サンデー File:801,802

sponsored link

File:801(全然笑わない人)

園子:「せっかく来たんだからちょっと寄ってけばいいじゃん!」

世良:「まぁ用もあるし・・・」「小五郎さんのお弟子さんも今日はポアロのバイトで休みみたいだし・・・」「その代わり、次に来たときはアルバムとか見せてもらって色々聞かせてもらうよ!」「君の彼氏のこととかね?」

蘭:「え~~~!?」

園子:「しっかし、あんた底なしに明るいわね!」

世良:「そうか?」「まぁ昔、全然笑わない人がいてさ・・・」「その人を何とか笑わせてやろうと思ってたら・・・」「!?」(火傷赤井登場)

蘭:「ちょ、ちょっと・・・」蘭:「ど、どうしたの?」

世良:「し、知り合いが・・・」「いたと思ったけど・・・」「いるわけないっか・・・」

火傷赤井:「・・・」

世良は新一のアルバムを見たがる。

世良の明るい性格は、昔、「全然笑わない人」を笑わせようと思ってがんばった結果のようである。

火傷赤井が現れ、姿を隠す。世良は知り合いがいたと勘違い。(赤井の顔に心当たりあり)だが、「いるわけない」と発言していることから、赤井は死んだと思っているようである。

今回の火傷赤井の頬の火傷跡はデパートの時の物と類似。

「小五郎さんのお弟子さんも今日はポアロのバイトで休みみたいだし・・・」

「小五郎さんのお弟子さんも今日はポアロのバイト休みみたいだし・・・」

サンデー原作では「で」となっていたが、コミックでは修正されている。

原作は「ポアロのバイトで休み」(ポアロのバイトがあるので探偵事務所の仕事はお休みとも解釈できる。)

ただし、ポアロのバイトはシフト制で、サンドイッチを探偵事務所に持ち込んでコナンにも「自由だな」と言われているくらいなので、抜け出すことは可能でアリバイがあるとは言えない。(当初はこの解釈)

もしくは、安室=バーボン=火傷赤井と仮定した場合、ベルモットと協力関係にあり、ミステリートレイン編でも火傷赤井に変装していたことから、ここは安室ではなくてベルモットでも。(火傷赤井が2人による変装であるという伏線にするため)

しかし、コミックの修正で正しくは「ポアロのバイト休み」(アリバイなし)としたかったようであるので、ここの火傷赤井は、アリバイのない安室ということになる。(File800にて、安室が初めて世良をみて「なぜここに」と思った繋がり。直後の話で火傷赤井に変装して安室が様子を探った。)

File:802(そんな顔をするな…)

灰原の回想:(沖矢:そんな顔をするな・・・ 逃しはしない・・・)

灰原:「そんな顔をするな・・・ そんな顔・・・」

灰原の回想:(赤井:そんな顔をするな・・・ 命にかえても守ってやる・・・)

灰原:「諸星大・・・ 組織を裏切った・・・」「お姉ちゃんの恋人・・・」(灰原ちょっと怒り顔?)

沖矢昴に言われた言葉が過去に赤井に言われた言葉と同じ事を思い出す。

赤井=沖矢説としてかなり強い根拠となりそう。

灰原は組織を裏切った諸星大(赤井)をちょっと憎んでる感じ?

赤井は以前に「その茶髪の少女(灰原)と顔を合わせるわけにはいかない」と語っている。赤井と灰原の対面は一筋縄ではいかなそう。

sponsored link

コメントを残す