考察本 名探偵コナンの真相 レビュー

sponsored link

具体的な考察についての続き

キッドはコナン=新一といつ気づいた?

いつか調べておきたいなと思っていた謎だけれど、考察の必要がないほど十分まとまっていました。

まず、「キッドがコナン=新一だといつどのようにして知ったか」ということが本編(漫画)では描かれていないとのこと。調べてないけど、たぶんそうでしょう。

コナン=新一であることをキッドが知っていると分かるシーンは劇場版「銀翼の魔術師」

ところで、オレの正体を知っている者が博士の他にもいる・・・ オレの父さんと母さん・・・ 西の高校生探偵 服部平次・・・ それに、同じ小学校に通っている灰原哀だ・・・ 彼女は姉の宮野明美と共に黒ずくめの男の仲間だったが・・・ 宮野明美は組織によって殺害され、そのことに反発した灰原が・・・ 組織から逃げ出す際・・・ オレが飲まされていたのと同じ薬を飲んで・・・ 体が縮んでしまった・・・ さらにもう一人・・・ 怪盗キッド!!」

劇場版「天空の難波線」では

コナン:「ボクもそのヘリに乗せて欲しいんですこの工藤新一を・・・」

キッド:「どこに工藤新一がいるんだよ?オメーだろ?工藤新一は・・・」

コナン:「だーかーらー、オレに化けてくれって言ってんだよ!!」

とのやり取りをしている。

本編(漫画)の70巻 File4でも

キッド:「んで?オレを警察に突き出すか?」

コナン:「いや、今回は龍馬に免じて逃してやるよ・・・」

キッド:「ん?お前・・・龍馬ファンか?」

コナン:「おれの母さんだよ・・・ 龍馬の姉の乙女役を演った事もあって、龍馬にぞっこんでよ・・・」

と、コナンの母親=女優の工藤有希子で、コナンもそれをキッドが知っていることを前提とした会話をしている場面もある。

その他にも色々あるが省略… 映画・漫画どちらでも、キッドがコナン=新一ということを知っているのは確かである。

真相本によると、最初にキッドがコナン=新一と知っていると判断できる描写が出たのは劇場版「世紀末の魔術師」。

終盤で、コナンが新一であることを蘭に明かすことを止めた後、キッドはメモリーズエッグを東京に持ち帰るのに使われた鈴木家所有の船で無線電話を盗聴していたことをコナンに対して明かしている。

コナンは、この無線電話で阿笠博士に連絡をとり、右目を撃つスナイパーの存在について調べてくれるように頼んでいる。そこで、I・C・P・Oの犯罪情報にアクセスして、スナイパーについての情報を得た阿笠博士が、コナンに電話をかけてきた時に、「わかったぞ!新一!!」と言っている。

キッドはこれを聞いたことによって、コナンが工藤新一であることを知ったのではないか?

というのが真相本の解釈。

しかし、作者は「名探偵コナン 全映画パーフェクトガイド」で世紀末の魔術師について以下のように語っている。

なぜキッドがコナンの正体を知っているのか。よく言われましたよコレは(笑)。『まじっく快斗 ブラック・スターの巻』で描いたんだけど、キッドはコナンになる前の新一と1回対決してるんです。その頃から気になっていて、実は新一のことをマークしてたんです(笑)で、新一がいなくなってコナンが現れたから、あれが新一に違いないとあたりをつけたってことにしておきましょう(笑)。

また、「劇場版名探偵コナン全人物調査」に収録されている「コナンtheトリオ座談会」で、高山みなみさん(コナン役)と山口勝平さん(キッド役)が以下のような会話をしている。

山口さん:今では、キッドもコナンの正体を知ってるよね。

高山さん:アイツがどこでその情報を得たのかが気になるんだよね。

山口さん:キッドはたぶん、原作で読んだんですよ。(笑)

高山さん:そうか、漫画から仕入れたんだ。ヤなヤツだなあ(笑)

山口さん:結構、熱心な読者らしいよ(笑)

ということで、作者自身はキッドがコナン=新一であることを知っているという事実は認めているものの、それがいつどのようにして~というところまでは明らかにしていない。

作中から判断すれば世紀末の魔術師の件で正解のような気がするが、作者的にはどこからということはあまり意識しておらず、”最初からそういう設定”という感じであろうか。

sponsored link

コメントを残す