世良真純 – 人間関係

sponsored link

世良の家族

もう1人の兄(真ん中の兄)

世良:「・・・なぁ、ボクの推理・・・」「間違ってるか?」 File:857

コナン:「で、電話?誰と?」

英理:「さぁ・・・」「名前の後に「兄」って付けて話てたから・・・」「お兄さんじゃないかしら・・・」

世良:<ピッ> File:858

世良:「あ───!あの電話聞いてたのか?」「もう1人いるんだよ!」「頭キレキレの真ん中の兄貴が・・・」

「死んだ兄やボクとは違ってパパ似だからボクとは似てないんだけどね・・・」「何か今、大事な仕事の真っ最中らしくて居場所とかちっとも教えてくれないけど・・・」

「たまに電話やメールで推理の相談に乗ってもらってるよ!」「この前の事件もその兄にボクの推理は危ういって言われたんだけど・・・」「君もいるから間違ってたら修正してくれるかなって・・・」 File:859

世良真純には、死んだと聞いている長男と、もう1人真ん中の兄がいることが分かった。

詳細の考察は↓
世良真純のもう一人の兄(次男)

由美:「でも謎よね・・・」「何で丸眼鏡の男ってラーメン好きが多いんだろ?」

世良:「ボクの兄貴も丸眼鏡だけどラーメン大好きだよ!」

由美:「でしょー?その上無精髭ならほぼ100%!」

世良:「兄貴も無精ヒゲ!割りとイケメンだからきれいにしてちゃんとした服を着ればモテるだろうに・・・」「普段はむっさいジャージだし・・・」

由美:「そうそう「お前は浪人生か?」って感じなのに・・・頭いいんだよねー・・・」

世良:「確かに記憶力も抜群だし・・・」

由美:「電番なんか一瞬で覚えちゃって・・・口癖は・・・「そーいうの覚えるの日本一得意だから・・・」

世良 由美:「いや、世界一かも」・・・」「あれ?」 File:928

秀吉:「あ、由美タン!」「この前はゴメン・・・デートの誘い断っちゃって・・・」「なぜか由美タンの非番の日に外せない用が入っちゃってね・・・」

由美:「覚えてる?一週間前私が不審者を追っかけてる途中で転んであんたと会った時の事・・・」

秀吉:<あ、ゴメンキャッチホン・・・ちょっと待ってて・・・>

世良:「おっ!兄貴か?」「え?今大事な人と電話中だからかけ直せ?」

由美:「──ったく・・・」

世良:「あ、ちょっと・・・」

由美:「ん?電話はもういいの?」「相手誰よ?」「新しい女?」

秀吉:<違うよ~~!!> 世良:「くそっ!切っちまいやんの・・・」

コナン:(何か妙にシンクロしてやがるな・・・) File:929

「死ぬほど美味いラーメン2」にて、世良の真ん中の兄=由美の彼氏=羽田秀吉であることがほぼ明かされる。

領域外の妹

コナン:「お、女の子見なかった?」「いたんだ!この人込みの中に・・・」「世良に良く似た・・・」「中学生くらいの・・・」 File:877

謎の少女:「まだ信用するには程遠いが・・・」「もしも彼がしびれを切らして私の事を尋ねたらこう答えなさい・・・」「領域外の・・・」「妹だとな・・・」 File:878

unkown_child_hand_f878

世良真純は中学生くらいで世良そっくりの少女とつるんでいる。

領域外の妹についての詳細は↓
領域外の妹

世良:「ねぇ・・・」「このホテルの前にパトカー停まってたけど・・・」「何があったか知ってる?」

領域外:「さぁ・・・」「知らな~い♪」「~♪」

世良:「何そのリアクション・・・」「キモいんだけど・・・」

<太閤名人 七冠達成!!>

■”由美”と”名人位”を賭けた熾烈な戦いに勝利! 昴、そして領域外の妹は、秀吉と意外な接点が・・・? File:902

outside_sister_f901

領域外の妹は自分が将棋のTVを見ていた(羽田秀吉を見ていた)事を世良に内緒にしている。このシーンは沖矢(赤井)も秀吉の勝利を見て微笑むシーンがあり、領域外の妹と赤井の二人が秀吉と接点があることが示されている。世良の一家でもう一人存在が明らかになっているのは次男。

領域外の妹が自分が将棋が趣味であることを隠したいでは意味がないので、秀吉との関係を隠したいか、秀吉が将棋をしているところを隠したいかのどちらか。世良は次男の職業を知らないようなので、後者で話が繋がる。

コナン:「あれ?世良の姉ちゃんは?」

彩代:「ああ あの子なら・・・」「たった今出ていったわよ!用があるって・・・」

大将:「え?マリちゃん帰っちまったのかよ?」「またハンカチ返しそびれちまったよ・・・」

コナン:「ハンカチ?」

大将:「前に来た時に忘れてったんだけど・・・」「ボウズ、すまねぇが返しておいてくれるか?」

コナン:「あ、うん・・・」

大将:(ホラ!ハンカチに刺繍されてるだろ?)(「マリ」ってよ!)

