アイスの実|AKB48殺人事件 暗号解読

sponsored link

携帯の暗号(犯行予告)の具体的な解読をしてみます。

正解の可能性もあるので、自分で推理したい人はまだ見ないほうがいいかもしれません。

完全一致するので、ダイイングメッセージの解読よりもどんでん返しの可能性は低そう。

完璧に解くにはAKBネタの知識が必須になります。(途中まではこれまでに出たヒントで解けます。)

一般読者は、後で推理する時間の無駄だったと感じたくない場合は見てしまうのもあり。

暗号の解読方法

携帯の暗号は2つのポイントがあるので、解読は2段階式で行います。最初はそれほど難しくないので、最終ヒントが出た時点で気づいた人も割りと多いかもしれません。

まず、8話で松井咲子が携帯に添付されていた曲は「モーツァルトのピアノソナタ18番」だということを前田探偵に報告。期待した情報はそれだけで、「k.576」という部分も省略されていた。

前田探偵はそこから18番つながりで、AKBの18番目のシングル「Beginner」と結びつける。

そして、前田探偵は、これまでの情報(暗号と再生時間)に曲名(ピアノソナタ18番=AKB18番目のシングル)を追加した情報だけで暗号を解くことに成功した。つまり、ケッヘル番号云々は無関係。

「携帯に添付されている曲名や再生時間の長さも関係あるかもしれない~」とのことが5話で言われていたが、「曲名」に関してはモーツァルトのピアノソナタ18番をAKBの18番目のシングルと結びつけるだけで完結。

次に、再生時間。これも8話で具体的な再生時間が確定。1回目から順に39秒、3分42秒、60秒であった。そして、CMでは前田探偵がCDを見ながらストップウオッチで時間を計っている。CDを見ながらというのは、曲の歌詞を見ているだろうことも簡単に気づく。

CMでは曲名は明かされていないが、「初心者」というセリフがBeginnerを示唆するヒント。これは原作を見れば分かるので問題ない。

解読の実戦

実際にBeginnerの歌詞を見ながら再生時間を計ってみると…

(1回目)39秒:伏せた目を上げた時に 0(ゼロ)になるんだ
(2回目)3分42秒:光が差す
(3回目)60秒:支配された鎖は引きちぎろう

上記の歌詞の部分が該当する

ここで、犯行予告により殺害されたメンバーやその状況を思い出してみると

(1回目)大島優子、キッチンの冷凍庫で凍死
(2回目)渡辺麻友、図書室で蛍光塗料をつけられ刺殺
(3回目)高橋みなみ?、犯行手段はまだ不明

*回数は殺されたメンバーの順でなくて、あくまで犯行予告が示したメンバーなので最初の加藤玲奈は省略

これでもう分かることだが、「再生時間」はBeginnerの歌詞に当てはめると、次の犯行手段を示したものであると判明。

分かりやすいのは2回目、「差す」は「刺す」と変換することができ、渡辺麻友の殺害方法と一致する。「光」は意図的なのか偶然なのか不明だが、付けられた蛍光塗料とも解釈できる。

そして、1回目の「0(ゼロ)になる」は凍死と考えることができる。正確には冷凍庫は0度ではないが、凍死のイメージを表現するのは問題ない範囲。

3回目はまだ犯行が行われていないので分からないが、「鎖」から絞殺か何かだと推測できる。

一致するのが1つであれば偶然の可能性もあるが、1回目と2回目の一致から、この解釈でほぼ間違いないだろう。

なぜBeginnerなのか、その真意はまだ分からないが、一連の犯行は決して適当な計画で行われたものではなく、Beginnerの歌詞になぞらえて行われた連続殺人であった。

前に説明したとおり、これは一種の筋書き殺人であろうか。

補足

Beginnerの歌詞には一応「打つ」の文字もあるので、最初の犯行である「撲殺」に当てはめることもできる。犯人は最初の殺害には犯行予告をしていないのだが、加藤玲奈の時に犯行予告をしなかったのはなぜだろう?

「打つ」も考慮に入れた上で何かを表現できるのか、「打つ」はたまたま入っていただけで最初のターゲットは仲間はずれ。後の3つに何か意味を持たせたのか。

特に意味はなく、最初に予告しなかったのはたまたまなのか。犯行動機の解明という謎を解くにはこの辺も何かあるのかもしれない。

次は携帯に残された暗号とターゲットの関連について。

sponsored link
コメントはこちら