サンデー File:817

sponsored link

File:817(灯下の孤影)

コナン・世良:(ま、まさか・・・)(山小屋に閉じ込めて火を!?)

コナン・世良:(そ、そんな・・・)(ウソだろ!?)

コナン:「離せ!!中に・・・」「中にまだ友達がいるんだ!!」「離せよ!!」「元太!!光彦!!」「灰原!!歩美ィ!!」

歩美:「コナンくーん、ここだよー!」

コナン:「オ、オメーらどうやって?」

歩美:「知らない女の人が急に出て来て助けてくれたんだよ!」

元太:「斧で扉をぶち破ってよ!」

光彦:「あの山小屋の屋根裏に住んでたらしいですけど・・・」

博士:「哀君はどうしたんじゃ?」

歩美:「その女の人が先に助けて、安全な所まで逃げるように言ってたって・・・」

光彦:「さっき灰原さんから電話が来ましたから無事なのは確かです!」

コナン:(アイツ・・・)(まさか解毒薬で・・・)

少年探偵団が閉じ込められていると聞いた後は、世良はコナンと同じように驚いている。

世良:「なぁ君達!」「その女の人ってどんな人だったか覚えているか?」

歩美:「美人さんだったよ!」

元太:「ちょっと灰原に似てたよな?」

光彦:「だからこっそりムービーを送っちゃいました!」

世良:「ムービーを送った?」

光彦:「後日、ちゃんとお礼をしたかったので誰だか調べてもらおうと毛利探偵事務所に・・・」「元々キャンプの写真は送る約束でしたしね!」「ホラ、これがその彼女です!」

歩美:「でも、捜さなくても来週会えるかもしれないよ?」「だってあの女の人・・・」

世良:「・・・・・・」

灰原:「遅い・・・」「誰かさんが助けに来てくれると信じて待ってたのに・・・」「まさか私がAPTX4869の解毒薬飲んで元の体に戻る羽目になるとはね・・・」

コナン:「オメー、どーしたんだその服・・・?」

灰原:「山小屋にあった、殺された彼女の服を拝借したのよ!」「素っ裸で子供達の前に出るわけにはいかないし・・・」「まぁ体が大きくなってこのリングは外せなかったけど、服は全部取っ替えしたから・・・」「子供達には私が灰原哀だって事は・・・」「気づかれていないでしょうね・・・」

灰原は解毒剤で戻り探偵団を助ける。その映像を光彦は世良に見せたり、小五郎に送る。光彦は余計なことばかり。

歩美の「来週会えるかも」は、ミステリートレインのリングパスをしていたので、来週乗る予定のミステリートレインで会えるかもという意味だと思われる。

世良・安室ともに灰原の顔を見てかなり驚く。二人ともやはり18歳の宮野志保の姿に心当たりがあるようである。

小五郎:「しかしよく事件に遭うガキ共だぜ・・・」

蘭:「あれ?」「今、何か・・・」「下で物音がしたような・・・」

小五郎:「風だよ風!」「今日は結構強いから・・・」

安室:(パスワード・・・)

回想:(安室:お二人はパスワードとかどうされてます?)(蘭:生年月日とか・・・)(小五郎:俺は「小五郎さん」で「5563」だが・・・)

安室:(5・・・5・・・6・・・3・・・)(届いたのは写真じゃなく・・・)(ムービー?)

ムービー:(灰原:いーい?あなた達の知り合いが来るまで・・・息を殺して隠れているのよ!!)

安室:(ミステリートレインパスリング・・・)(ベルツリー急行か・・・)(ん?ハッキングされてる・・・)(誰だ!?)

小五郎が「しかしよく事件に遭うガキ共だぜ」って… お前もな(笑)

安室は過去に出現した火傷赤井の帽子と似た帽子をかぶっている。でも、実は過去にキールも似たような帽子をかぶっていたりする。実は組織配給の帽子だったり(笑)

でも、日常編でも似たような帽子をかぶっていた人をどこかで見た気がするので、似たような帽子が多いのは単にバリエーションが少ないためか。

小五郎のPCはハッキングされていた。ハッキングしているのは、今の段階ではとりあえず沖矢だと思われる。沖矢はこれまで人前ではタバコは吸っていなかったが、灰皿を見るとヘビースモーカー。いつも隠れて吸っていたんですね。

sponsored link


コメントを残す