾向にあるようだ・・・」「それ以前も開いていたわけではないがね・・・」 File:502

赤井は恋人の明美を亡くしてから心を閉ざす傾向にあるが、それ以前も開いてはいなかった。元々笑うような性格ではなく(さざ波シリーズで回収)、父の失踪など過去にも色々あったが、このスコッチの死が大きく影響したのも間違いない。

スコッチウイスキーが大好きだったのに飲まなくなったのもその影響であり、スコッチを説得する時の赤井の笑顔も今の赤井にはない爽やかさ。赤井はスコッチの死をきっかけに心を閉ざしている。

安室が赤井を殺したいほど憎んでいるのは、スコッチが大切な人だったからこそだけれど、赤井ですら、同じ組織に噛み付くオオカミであるスコッチの死はそれだけ悲しみの深いものだったということ。

そのため、赤井は「所詮死体、どう使おうが問題ない」と考えていたわけではなく、スコッチの死を無駄にしないため、スコッチの死を踏み越えてでも組織は潰さなければならないという断固とした決意の元で利用したと考えられる。

緋色で「目先のことに囚われて狩るべき相手を見誤らないで頂きたい」と一喝したのは、自分がスコッチにしたことは結果としては悪かったが、本当の敵は組織。今はお互いに足を引っ張るのではなく、協力すべきであり、それがスコッチの死に報いることだとわかってもらいたいためと思われる。

赤井が嘘をついた理由

赤井がスコッチの死を利用して手柄を立てたというのは安室視点の解釈であり、スコッチを殺害したのは赤井というのは組織としての認識。赤井がスコッチの死を利用して、というより無駄死ににしないためにも自分が殺したように装ったのか。

シンプルに解釈すればそのままで問題はない。楠田の遺体利用に関しても、キールは「悪く思わないでね(これも組織を潰すために必要なの)」という言葉が隠されていたとすれば、乗り越えなければならないこと。

赤井は安室がスコッチは自殺だと気付いていることを前提にしながらも、まだ自分に負い目はあると認識していた。これが、スコッチを守ってやれなかった、自分のミスで死なすことになってしまったことを詫びたのであれば、ちょっと自分を買いかぶりすぎな感はある。赤井はスコッチのことを「さすが」と認めていたし、安室の足音で手を緩めたのはアクシデントにすぎない。

次ページへ

sponsored link
更新日:2018-1-19
コメントはこちら