アイスの実|AKB48殺人事件(第6話 走り隊!追い隊!)

sponsored link

サンデー付録に事件解決のヒントが付いている。特性クリアファイルをはさみこむと文字が浮かびあがってくるというもの。

犯人逮捕の核心に迫るヒントで、「このヒントからもう一度事件を見渡せば違った景色が広がって見えて犯人逮捕への直感が働くかもしれない」とのことなので、かなりの大ヒント、それも事件解決に直結するもののようである。

付録の説明に番号が振られているので、その順序に読むと出てくるのは

「耳」「を」「す」「ま」「せ」「る」「べ」「し」

耳をすませるべし「すませるべし」って何か変な気がするけどこれでいいのだろうか?

これだけだとヒントのようで、ちょっと何言ってるかわからない。

単純に読んだとおり解釈するのではなくて、何か変形させたりするとかの可能性もありか。

候補の絞込み

やっぱり足跡はおとりだった件

犯人は犯行予告をすることから自己顕示欲が強く、また、念入りな計画や全身網タイツ姿の犯人(笑)の言動から慎重な性格であることも確かだった。

そして、前田敦子探偵は、「犯人は自分と同じサイズの他のメンバーに必ず票を入れるはず」とのことで残り容疑者は以下に絞られた。

えー

それはちょっと強引すぎない?ということは漫画だし突っ込まないことにしようか。

容疑者は24人

自分と同じ足のサイズに投票した人物

《チームA》
・大家志津香(25.5)
・篠田麻里子(25)
・高城亜樹(25)
・高橋みなみ(23)
・仲谷明香 (24)

《チームK》
・秋元才加(26)
・田名部生来(24)
・峯岸みなみ(24)
・宮澤佐江 (24.5)
・横山由依(23.5)

《チームB》
・柏木由紀(24.5)
・北原里英(23)
・鈴木紫帆里(25.5)
・増田有華(25)
・渡辺麻友(23)

《チーム4》
・阿部マリア(24.5)
・市川美織(22.5)
・岩田華怜(25)
・大場美奈(23.5)
・島崎遥香(23)

《研究生,元研究生》
・武藤十夢(23)
・北澤早紀(21.5)
・北汐莉(22.5)
・篠崎彩奈(22.5)

(ちゃんと確かめていないので間違ってたらすいません)

う~ん、予想通りこの絞込み方法で来ました(笑)メンバー全員容疑者と言いつつも全部登場とか無理でしょう。

今まではメンバーの名前を出してアリバイのあるメンバーを容疑者候補から外していたけれど、今回は容疑者として残る人物だけの名前が挙げられた。

ということは、名前すら出ずに消えたメンバーもいるのかな?かわいそう。

うまい具合にチームも分かれた。

補足

足のサイズが大きすぎる(小さすぎる)ということで、「同じサイズのメンバーがいなかった人間も含む」に該当して”一応”入れたとされる人物(北澤早紀、秋元才加)も容疑者から外れる可能性大。

「一応入れておく」という表現で前田探偵はほぼないだろう思っているし、犯人は自分と同じサイズのメンバーに入れているので「同じサイズのメンバーがいない」ということはない。

犯人は慎重な性格ということで指原莉乃、流した涙が演技ではないということで小嶋陽菜は容疑者リストから外れることに。演技ではないからというのもちょっと強引だけど、小嶋陽菜はまぁ他に外しの根拠があるのでいいか。

犯人の特長

「日常では目立たぬように徹底する」犯人は目立った行動をとらないということは、これまでにあまり露出していない可能性もあるかもしれない。

犯人はこそこそ隠れながら行動しているような感じに思われ、前田探偵としょっちゅう行動を共にしているメンバーはリスクが高いし、これまでに読み取れる犯人の性格とは違う。

ただ、現時点ではちょっと判断に迷う。ここまでで6話、残り3話となったが、今回初めてやっと容疑者リストに名前だけ出て来たような人物が犯人だったらちょっと残念すぎる演出ではある。(特設サイトがあるものの、原作の中では話が半分以上進むまで名前すら出ていなかったとしたら、AKBを全く知らずに原作だけで推理している人はどう思うだろうか。)

前田探偵、「全員まだ容疑者・・・気を許しちゃダメよ。」と言った時にクローズアップされているメンバーは篠田麻里子、峯岸みなみ、柏木由紀、渡辺麻友、それに高橋みなみ。トリックを考えているのは青山さんらしいけど、こういう演出はどうなのだろう?青山さんはあまりこういうミスリードはしないような気はする。

