世良真純はラムちゃんのオマージュ?

sponsored link

だいぶ前に頂いた情報ですが、遅くなってしまいました。

世良真純の名前が機動戦士ガンダムに登場する「セイラ・マス」のもじりだということはこれまで考察してきたとおりで、コナンファンの間では有名なのでもはや説明するまでもないですが、新たに「うる星やつら」に登場する「ラム」のオマージュではないかというコメントを頂ました。

内容はほとんどコメの引用です。うる星やつらをほとんど見た事が無いので考察できません(笑)でも、作者が意識しているのは間違いないのでは?と納得できるだけの根拠が揃っていると思います。

世良真純とラムちゃんの共通点

・明るく天真爛漫
・身体能力が高く、時には過激で暴力的な行動
・笑うと八重歯が出る
・作者は〇乳を強調しているが、世良曰く「これからボーンと出てくる予定」
・たびたび肌の露出した下着姿で登場
・たびたびスタンガンで感電
・工藤新一を一途に想い続ける(≒諸星あたる)
・主人公の幼馴染と三角関係(≒三宅しのぶ)
・声優は高橋留美子作品に多く出演した日高のり子さん(「乱馬1/2」天道あかね、「犬夜叉」桔梗など)
・兄である赤井秀一が黒の組織で使っていた偽名は「諸星大」(≒諸星あたる)
・帝都スカイホテルに滞在(ラムちゃんは地球上空に停泊する小型UFOで寝起き)

最近出たわざとらしい八重歯の伏線、なぜ八重歯設定を持ってきたんだ?と感じた人も多いかもしれない。

「諸星あたる」の対象については、そのまま諸星大(兄の赤井)を指すのか、工藤新一(好きな人)を指すのかはちょっとわからない。兄を諸星あたるとして、そのために少し過剰な兄思いのブラコン設定にしたのか、それとも、新一を諸星あたるとして、ストーカーのように付きまとったり「ず~と前から知っている?」設定にしたのか。

性格面は抽象的なため、”ここがポイント”という箇所を見つけにくいのですが、画像で見ると分かりやすい。

sera_hommage_1

はい、見事に一致です(笑)八重歯は一番左の画像でも確認できます。

追記

世良:「少しは女の子っぽくなっただろ?」 File:844

蘭:(ボ、ボーダービキニ・・・)

園子:「あんた・・・胸はないけど度胸はあるわね・・・」 File:903

sera_border

世良が頻繁に着ているボーダー柄の服や水着は、ラムちゃんのボーダーを意識してるっぽい?下着をちら見せするのは漫画の演出としては意識的に力を入れるシーンで、柄にもこだわりがあると考えられる。

コナンの前で着る水着は勝負水着で、ラムちゃんの服装にも近い。File844で「女の子っぽい服装」と言われ着てきた服がいつもとあまり変わらないことを突っ込まれ、下着を花柄にしたなどとボケていた世良だけれども、本当はボーダー柄は世良にとっての勝負服だったりするのかもしれない。

安室透も「うる星」のオマージュ?

「うる星やつら(完結編)」で“闇の国”からやってきてラムちゃんを誘拐した”ルパ”。

sera_hommage_2

これも見事に一致。というか、世良真純といラムは顔はあまり似ていないけれど、こちらは顔は明らかに意識していると思えるくらい。

世良真純のラムの件と合わせて、安室透までうる星の登場人物にそっくりとなると、2人はうる星のオマージュであるという可能性はかなり高いのでは?

あとがき

作者は以前から機動戦士ガンダム、得にシャア・アズナブル、その声優でコナンでも赤井秀一の声を担当している池田秀一さんの大ファンであることを公言していました。同じように、うる星やつらのラムちゃんのファンであることも過去に話していたことがあり、このネタは世間では有名な話。

参考↓
コードネームの法則

ガンダムもうる星やつらも青山先生が大好きなだけあって、世代的にその年頃の人が良く見ていた漫画。ガンダムネタのアムロ・レイやシャア・アズナブルはガンダムを見た事がない、今の若い人達でも名前くらい知っているが、うる星のオマージュは原作を見たことのある人でないとなかなか気づけないかも。

海外のコナンファンサイトをのぞいて見ても、ガンダムのオマージュには触れているが、このネタは取り扱っていない。有名ではあるが古い日本の作品なので、向こうの名探偵コナンの推理ファンの中で、うる星のファンでもあるという人はレアなのかも知れない。

今後の展開は?