コナン:(いや・・・これはマリじゃなく・・・)(Mary メアリー)(じゃあこれは世良真純のハンカチじゃなく・・・)(世良と一緒に写真に写ってたあの少女のハンカチ・・・)(あれ?何でオレそう思ったんだ?)(世良真純の本名が「メアリー」って場合もあるじゃねぇか・・・)(どこかで会って名前を聞いた事があるんだ・・・)(でも一体どこで・・・!?)

■ コナンの記憶に残る「メアリー」とは・・・!? File:930

コナンの記憶から、領域外の妹の名前はメアリーだということがわかる。

世良:「ママ!?」

コナン:(え?)

世良:「あ、いやコナン君・・・」「大丈夫か?」

コナン:「う、うん・・・」(ママ・・・)(だと?) File:953

世良:「しっかしさすがママだね!」「コナン君の蝶ネクタイのメカ!」「すぐに使いこなしちゃうなんてさ!」 File:953

コナン:(17年前にボディガードをやってたんなら・・・)(もう結構いい年になってるはずだけど・・・)(オレと同じ薬で中学生ぐらいまで年齢が巻き戻ったのなら・・・)(疑わしいのは・・・世良が「ママ」って呼んでた・・・)(この女・・・)(何者なんだ?) File:953

「霊魂探偵殺害事件」にて、領域外の妹=メアリー=薬を飲んで小さくなった世良の母であることがほぼ明かされる。

赤井秀一の妹

世良:「あ、いや・・・ギターケースを背負ってる人を見ると思い出しちゃうんだ・・・」「4年前・・・駅の向こう側のプラットホームのたたずむ・・・」「ギターケースを背負った秀兄をな!!」

コナン:(秀兄って事はやっぱコイツ赤井さんの妹か?) File:937

世良:「ま、ボクが探偵をやってるのは・・・」「兄の影響だけどね!」

蘭:「それって赤女事件の時に話してた頭の切れるお兄さん?」

世良:「いや、それは真ん中の兄!」「影響を受けたのは一番上の兄だよ!」

蘭:「一番上のお兄さんって確か亡くなったんじゃ・・・」

園子:「まさか刑事で殉職しちゃったとか?」

世良:「ああ・・・でも日本の刑事じゃなく連邦捜査局・・・FBIのエージェントだけどな!」「グリーンカード取るの大変だったらしいよ・・・」

蘭:「だからお兄さんアメリカに行ってたんだね・・・」

コナン:「ねぇ・・・その人の名前って・・・」

世良:「赤井秀一っていうんだ!」「カッコイイだろー?」

コナン:(やっぱり・・・) File:938

コナン視点でも、赤井秀一=世良真純の一番上の兄であることが確定する。

さざ波シリーズ

メアリー:(務武さん・・・)(やっぱりこの子は・・・)(主人の息子なのね・・・)「秀一・・・貴方を日本に戻して秀吉や真純の父親代わりになってもらおうと思ってたけど・・・」「それはもうあきらめたわ・・・」「行け秀一!その熱病でお前の命が尽きるまで・・・」「真実を覆い隠す霧を一掃しろ!!」「その代わり靄一つ残したら許さんぞ!!」 File:974

コナン:(──っていうか・・・世良と赤井さんの間にいた兄さん・・・)(どう見ても羽田名人だよな・・・「秀吉」って呼ばれたし・・・)

「いやそれよりも・・・」(その羽田名人が「メアリー母さん」って呼んでたあの人のあの顔立ち・・・)(世良が言ってた「領域外の妹」と・・・)(同一人物と見て間違いない・・・)(まさかオレと同じ薬・・・APTX4869を飲まされたのか?)(いつ?どこで?)(誰に!?) File:974

過去編、さざ波シリーズにて、幼少期の世良真純、大学生の赤井秀一、高校3年生の羽田秀吉と大人の姿の領域外の妹(メアリー)が揃って登場。また、メアリーの回想から赤井の父である赤井務武の姿も描かれ、世良(赤井)一家の家族構成が全て明らかになる。

次ページへ

sponsored link
更新日:2017-7-23
コメントはこちら