サンデー File:824

sponsored link

キッド:「聞いてねぇぞ!!」「拳銃に爆弾に何なんだ!?あの危ねぇ奴らはよ!!」「万が一の時の為にハングライダーを貨物車に隠してなかったら、今頃黒コゲだぞ?」

コナン:「オメーの事だからそんぐらい用意してると思ってよ・・・」「まぁこれで貸し借りはチャラって事で・・・」

キッド:「当たり前ぇだ!!」

コナン:「あ、オレが渡したその携帯、ちゃんと探偵事務所に送ってくれよな!」

キッド心の中:(あのクソガキ・・・)

《回想》

コナン:(おばあさん達、怪盗キッドとその手下でしょ?)(え?今日は下見に来たのかな?)

キッド:(な、何の冗談かしら?)

コナン:(メイドの住友さんがキッドで、おばあさんは手下!さすがに手下は小蓑さんの声を出せないみたいだから・・・)(キッドの腹話術で喋った声に合わせて手下が口パクして、それを帽子のベールで隠して見えないようにしてたようだけど・・・)(ボク、背が低いから口元が丸見えでバレバレだったよ!)

キッド:(なるほど?だからオレに廊下を走らせたんだな?)

コナン:(ああ!おばあさんが1人になったらきっと喋れなくなると思ってね!)(それにあの時、おばあさんは平気でキセルに火をつけてたし・・・)(例の火事で救助された人は全員 火を怖がっていたから・・・ 中身は別人だと確信したわけさ!)

コナン:(この彼女に変装して悪い奴らの追撃をうまくかわして欲しいんだ!)(奴らと話す内容はマイクで拾って、別室で待機してる彼女本人がイヤホンを通して伝えるから・・・)(奴らが彼女を追い詰める場所は、恐らく爆弾が仕掛けられている貨物車だから気をつけて・・・)

キッド:「なーにがチャラだ・・・」「こいつは貸しにしとくぜ・・・」「名探偵・・・」

有希子「~♪」

ベルモット心の中:(なるほど?最高のキャスティングだったってわけね・・・有希子・・・)

世良:「・・・・・・」

蘭:「あ、そうそう!」「廊下で帽子拾ったんだけど・・・」「これ世良さんのだよね?」

世良:「あ、うん・・・何で廊下に?」

安室:「・・・・・・」「赤井が死ぬ前後の詳細なファイル・・・」「もう一度見せてくれないか?」

ベルモット:「ええ・・・」

安室心の中:(どうやら一から調査し直す必要がありそうだ・・・)

沖矢:「・・・・・・」

コナンがメイドに走らせた理由はおばあさんを1人にして喋らせるため。あれ、じゃあ世良が子供達にムービーを見せに行ったのはどうでもよかったってことに。

世良はコナンの目的がわかっていたのだろうか、たぶん分かってない気がする。(分かっていたのならメイド=キッドと気づいていることになる)でも、その後に火傷赤井のところに真っ先に向かっていったところを見ると、世良も火傷赤井が気になって(灰原を覗いていた時にちらっと見えたか)1人になって確かめたかったのかも?ということにしておこうか…

世良は列車に乗ってからは帽子を脱いでいる。スタンガンで気絶した時も帽子を持っていない。それが廊下に落ちていたと言うのは、沖矢が被っていたあの帽子は世良の帽子かも?世良を運んだときに部屋にあった帽子を使う⇒爆風で吹き飛んで廊下に⇒蘭が拾うという流れか。

沖矢開眼。目の下にトレードマークの隈がある。これでもう赤井秀一確定と言ってもいいだろいうか。目はやはり細めているだけだったようである。沖矢⇒赤井⇒沖矢の変装の手際の良さを見ると、髪もカツラだけかもしれない。

安室は赤井が死ぬ前後の詳細なファイルをもう一度チェックするようである。赤井生存の仕掛けの説明は、赤井自ら説明するのではなくて、安室がトリックを暴いて回収するのかもしれない。