ガンダムネタは、結果的にはバーボン編の新キャラである三人の名前(オキヤスバル=キャスバル・レム・ダイクン、セラマスミ=セイラ・マス、アムロトオル=アムロ・レイ)と、その人間関係(セイラ・マスはキャスバル・レム・ダイクン(シャアである赤井秀一)の妹、但し、連邦とジオンの敵味方は逆)という関連性があった。

では、うる星のネタもストーリーに関係してくるのかというところ。これは正直なところ、先に進まないと分からない。ただ、もしかしたら使われるかもしれない?と考えられるところもある。

紹介した安室透とルパの画像の一番右。ラムがルパの隣に並んで仲間になっているような場面がある。

この状況説明は以下のようなものだそうです。

ルパは「うる星やつら」の最終エピソード(原作34巻、劇場版第5作)に登場したキャラクターで、闇の世界で一番の大富豪であり、ラムちゃんの許嫁でもありました。

しかし結婚の約束は曾祖父同士が勝手に決めたことだったので当然ラムちゃんは抵抗し、ルパはラムちゃんを拉致することに・・・

なんだかんだで結婚はご破算になったものの、ラムちゃんは救出に来た諸星あたると喧嘩してしまい、ルパと結託して諸星あたると対決することになります(そのまま鬼ごっこ対決で最終回です)。

この話自体はコナンに使われそうなものではないかもしれないが、「ルパと結託して諸星あたると対決」という部分。以前から、世良は灰原と対決するだとか言われていたり、実際に、作中でも意味深な言動がある。(世良はコナンでは敵に当たる連邦軍でもある。)

ルパ(安室)とラム(世良)が結託する時期があるかもしれない。ミステリートレインにて、世良はバーボンではないことが判明、組織に利用され感電させられてしまったが、幸いにもその作戦の事情は世良には気づかれていない。

安室は言葉巧みに相手を操るのが得意。これまでに、何度もそのことが分かる描写があり、彼の最大の武器はそこではないかと思えるくらいである。

今後、安室は世良を操って仲間に引き入れるかもしれない… というのが1つの仮説。ただ、世良と灰原はバーボン編とは別の争いらしいので、これだとバーボン編じゃないか?というところがネックではある。

コードネーム”ラム”

コードネーム”ラム”はラムちゃんのファンであるだけに使いたくないそうなのだが、いつかは使うことになるかも?ということ。

とっておきのラムを使うのであれば、ラムちゃんを意識してキャラ作りした世良に使うのがベストではないだろうか?

ラムは男性に使われるコードネームなのだが、もしかしたら、作者はその例外を適用するために、世良を男性に見えるキャラ設定にしたのかもしれない。(作者は、人気の出たボーイッシュキャラの越水七槻が予想外に人気がでたためと発言している。)

世良を利用するだけであるならば、わざわざコードネームを与えるかどうかという点は微妙ではあるが…

ラムの登場

沖矢:「いや、お前らもよーく知ってる酒の名・・・」「RUM・・・」「奴らのコードネームだ・・・」「組織にいた頃、2,3度名前は耳にしたが・・・どうやら奴らのボスの側近らしい・・・」

キャメル:「そっ側近!?」「でもそんな情報私の所には・・・」 File:898

灰原:「でも・・・」「あなたの言う黒ずくめの組織のNO2のコードネームが・・・」「RUMだって事は知ってるわよ・・・」

コナン:「な、NO2?」

灰原:「少なくとも私がいた頃はそうだって聞いたわ・・・」「会った事はないけどね・・・」 File:906

File898より、いよいよラムが始動。でも、組織のNO2ということで、世良真純がラムである(になる)可能性は完全に消えたかも。

ただし、バーボン編ではほとんど伏線が回収されず、役割の薄かった世良がラム編でより重要になってきているところもある。バーボン編をガンダム編と例えるのなら、ラム編はうる星やつら+歴史編のように、より組織編の根幹に世良が関わってくる意味はあったりするかもしれない。