いずれも、犯人としては納得のいくだけの人物ではあるけれど、上で書いたようにちょっと前田敦子探偵に絡みすぎている大胆なところがどうか。この辺はやはりまだ何ともいえない。

高橋みなみの時は「誰にも、ね。」とちょっと思わせぶり。これまでいくつか怪しい言動があったが、犯人ではないと見て取れる根拠もいくつか出た。犯人ではないかもしれないが、シャワーを1人で浴びた伏線などがあるので、前田探偵は何か気づいているのかもしれない。

渡辺麻友は例の、アイスの実特設サイト証言VTRの逆再生音楽から何か事件に深く関わってくるのではないかと想定されていた人物。「さっしー」が図書室に行ったことで、自分も推理モノやスパイモノのの本を調べてみたようである。暗号やダイイングメッセージのヒントがあるかもとのこと。

色々なところをちょこまか動いたり、目立つ行動を取ったことでさっしーは容疑者から外れたのなら、これも犯人が取る行動としては大胆すぎるような?

前田探偵は「人数が増えれば犯人は手を出しづらい。でも、連続殺人だと分かれば団体行動は自然な反応、予告まで出しておいて、あの犯人がそんなことすら予測していないとは考え難い。」「~もう既に手は打ってある・・・!?」と考えている。

犯人にとって団体行動は想定内と考えるのが自然だろう。むしろ、団体行動を取ることによって事件は起きないだろうと油断させたり、そんな犯人にとって不都合なことを勧めるわけがないという真理を逆手にとって自分が容疑者から外れようとしている可能性もある。

なので、団体行動の案を出したという事に対しては渡辺麻友は犯人の人物像から外れるわけではなく、その案を前田探偵に強く勧めた篠田麻里子、高橋みなみもこの点だけ見れば逆に怪しい行動となる。

今後の布石

お風呂場の脱衣所?には「23時以降は使用禁止」の看板が。そして、室内では全てのドライヤーが付けられている。これはもちろん次の殺人の布石。

電気の使いすぎで停電になり、団体行動中でも計画が実行できるようにするということだろうか。(その前にもクーラーをガンガンつけている描写がある。)

アイスの実のサイトではこれまで探偵ツールが殺人の手段と関連していたが、懐中電灯がそれかもしれない。もしくは、「熱風が誘う」とあるので、単純に部屋をサウナ状態にして、大島優子同様にターゲットを眠らせて放置、今度は脱水症状とか。(全てのドライヤー付けただけでサウナになるのかどうか…)探偵ツールの温度計にはマイナスだけでなく、プラスにも温度を上げられるようになっている。

その他、犯人は「注目されると私の行動が大幅に制限されるだろう。」「もし、注目された結果私の行動を調べられたら、最悪、私が犯人だとバレる・・・」と考えている。えっ?注目されて調べられるだけで犯人がバレちゃうほど単純な犯行なのか。

サイズ別で上位になり、それで注目されるだけで行動が制限されるのなら、これまで余程ノーマークだったということだろうか。

部屋割りや仲良しグループの中には容疑者から外れるメンバーが1人はいたらしい。やっぱり部屋割りとか仲良しで行動してたってことか。まぁ部屋割りの基準が明らかにされないので犯人の絞込みには使えないのだけれど。

次号でもう一つの殺人が起きるかな。そして、そろそ犯人特定に必要な根拠も出揃うのではないかと。

sponsored link


アイスの実|AKB48殺人事件(第6話 走り隊!追い隊!)」への8件のフィードバック

  1. がお

    管理人さん

    リンクとURLの件ありがとうございます。
    色々と情報や意見をいただいているので、リンク切れは避けたいです。しばらく様子を見ることにします。

    私の長い記事を読んでいただいて、ありがとうございます。気付いた点、参考にします。
    自分が思いついたまま推理したままを文章にしているので、読みにくいところが多々あるとは感じています。ですが、推理の過程を何とか文章にできないかと思いました。

    大島優子さんが小指を曲げていたことですが、あれは最初の「IV」を「4」だと思わせたい犯人のミスリードかとも考えられます。2回連続でダイイングメッセージが残っているのは、少し不自然です。だとすると、1つ目の事件のものは、犯人を示し(偽装された可能性あり)、2つ目のものは犯人が残したという考え方もできると思いました。
    もしかすると、1つ目の事件の時に大島優子さんが立っていた場所が重要なのかもしません。その場所から、被害者を見ると何かに気付くとか?