これまでと変わらない日常編に戻りそうなミステリートレイン編の結末。安室は灰原(宮野志保)を生きたまま連れ戻すつもりだったが、爆発に巻き込まれたところを目撃、宮野志保は死んだと思っている。

自分の作戦は失敗して殺してしまったことはあまり気にしていないようである。生かしておくといいながらも、その生死にはあまりこだわりがあったようには見えない。安室は単に自分では殺害はしない系キャラ?ただ、一般人の死はどうでもいいような感じなので、自分は殺しはしないけど、他人の生死は別に興味ないクールなタイプなのか。

ミステリートレイン編では有希子の会話から沖矢、コナンと共同で事前に作戦を練っていたことが分かるが、結局組織の目的を邪魔しただけでベルモットやバーボンを捕らえたりすることはできなかった。というか作戦の内容をみてもその場を凌げれば目標達成程度の内容でしかない。組織サイドは意思統一こそバラバラながらも目的ははっきりとしていたのに対して、コナンサイドは相手の行動を先読みして団結していたにもかかわらず受身の計画しか立てていない。

まぁ、いくらFBIでも日本で勝手に組織の人物を撃ち殺すなんてことはできないし、下手に捕まえても証拠がなければ警察も逮捕できないので正直手の出しようがない。ベルモットはそれであえて逃がしたし、結局ボスを見つけて叩くことしか組織を壊滅させる方法はないのだろう。

せっかく灰原を殺害させたように見せかけるのに成功したのに、その後ですぐにベルモットの前に現れてバレテしまって一体何がしたいのだろうと思わせられるところもある。ベルモットを出し抜いても、その後で灰原が普通に町を歩いていたらそのうちベルモットに見つかってしまう。それなら今姿を見せても同じこという考えか。

有希子はベルモットに「私達があなたを出し抜いたら、今度こそ彼女から手を引いてくれるわよね」と聞いている。ベルモットはコナンとの約束を律儀に守ってはいるが、自分は手を出さないがバーボンに任せるという形で灰原を狙ってきた。今後はこれで手を引くことになるのだろうか?それならばこれがコナンサイドの目的ということになるか。

ベルモットはジンに宮野志保を殺害したことを既に報告してしまっている。今更やっぱり生きていたとは言いづらいし、それを証明するにはもう一度灰原が元の姿に戻るところを見せなければならない。バーボンも同様にキッドが変装した宮野志保が爆風に巻き込まれて死んだと思っている。ベルモットは組織の他のメンバーに幼児化の件について知られたくないと考えているので、実質組織は灰原に手を出せなくなったということになる。

もし、宮野志保が生きていると知られた場合、バーボンはじゃあ、あの時いたのは誰だ?と思うはず。そんな変装ができるのはベルモットを除くと怪盗キッドしかいないということは容易に想像できる。キッドが組織の邪魔をしたことになり、それがジンに伝われば今度は「キッドを殺れ」となってしまう。こんな展開には絶対にならないと思うので、作者は適当に都合のいい逃げ道を作るだろうとは考えられる。(事実を知っても秘密主義で報告せずとか、知ったけど報告前に退場とか、切れ者であるはずなのになぜかこの件はスルーとか…)

結局、ミストレ編前後で変わったことは、灰原が組織のターゲットから一時的に外れる可能性がある。その代償に、赤井生存の可能性を再び疑われることになりそうである。そして、バーボンの行動はひとまず赤井捜しに絞られるか。この後、最終的には赤井が生きていることがバレるところまで行くことは想像できるが、後は、どこまで掴むのか。

沖矢=赤井で工藤新一や博士がFBIと関わっているところまで知られてしまうのか、コナンや灰原の幼児化までバレルのかというところ。沖矢=赤井や幼児化の件までバレれば、それが組織の上層部に届くとまずいことになるので、その時はバーボン退場か。

