サンデー File:852

sponsored link

ジョディ:「ええ、そうなのよキャメル・・・」「あの火傷の彼・・・」「秀一じゃなかったみたい・・・」

キャメル:<じゃあ誰だったんですか!?>

ジョディ:「秀一が本当に死んだかどうかを確かめる為に・・・」「組織が仕組んだおとりだって所かしら・・・」「とにかく詳しい事はそっちに戻って話すから・・・」

高木:「お金は抜かれていると思いますが財布の中身の確認を・・・」

ジョディ:「ええ・・・」「カードは全部そろってるし・・・」「ポケットの中・・・」(これってあのデパートジャックの時の・・・)(あの火傷の彼が秀一じゃないのなら・・・)(これは一体誰が・・・)(何の為に・・・)

コナン:(・・・・・・)(ごめんね・・・)(ジョディ捜査官・・・)

コースターの件がここで再登場するとは… これは以前に、火傷赤井か沖矢どちらが残したものか考察したことがあった。

「エリア」という赤井秀一の口癖が入っていることから沖矢じゃないか?とも思われるが、じゃあその根拠と火傷赤井の否定根拠はなにかと客観的に比較したところ、沖矢はアリバイから可能性が消えてしまい、火傷赤井はいくつかの伏線と結びついた。

そのため、火傷赤井の確度の方が高いのではと考えたが、今回の話だと、残したのは沖矢のほうであると思われる。

ジョディは火傷赤井がバーボンの変装した偽者で、赤井の生死を確かめるために自分達の周辺に出現して様子を見ていたという事実をコナンから聞いている。

それにもかかわらず、なぜかコースターのメッセージがその行動の一環であるとは考えていないようである。ということは、沖矢が単純にジョディに危険を知らせたか、自分が生きていることを間接的に教えたかということになるのか。ここは時間がある時に再考察するかも。

「ごめんね・・・ジョディ捜査官」。以前にも同様の伏線はいくつかあったけど、コナンは赤井のことを隠しているということでいいだろう。

それよりも、今までまだ「先生」と呼んでいたことに今更違和感。先生だった期間なんて短いし、とっくの昔に辞めてるのに(笑)

目暮:「スリの一件もあるので後日、改めて事情を伺うと思いますが・・・」偽弁崎:「連絡してください・・・」

警察は再聴取するようである。もちろん、今度は本物の弁崎であり、本人は財布を掏られたことは知らないので話は食い違うことになるはずだが…

これが、後にコナンが高木刑事から「花見の時の被害者の証言がおかしい~」という話を聞いて、偽者だったことに気づくきっかけとなるか?

酔っ払い:「え?」「ちょ・・・」「ちょっとあんた!?」

弁崎:「大丈夫!寝てるだけですから・・・」酔っ払い:「へ?」

弁崎:「兄はお酒に弱いんで・・・」酔っ払い:「ふ、双子!?」

素江:「とんだハプニングだったわね・・・変装に使った男がスリに遭っていたなんて・・・」

弁崎:「財布を所持していなかったので妙だとは思ったんですけどね・・・」「まあ、あの男の懐に入っていた奇妙な黒い五円玉を拝借しておいて正解でした・・・」

素江:「でもその掏られた財布をわざわざ彼に返しに戻るなんて・・・」

弁崎:「後で大騒ぎされたら困るでしょ?」「キャッシュカードや免許証も入っていましたし・・・」

素江:「まぁ感謝してよね」「貴方があのFBIの子猫ちゃんに腕をつかまれた時に、彼女の袖口に仕込んだ盗聴器・・・」「ちゃんと回収してあげたから・・・」「それで?」「子猫ちゃんからいい話は聞けたのかしら?」

弁崎:「ええ・・・」「大収穫でした・・・」「意外な裏話も聞けましたしね・・・」

ベルモット:「その話のヲチ・・・ちゃんと聞かせてくれるんでしょうね?」

安室:「ええ、確証を得たらすぐに・・・」「でもこれだけは言っておきましょう・・・」「恐ろしい男ですよ・・・」「あの少年は・・・」

本物の弁崎も花見に来ていた。起きないのは睡眠薬で眠らされているからだと思われる。安室が財布を返しに行ったのは騒ぎになると困るからということだが、それだけだろうか、律儀な性格というのもあるのだろうか。

スリに遭っていたのは想定外とのこと。ん?というか、この話に本物弁崎は必要だったのか?眠らせたということは、変装に必要だったということか。それならば素江は…

安室さんの笑顔が素敵すぎる(笑)いつも見せる笑顔はどこか裏がありそうな感じだったのに。実は、ベルモット&バーボンは良いパートナーなのかもしれない。ベルモットの実年齢は倍くらいあるけど…

「確証」は意外な裏話を得たということなので、携帯の指紋関連のことだろうが、コナンについても含まれるのか。頭が切れることは、もちろんもうバレているが、どこまで感づいているか。

今回の推理、コナンに注目していたバーボンに見られていたかもしれない。そうでなくても、小五郎でなくて博士まで頭が切れるようになって、またそばにいたのはコナンとなればさすがに気づくだろう。というか、バーボンは博士に会いたがっていたけど、そのことはもう忘れたのだろうか(笑)

「恐ろしい男」という表現から正体も予測していそうだが、バーボンはこれまで工藤新一についての話をしたことや、聞いた場面は無い。最初から工藤新一の存在を知っていた世良はともかく、バーボンは新一に関心がなかったので、幼児化まで推理できているかどうかは不明。(どうせすぐバレそうだが。)

sponsored link

サンデー File:852」への2件のフィードバック

  1. 管理人 投稿作成者

    >>ポムさん

    コースターの件は以前考察していたので、こっちにまとめを書いています。
    http://conan-4869.net/post-5121

    アニメはそこまで意識して書いたのかわからないので参考にして良いのかわかりませんね。
    確かにメッセージを残したのは普通に考えれば火傷赤井しかないと思うんですが、後から出てきたジョディのセリフが問題なんですよね(笑)

  2. ポム

    はじめまして。いつも楽しく考察を拝見させて頂いています。
    デパートジャックの時のコースターのメッセージについてなのですが…
    ジョディ先生のモノローグから考えると…メッセージを残したのは昴さん(赤井さん)となるのですが、アニメ版で例のメッセージをよく見てみると…右利きの人が書いた字っぽく見えるんです。私も赤井さんと同じ左利きなので分かるのですが、左利きの人が書いた字には特徴があるんです。まあ、これだけではメッセージの主が赤井さんではないと断言できる根拠にはならないのですが…
    私は、メッセージの主はやはり右利きである火傷赤井(安室)ではないかと思います。「敵を騙すにはまず味方から」と言っている赤井さんが、自ら生きている事をジョディ先生に教えるような事はしないと思うのです。
    長文、失礼しました。

コメントを残す