    ケッヘル番号とモーツァルトは、もう少し調べてみたいと私も思います。わざわざ音大生に依頼しているのですし、専門的な話が出てきてもおかしくない展開です。

    証言VTRで1人だけ「殺人鬼と一緒にいたくないから、部屋に戻る」と普通のことを言っていた宮澤佐江さんは、僕も気になっていました。「部屋に戻る」と言う人は、次の被害者になることが多いですけどね。

    ここ数日は、高橋みなみさんの証言にある「.が重要」に悩まされています。ピリオドの意味…なかなか思いつきません。

  2. 管理人 投稿作成者

    がおさん

     ブログを見た感想の件についての追加です。

    前の記事がたくさんあったのに気づきませんでした(笑)

    以下、ざっと見てきづいたことです。

     公式サイトの高橋みなみが着ている「OUI」のロゴの入ったシャツですが、最初あれを見た時に絶対怪しいと思いましたが、ああいうデザインの服(ブランド)があるようです。もちろん、それにひっかけたヒントとしてわざとあれを着たという可能性もありますので、必ずしも事件と無関係というわけではありませんが。

     ケッヘル番号の件、「専門的すぎる」とのことですが、音大生に暗号の解読を頼んでいるので、ネットで調べられる程度のことならば使われる可能性もありかと思います。あの暗号は明らかにそれを意識しているような気もします。ただ、曲の再生時間も関連しているというところはさっぱりわかりません。(単に長いか短いかだけという可能性もあり?)

     前田敦子のヒールに音がうるさい件。そういえば上履きをはいていないということに今さら気づきました。始めて1話を読んだ時に、柏木由紀が犯人で、その後前田敦子の上履きで足跡つけちゃうんじゃないかという展開をちょっと考えてました。

    前田敦子は自分の上履きで足跡を偽装したということは、上履きはちゃんと交換して自分の分は所持しているということですね。犯人は上履きのサイズで追い詰められたと勘違いしているのに、実は今はいているのは他人の上履きでしたとかだったらバカすぎますけど(笑)

     暗号のことはちょっと難しかったのでまたじっくり考えてみたいと思います。確かに、単なるアルファベットではない可能性が高いと思います。(何らかの記号とか)図書館で調べれば分かるかもしれないというのも、今後の展開の伏線のような気がします。

    それに、大島優子が小指を曲げていたのはやはりおかしいですよね。「4」を示すのなら普通は親指を曲げれば済むはず。同じように、加藤玲奈も親指ではなくて人差し指でもいいと思います。

     その他、身長のことはまだ触れられていませんが、上履きなどと同じくわざとらしく演出していたので、まだ今後の展開に関係してくる可能性はあると思います。大島優子の証言VTRはやっぱりヒントのような気がしますね。この辺はどこまで参考にしていいのか迷うのですが、時間があればケッヘル番号などのことなども含め、参考程度に少し集めてまとめてみようかと思います。

    また気づいたことがあれば追加します。

     一つ書き忘れました。前に犯人は自分が注目されるのを嫌がっているので自分を被害者と見せかけるような危険な犯行は行わない可能性が高いのではないかと書きましたが、前田探偵は「不測の事態には最悪のケースも想定する」と言っているので、追い詰められた犯人が最後の手段として行う展開もありえるかと思います。

    こういうのは作者次第でどんな展開にもできちゃいますね。計画的にではなくて、自暴自得になってボロを出すようなことになると思いますが。

  3. 管理人 投稿作成者

    がおさん

    リンクやURLは通常、参照したい内容の書いてある記事のURLを貼ります。
    (TOPを張っても見る人はどこを見ていいかわかりませんから。)

    実は、来月か再来月くらいにこのサイトは移転する予定だったりします。
    ですので、後でリンクが切れるのが嫌でしたら今回は張らなくてもいいかもしれません。

    温度計についての情報ありがとうございます。

    以前何度も試したのですが、なぜか毎回大島優子がアップで写っている画像しかでてこなくて、なんのことだかさっぱりわかりませんでした。

    今日4、5回やったら別の画像が出て、その後は色々な画像が出るようになりました。原因は分かりませんが、やっと検証ができます。

    記事のほうにも後で反映させて頂きます。

  4. がお

    管理人さん

    コメント載せていただき、本当にありがとうございます。

    ストップウォッチの情報助かります。携帯に添付されている音楽を何回か計ってみたのですが、どうしても誤差が出てしまいます。この謎は、またゆっくり考えてみます。

    私の暗号解読は、かなり強引ですし、まだ暗号解読の情報は出そろっていないと思います。まだ解決編まで1ヶ月ほどあります、諦めるのは早すぎますよ、管理人さん!!

