サンデー File:778-780

sponsored link

File:778(どっちが名探偵なんだ?)

服部:「ん?おらんやないけ!」「どこや?最近ひょっこり現れて工藤のこと嗅ぎ回ってるっちゅう女探偵は・・・」

蘭:「ここにいるじゃない!世良真純ちゃんよ!」

世良:「別に嗅ぎ回っちゃいないけど・・・」

服部:「あ、あんた女やったんか!?」「・・・にしては乳がさみしないか?」

世良:「それはこれからボーンと出て来る予定さ!」「まぁママもやせてたけど、割りと胸はあったから心配してないけどね!」「なぁ蘭ちゃん!」

蘭:「う、うん・・・」(会った事ないけど・・・)

世良:「この事件で西と東、どちらが上か・・・」「はっきりさせるっていうのはどうだ?」「服部君はもちろん自分で・・・」「工藤君は、コナン君が電話で状況を説明すれば勝負になるだろ?」「まぁ、君と工藤君が差なんかつけたくないっていう仲良し君達なら・・・」「無理にとは言わないけど・・・」

蘭:「キャ、キャメル捜査官!?」

和葉:「捜査官って・・・」服部:「この人相の悪い外国人、知り合いなんか?」

コナン:「FBIの捜査官で、今はたまたまお休み取って日本に旅行に来てるんだよね?」

キャメル:「あ、ああ・・・」

世良:「へぇ~・・・ FBIねぇ・・・」

世良:「ん?何? ボクの顔に何か付いてるのか?」「ボクが男か女かで悩んでいるなら・・・」「正解は女だよ!」「胸はまだ出てないけどね・・・」

キャメル:(この子・・・)( どこかで・・・)

コナンは自分を嗅ぎまわる女探偵がいることを服部に話していたようである。

世良は相変わらずコナンを観察したい様子で、服部と新一の推理対決を煽る。

FBIと聞いて興味を持つ。

File:779(阿部ちゃん)

服部:「今んトコ・・・」「オレがコイツより一歩リードっちゅうこっちゃ!」

世良:「コイツって・・・工藤君と勝負してたんじゃないのか?」

服部:「せ、せやからコイツのバックにおる工藤よりっちゅう意味や!」「このガキ・・・電話で聞いた工藤の推理いっつもドヤ顔で喋りくさるし、なんやコイツが工藤みたいな気ィしてしもてなァ・・・」

世良:「ふーん・・・」

ジェイムズ:「まったく・・・」「よく事件に巻き込まれる男だなキャメルは・・・」

ジョディ:「ええ・・・こっちは日本の警察に断りもなく・・・」「極秘に調査してるっていうのに・・・」

ジェイムズ:「ん?キャメルからか?」

ジョディ:「はい・・・」「でも送られて来たのは写メだけで・・・」(ん?男の子?)

コナン:(なるほど・・・)(そういう事か・・・)(・・・となるとあの人の妙な言動も・・・)(妙な行動もうなずける・・・)

世良:(フッ・・・)(どうやら・・・)(決着がついたみたいだね・・・)

キャメル:(・・・・・・)

世良はコナンの様子を見て「決着が付いたみたい」と確信。

File:780(魔法の料理)

ジョディ:「で?写メで送って来たこの子・・・何なの?」

キャメル:「コナン君達と現場に駆けつけた高校生らしいんですが・・・ジョディさんは見覚えありません?」「自分はどこかで会っているような気がしてるんですが・・・」

ジョディ:「さあ・・・」「ジャイムズは見覚えあります?」

ジェイムズ:「いやこんな娘・・・」「覚えはないな・・・」

ジョディ:(え? 娘?)

キャメル:「そうなんですよ」「男の子かと思ったら女の子で」「あれ?でもよくわかりましたね・・・ 女の子だって・・・」

ジェイムズ:「まぁ年の功かな?」「そういう目は養って来たつもりだからね・・・」

ジョディ:「・・・・・・」

ジョディ:(あれ?この娘・・・)(誰かに似てる?)

キャメルは世良をどこかで見た覚えがあると感じる。

ジェイムズは一目で世良を女と見抜く。すっかりボケ老人っぽいキャラになったが、最初にコナンを見抜いた時と同じような切れを見せる。本当に人を見る目はあるのかもしれない。

実は、「年の功かな」とは言い逃れで、事前に知っていたために「娘」と口をすべらせてしまうが、なんとかごまかしたとも思える。「いやこんな娘・・・ 覚えはないな・・・」とちょっと考えてから話したようなニュアンスなので、今はまだ本当のことは知らせないほうがいいと判断したのかもしれない。漫画的にも(笑)

ジョディは最初は誰だか分からないが、後で誰かに似ていると気づく。

sponsored link


コメントを残す