sponsored link
更新日:2016-9-23


世良真純はラムちゃんのオマージュ?」への2件のフィードバック

  1. 管理人 投稿作成者

    >>ちばさん

    お久しぶりです。コナンは大人になってから読み直すと、子供の頃、何となく見ていて気づかなかった伏線を見つけられたりして面白いんですよね。

    世良真純の推測については、やはり同じようなことを考えで、考察のところどころに似たようなことを書いています。

    まぁ、動機に関しては憶測なので、もっと深い事情があるのかもしれません。

    >FBI捜査官だとばらしたのは世良ちゃんかも

    それもあるかもしれませんね。ただ、今のところは、58巻の「キャメルの過去」で、キャメルがドジを踏んだためにバレたってことにはなっていますけど。

    蘭の”バレ”については、彼女はいつもあんな感じです(笑)過去に同じくらいの状況になったことが何度かありますが、もうバレてるだろーと思わせて、結局まだ気づいていないというヲチです。

    この後で、蘭がそれを確かめるような行動を起こし、コナンが解毒剤で元の姿に戻って彼女に会ってごまかす… なんて展開かもしれません。

    そういえば、名探偵コナン、作者は以前「100巻まで続かないかも」と発言したらしいのですが、それを撤回したとの噂です。ということは、あと5年くらいかと思われたコナンも、10年くらい続くかもしれません。コナンファンとしては(たぶん)うれしいことです。

    組織編だけでなく、高木&佐藤刑事、白鳥警部&小林先生、それに、千葉&三池に最近は宮本由美まで恋愛ネタが出てきました。もちろん、新一&蘭もありますし、どう考えても5年じゃ終わらないですね(笑)

    * 追記 *

    「FBI捜査官だとばらしたのは世良ちゃんかも」という件で思い浮かびましたが、たぶん、その事はキャメルの話は真実だと思います。

    ですが、宮野明美は諸星大と交際中に、彼がFBIのスパイだと知っていました。もしかしたら、世良真純はコナン&蘭に仕掛けた悪戯と同じようなことをして、明美が諸星大の正体がFBIだということに気づかせたのかもしれません。(理由は、もちろん兄を取られて嫉妬したため、2人の仲を裂きたかった)

    赤井なら自分がスパイだなんて悟られないのでは?と思います。組織にもバレませんでしたし。まぁ、明美はそれだけ赤井のことを愛していたので、隠し事なんてしても無駄、それで見破っちゃったというヲチでもいいんですけど。

  2. ちば

    お久しぶりです。
    以前コメントした、ちばです。

    世良真純・ラムちゃんオマージュ説の考察ありがとうございました。
    管理人様が以前から蓄積されていた考察と関連付けられていて分かりやすかったです!!

    ********** 追記 **********

    「名探偵コナン」やっぱり面白いですね。
    子どもの頃は青山先生が描くキャラクターとストーリーが好きだったのですが、大人になって読み返してみると一見何の変哲もない日常の一コマに隠されている伏線を見つけ、推理する楽しみもできました。

    最近もFILE814の世良真純「やっぱボク・・・悪い子だな・・・」について推測したのですが、以前から世良ちゃんは明るくサバサバした性格に見えて、実は感情的で繊細な一面があるように感じていたので、コナン(新一)と蘭ちゃんの信頼関係に嫉妬してコナンの正体をばらそうとしたことを反省しているのだと解釈しました。

    そこで気になるのは、「やっぱ」という発言から以前にも同じことをしたと推測されるのですが、案外、宮野明美に赤井秀一がFBI捜査官だとばらしたのは世良ちゃんかもしれないと思いました。

    以前から組織の末端である明美が用心深い赤井の正体を自力で見破るのは難しいのでは?と感じていたので、赤井から明美を引き離したかった世良ちゃんがリークしたのではないかと・・・

    憶測ですが「コナン君だよね?」「あのボール、コナン君?」などの反応から、実は蘭ちゃんもコナンの正体に気付いたのではないかと思いました(笑)

    ********************

    長文失礼しました。
    名探偵コナンも最終章ということで今後大きな進展が続くとは思いますが、HPの更新を楽しみにしています(^-^*)

コメントを残す