    補足の記事もありがとうございます。これから、じっくり読ませていただきます。

    それと、リンクやURLは、HOMEのものにした方が良いのでしょうか?記事のものでも良いのでしょうか?ブログ初心者なので、すいませんが、教えてください。

    夜分遅くに失礼しました。

  5. 管理人 投稿作成者

    がおさん

    ありがとうございます。ブログ拝見致しました。

    推理の件は時間がある時にまた追加でコメントしますね。

    ブログ名の件は載せても全然大丈夫です。ブログ名では恐らく検索しても出てこないので、URLかリンクを張ったほうがいいかもしれません。

    それと、「次の情報が出るまでお休み」とのことですが、さっそく新しい情報かも(笑)

    もう気づいているかもしれませんが、前に大きな勘違いをしていました。

    携帯に添付されている音楽の再生時間はアイスの実の事件現場で携帯を再生⇒探偵ツールのストップウオッチで計測できます。

    てっきり逆再生VTRの音楽の時間が関係するのだとだと思ってました。

    ですので、探偵ツールのストップウオッチの用途はここです。残る探偵ツールは懐中電灯なので殺人が実行されるのは残り1人かもしれません。

    暗号解読の件、もう飽きたかもしれませんが、これでもしかしたら解けるかもしれません。今週は休刊なので暇な時に考えてみてもいいかも?

    個人的には時間をかけても無理そうなので諦めてます…

    これはアイスの実のサイトをみないとできないことなので、やはりサイトをみないと事前に暗号の解読などをするのは無理な設定かもしれません。

  6. がお

    コメントが承認制のようなので、こうしてコメントします。

    私なりの推理がまとまったので、意見を頂けると嬉しいです。

      http://ms05yuuga.blog.fc2.com/

      カテゴリーの『AKB48殺人事件』

    または、『有羽臥』で検索していただいても出ると思います。

    有羽臥の”のほほん”とした日常、というブログ名です。

    公開していますので、パスワードは必要ないです。

    管理人さんは、推理の文章が長くても良いとおっしゃてくれていましたが、自分で思う以上に長くなってしまいました。

    ブログへの露骨な誘導をしては、失礼かと思い、別にコメントしました。

    それと、参考にさせていただいたので、ブログ名を載せたいのですが、大丈夫でしょうか?今、現在は載せていません。

    勝手な申し出とは思いますが、見ていただけると嬉しいです。

  7. 管理人 投稿作成者

    がおさん

     音は携帯に添付されている音楽の音とは思えないし、バイブの振動音のような気もするのですが、既に遺体が発見された後なので誰かが携帯に電話をかけているわけでもない。何の音なのかわかりませんが、でもヒントのような表現という感じもあまりしないかも。今回のアイスの実殺人事件の物語は表現的にわかりにくいところもいくつかあったので、勘違いしてるだけで事件に何ら関係ない一コマというだけかもしれません。

     「ゲンキング」は知らなかったので参考になりました。一つ気になるのは「ン」の前の文字がほんの少しだけ出ているようにも見えて、下の部分が横棒のような文字にも見えます。例えば「エ」「ニ」「ユ」とか。これが作画の問題(ほんとうは前の文字は見えていない)なのか、実際に「エ」や「ニ」の文字が入るのかは分かりません。

    ただ、宮澤佐江(佐江)の名前がちょうどこの前に初登場していて、大島優子と同じ部屋だったが別室(才加の部屋)に泊まると出てきているところは、タイミングがぴったりすぎるくらいなので怪しいかもしれません。犯人の言う「やっと二人きりになれた(小嶋陽菜は部屋に1人で寝ているので)」という表現もぴったり当てはまります。

    (読み直したら、宮澤佐江の名前は大島優子が「お、次のターゲット(宮澤佐江)捕捉!」とかなり早い時期(2話)でわずかに登場していました。)

    「~ング」のメッセージは大島優子を呼び出すために犯人がメールで送ったものですので、殺害後に証拠が残らないように犯人は削除しているはず。前田敦子はこのメールを見る事はできないので証拠にすることはできませんが、もし宮澤佐江が犯人であった場合は読者はこれをヒントに推理できるかもしれません。

