アイスの実|AKB48殺人事件 終了後の考察・反省会

sponsored link

小指を曲げた理由

小指を曲げたのは欧米式の数え方ではないとする。そしてこれはたまたまではない。

漫画上そうしたかったから。親指を曲げて4本指では「4」を示すことがすぐに分かってしまうので、少し変則で表現したかったとか。

それでも、わざわざ小指を曲げたことがおかしいという点はなくなるわけではないし、第三のメッセージのように、小指を曲げざるを得なかった状況でもあれば良いのだが、それもない。そして、ほとんど意味のないレベルのごまかしである。

結局、説明がなかったのだからここは正解が何であろうと同じなのだが、作者は最初に別の設定を考えていた⇒都合で巨〇ネタをそのまま使うことに変更した。という可能性も。

巨〇ネタはCMのヒントや渡辺麻友が大島優子のD.Mに気づいたヒントとして用いられたが、そもそもコラボイベントとは言え、推理においてはまじめに書かれているので笑いネタとして使用されたボインをそのまま使ったことに違和感は感じる。

PCに入っている言語ソフトによって違うかもしれないが、「ぼいん」を変換しようとすると出てくる候補は母音、ボイン、拇印、母印である。

母音は今回のD.Mの真に意味するものであり、第三のメッセージでは英訳した「Vowel」として使用された。拇印は第一のD.Mで母音を示すのに使われ、ボインは第二のD.Mで母音を示すのに使われた。母印は拇印を母印と書くこともあるのでイコールとも考えられる。

作者はこの変換候補を参考にして今回のD.Mを考えたのでは?とも思える。母印を拇印と考えても良いのだが、母印としてそのまま用いる考えもできる。

以前書いたものだが、大島優子は過去に授乳姿をイメージして撮ったCMで話題になったことがある。今回のAKB48殺人事件ではそうしたAKBネタが多く使われているおり、その話はファンでなくても聞いた事があるくらいの話なのでなおさら使われる可能性は高い。

授乳は母のしるしでもある、母印はそのまま読めば母のしるしでありイコールで結びつけることができる。大島優子のD.Mは手を遠くの逆側の胸に当てており、これが赤ん坊を抱えている姿にも見える。

そして小指を曲げてそれを胸に当てている。小指はそのまま子、赤ん坊と考えることもできる。赤ん坊を抱えて胸に当てているのだから授乳姿となる。

あまりに完全一致しすぎるのである。大きな胸=ボインというネタより品があるし、D.Mとしてはふさわしいと思えるくらい。こうした構想が初期にはあったが、紙面の都合などでボツとなり、手っ取り早い巨〇ネタでそのまま通すことにしたという考えである。

その他、実は、大島優子は新米探偵という設定通りに完璧な探偵というキャラでは描かれていないという考え。

今作、前田探偵の推理は論理的でないところがあったりして、普段コナンがしている推理とはどこか様子が違うのは気のせいか。

名探偵コナンでは登場する探偵の推理力を差別化していて、少し論理的でなかったり推理の根拠となる重要な箇所を見逃したりすることで推理力に違いを見せている。

前田探偵は工藤新一と同じレベルには描かれていない。これが、もし新米探偵ということで意図的に新一よりもレベルを下げているのであれば、さすがというべきなのだろうか、作者のこだわりというべきだろうか。

結局のところ

1.3つのD.Mにはローマ字で読むという意味も含まれていたが、その説明を省いた。

⇒作者のミス

2.1つ目のD.Mだけに含まれていた、もしくは3つとも含まれていなかった。

⇒2つ目の小指を曲げていた理由が不明

実は他の意味で使う予定だったが、ボツとなりそのままなかったことにした。もしくは、作者が意図的に推理の根拠から外した。

または、全く意味はなかったが、不自然な行為となってしまい結果的には作者のミス。

など、可能性として考えられるのはこのくらいだろうか。

結局、どれが正しくてもあまり納得のいくものではなさそうである。

次は犯行動機についての考察

sponsored link
コメントはこちら