灰原がターゲットから外れれば、沖矢は新一の家から離れることができるかもしれない。そして、赤井の生存がばれたころに赤井の姿で登場、バーボンと対戦か。でも、そうなるとキールはもう組織にいることができないので脱退して逃げてくることになりそう。バーボンが赤井生存を報告する前に退場なら大丈夫だが、それだとやっぱりバーボンは消えることに。

一方で、灰原に手を出せなくなったベルモットは今後どういう手を打ってくるのか。バーボンと同じく何か思うようなところがある世良の今後の行動も興味深い。なんだか、今度は光彦でなく世良が赤井や灰原バレのキーになりそうな予感(笑)

sponsored link

サンデー File:824」への3件のフィードバック

  1. situmonoh

    こんにちは。
    火事の件については、なるほど、納得です。
    世良は、私も兄の死の真相を知りに来たのかな、と思ったのですが 、ず~っと前から発言とかから、もしかしたらそれ以外の目的もあるのかな?と。まあ、きっかけは兄の訃報では、と予想です。
    これからの灰原vs 世良…個人的には恋の対決でないことを願います…(((^^;)。ほかにも調査途中で安室と世良の対面もあったりして…かってな期待ですが(笑)。いろいろカミングアウトが楽しみです。
    長々ありがとございました(^-^)。

  2. 管理人 投稿作成者

    situmonohさんこんにちは。

    >もともとの目的に加えて兄の方も調査し始めそう

    世良真純の来日目的が兄の調査が本命と考えている人が多いと思いますが、別の目的が本命という考えはちょっと興味あります。

    これまでの流れを見ると、兄の死の情報を得て確認しに来た、もしくは兄の敵討ち(兄が追っていた黒の組織の調査とか、勝手に自分が兄の意思を継ごうとしてとか)などの兄絡みならシンプルに推理可能だと思うのですが、それ以外だとちょっと難解な気がします。(あくまで後出し設定はないと信じて考えた場合ですけど)

    ポイントになりそうなのはいくつかの発言や行動。「データならすぐ消せる~」「コナンがホームズファンとずっと前から知っていた~」「僕って悪い子」「コナン、灰原の幼児化を知っている点」などですかね。

    世良真純は昔新一に会った事がある(何らかの形で係っていた)とかアメリカで何かがあったとか、実は世良真純は工藤新一のことが好きだとか色々言われていますが、現時点ではどれも根拠が少なく予想の域を過ぎないところ。

    もう一つ、世良と灰原の対決シーンがあるという言われているので、それが世良の目的と直でリンクするのかどうかですね。

    >コナンが火を怖がってると気づいたのは3つ目の可能性

    火を怖がっていると気づくには、実際に今回の乗客が火を見て怖がっている表情を見るのが不可欠だと思います。それも、1人、2人だけではたまたまかもしれないので、ほぼ全員をチェックする必要があります。火をみる3回のシーンで、2回目は乗客の単独行動、3回目も単独の聴取なので、コナンがその場で乗客が火を見て怖がる顔を確認できる状況ではなかったはずです。

    ここはまじめに考えると、「それとも・・・」の後は「それとも別に何かあるのか?」という内容で、その後で今回の該当者全員が火事絡みの乗客だという情報を得て、「なるほど、あの時小五郎のおっちゃんが来た時の驚いた表情は、ライターの火を怖がったんだな!」と結びついたのではないかと。

    さすがのコナンでもいきなり気づくのは無理だと思うので、乗車前のシーンで不自然な表情を確認、その理由がなんであったのかに気づいたのが火事の情報という流れが一番矛盾しない展開だと思います。

  3. situmonoh

    世良が今後どういう行動にでるのか気になりますね。もともとの目的に加えて兄の方も調査し始めそう。今後の展開が楽しみです!。ところで、コナンが火を怖がってると気づいたのは3つ目の可能性もあるのでは?。口パクでキッドを疑ったコナンがあとから、小蓑が火を怖がってなかったのを思い出して確信したとか。

コメントを残す