     証言VTRの件、確かに人によって違いました。ただ、撮影場所が少しずれているだけ(ドアのすぐ横だったり、二人分くらい離れていたり)の人もいます。立ち位置を正確に決めてしっかり撮影したわけでなく、手軽に取った映像のような気がします。壁の模様が全く違った人もいるので、これは何か意味があるかもしれませんが、どちらの背景も人数がそれなりにいそうな気がするので、これで特定の人に何か特別メッセージを込めるのは難しいような気はします。

     犯人の行動について、「犯人が追いつめられて自殺したと見せかける」「自分が襲われたふりをして殺害する」これはよく名探偵コナンでもありますね。もしかしたら第3、その次の計画でそうした細工を行うのかもしれません。

    綿密な計画を立てていたがために、(バレない自信があった)そこまでの計画は立てていないということもありますし、綿密な計画を立ててはいたが、(犯人の頭はそこまで良くなかった)思いつかなかったということも理論的にはありえます。

    これまでの描写から犯人は注目されることを特に警戒していますので、下手すると自分にみんなの意識が向いてしまうような「襲われたふり」は性格をしっかり反映するのならやらないのではと思います。「自殺とみせかける」にはメンバーの誰かを犯人だと疑わせる必要がありますが、犯人は本来のターゲット以外まで殺害することになる、もしくは、ターゲットを犯人だと思わせる必要があります。前者は余計なリスクが増えますし、後者は難易度が高いです。

    この辺はどうなるかは作者次第ですが、特に他人を犯人とみせかけるような細工がなくてもまぁ問題はないかなと思います。

    一見矛盾するような犯人の行動ですが、前田敦子探偵は犯人を「目立ちたがり」で「慎重」と分析しています。バレない様に慎重に計画を立てていますが、目立ちたがりなところから犯行予告をしたりと挑戦的なことをしているようです。「バレない自信がある、見つけられるものなら見つけてみろ!」という感じでしょうか。

    また、犯人は団体行動の中で実行できる計画も立てているようです。

  8. がお

    丁寧な返事と詳しい記事をありがとうございます。

    足跡の展開は、私も「えー」だと思いました。少し強引すぎるような気が…

    気を取り直して、『耳をすませるべし』を考えてみました。
    漫画なのに“音”がヒント?と思いましたが、管理人さんの第4話の記事に「ゴゥンゴゥン」という不思議な音の話が書いてありました。もしかすると、これまで作中に描かれている不自然な音がヒントでしょうか。
    第4話の記事で思い出しましたが、送られたメール「~ング」は、宮澤佐江さんのキャッチコピー「ゲンキング」かもしれません。しかし、さすがにキャッチコピーから推理するのは無理がありそうです。前田探偵は、このメールを見ていないわけですから。

    とりあえず、私はグリコのサイトを聞きなおしてみました。特に音に関して不自然な点はありませんでしたが、何度も見直しているうちに、証言VTRの背景が人によって違うことに気づきました。ヒントになるかどうかは不明です。そして、作中で流れるモーツァルトの曲をAKB48の松井咲子さんが弾いている音源が「You Tube」にありました。2012年6月7日、公式にアップされていますので、これも何かのヒントかもしれません。

    気づいたことは多いのですが、なかなか犯人の特定に結びつきません。

    話は変わりますが、私には大きく引っかかっていることがあります。
    犯人は、この殺人事件を起こすにあたって綿密な計画を立てたはずです。ということは、自分が犯人にならないような細工をすると思います。たとえば、身代わりの犯人をたてる、犯人が追いつめられて自殺したと見せかける、自分が襲われたふりをして殺害するなど何らかの方法を考えている気がします。そう思って、ダイイングメッセージを見直しましたが…思いつきませんでした。
    また、犯行予告をするのも不可解です。今回のようなクローズド・サークルで犯行予告をするのは危険すぎます。次に殺害しようと思う人物に警戒されたり、途中で連続殺人の法則性に気づかれたりすると犯行計画は失敗です。よほど暗号を解かれない自信があるのでしょうか?しかも現在、メンバーたちは団体行動をしています。次に狙う人物に怪しまれることなく近づけるのでしょうか?

    う~ん…次の展開を待つしかないような気がしてきました。
    そして、暗号についても再考してみようと思います。

コメントを残す