アイスの実|AKB48殺人事件 終了後の考察・反省会

sponsored link

犯行動機

大島優子の大きな胸、高橋みなみのリーダーシップ、渡辺麻友のアイドル性が全部大場美奈と被っているためというのはウソの証言。

本音は大きな事件を起こしてチーム4にスポットライトを当てること。注目も何も、こんな大きな事件起きたら、AKB自体完全消滅してしまうと思うんだが… 

犯人はこのまま事件が解明されなければ、つらい事があったけど、私たちは負けずにがんばります!という予定だったのか。この辺はちょっと無茶な話だけど、漫画なので無しという事で納得?

犯人は犯行の手口、動機、それらを記した遺書を残して最後のターゲットである高橋みなみを自殺にみせかけて殺害する予定だった。動機は適当にでっち上げたものと思われる。

犯行予告を残したのは「他のチームより目だってやる」という挑発のようなものだったが、偽の犯人をつくりあげて罪を被せるのにもちょうど良い手段であっただろう。

結局、犯行動機そのものは作者が最後に「スゲー」と思わせるようなドッキリを用意していたわけでもなく、ありがちといえばありがちな動機だったかもしれない。

一番ベタな動機として、〇〇がいなくなれば自分がスポットライトを浴びられる~などの動機ががあるが、個人のためでなくチームのためであったという点以外はほとんどそれに近いものであったかもしれない。

かといって、今回の事件の動機を簡単に推理できたかというとそうでもなさそう。犯行動機は「どうしたら正解を導くことができたのか」というところを検証してみると面白そうである。

犯行動機の推理について

そもそも、事件の犯行動機は推理可能であったのか?例えば、動機が単に自分が目立ちたかったから~という理由であったとしても間違いではないであろう。こうしたことは作者は後付けでいくらでも変えられる。

しかし、本来であれば犯人や被害者、トリックや動機などは事前に計画され、そこから逆算する形で伏線を張っているはずである。

そこで、「チーム4のため」という「予測」は何となく勘で立てることができるかもしれないが、今回の事件の動機は根拠を提示して「推理」が可能であったのかがポイントになる。

根拠無しの予想であれば正解に等しい回答はいくらでも挙げることができるからである。その中の「チーム4のため」という予想がたまたま今回適用されたという程度なら推理する意味がない。

推理のポイント1

まず始めに見抜かなければならないのが1人だけ仲間外れがいたという点。目的はチームA・K・Bそれぞれの中心人物に消えてもらうことだったが、1人は別の理由だった。

AKB48殺人事件はABC殺人事件をもじっており、ABC殺人事件は見立て殺人であったことから、早くからこのAKB48殺人事件もそうではないかと疑われていた。

見立て殺人にありがちなのは犯行の真の狙いをごまかすためのカモフラージュ。被害者4人に共通した殺害動機があったわけではなく、被害者の一部はダミーのターゲットで、本当の狙いは1人では?という声もあった。

実際は別の理由で殺されたメンバーがいたのは事実であり、そこまでの目の付け所は良かったが、加藤玲奈だけが真の目的とは別の理由で殺され、残りの3人は計画通りであった。また、その理由も捜査のかく乱を目的としたものではなく犯行計画がばれたための口封じであった。

途中までは良いものの、この視点で考えてしまった場合最後までたどり着くのは難しかったかもしれない。(真の目的が1人~ではなくて3人。残る1人も計画段階では予定外だったため)

仕掛けに気づくには ─

3人がチームA・K・Bの中心人物であったのに対して、加藤玲奈1人だけ新人であったという点。それと、彼女だけが犯行予告が無かったという2つがポイントだろう。

実際に加藤玲奈だけ犯行予告が無かったり、公式サイトでの逆再生VTRも、真のターゲットである3人が「モーツァルト ピアノ・ソナタ 第18番」であったのに対し、彼女は他のメンバーと同じであったことは違和感として残っていた。

しかし、最初の被害者となった加藤玲奈も念入りに準備された上で殺害されていたので、トラブルによる犯行などではなく、意識的に殺害されたことは確かであった。このことから、彼女は当初予定外だったが、後で加えられた(ただし、特別なトリックのために使われたわけではない)と見抜くのは簡単ではない。

結果的に、加藤玲奈は真のターゲットではないのでは?との疑がいはかかる。しかし、論理的考えれば計画的に殺害されていることから目的があったのは確かという結論に至る。

ただ、その目的が犯行計画がばれた為の口封じということになり、これを導くための根拠はない。(本来の目的外の犯行であったことを導く根拠)

犯行計画に取り込むまでは偶然だった。偶然起きたことを何の根拠無しに「それがあった」と想定するのは難しい。準備の上殺されたのだから、何らかの計画の一部だとどうしても考えてしまう(最初に挙げた見立て殺人の目的例)が普通で、これが落とし穴。

彼女はたまたま殺されたと結論付けるのはやはり難易度が高かっただろうと思われる。

続く

sponsored link
コメントはこちら