最終回予想

sponsored link

ラストシーン

組織を壊滅させてその後のラストシーン。ラストはハッピーエンドだそうなので、もちろん元の姿に戻るのだと思う。そして、蘭といっしょのラブシーン?というのが王道だろうか。

同じ作者の作品である「YAIBA」の最終回を見ても平和な日常を描いているので、そんなにひねりはないかもしれない。ラブシーンはちょっとはずかしいので、普通に学校へ通っているところかも。

ハッピーエンドで考えれば、もし工藤優作が「あの方」で合った場合は、いくら元の姿に戻って蘭と一緒になれても、父親が極刑間違いない犯罪組織のボスとなり欝すぎるので消せそうである。優作のクローンとかであれば問題なさそうだけれど。

作者は毛利蘭の誕生日を使わずに取っておいている。

毛利蘭ちゃんの誕生日はいつですか?

これは最終回ではなくて、終盤のイベントにに使うのかもしれない。けれど、新一は初登場から一つ歳を取っていたり、組織編は日常編と違い海やクリスマスと言った季節イベントが絡まないので、実は月日が進んでいるという可能性もありえそう。

蘭の誕生日が3月だとして、それがストーリー終盤。組織崩壊が3月末だったとしたら… コナンが元の新一の姿に戻り、蘭と2人のラブシーンで幕落ち、ではちょっと甘すぎて歯切れが悪い?

そこで、組織崩壊後に平和な日常、季節は桜の咲く4月上旬。

新一「これでまたいつもみたいに2人一緒に学校へ通えるな!」
蘭「そうね、でも一つ大事なこと忘れてるみたいだけど、あんた留年よ!」
新一「なんだってーヽ(`Д´メ)ノ 」
蘭:「だって1年間全然学校来てないじゃん!」

蘭の誕生日をあえて設定してあるのだとしたら、ベタだけどこんなヲチもありかも?

灰原の最後

ラストはハッピーエンドらしいのだけれど、灰原については作者は「名前が哀だからなぁ」と微妙な表現をしているとのこと。

SDB10

作者が灰原にあえて哀しい名前を付けたのは何か宿命的な意味があるのだろうか。元々、組織の人物という暗い過去を持っているので、そうでなくても得に不自然ではないけれど。

幸せになれない未来とはどんなものだろう。ストーリー終盤で大きな動きがあるとすれば。両親絡みで何か大きな秘密があり、その真実を知ってしまうなどだろうか。

それとも、もしかしたら最終的には死んでしまう運命とか。名探偵コナンは基本的にレギュラーキャラは殺さないとは思うけれど、ベルモットやジンが死ぬ確率と同じくらいの可能性はありえるかも。

灰原は組織に利用され、APTX4869も毒薬を作っているつもりはなかったと言っているが、これまで組織が大きな犯罪組織だと知った上で主要な一員として活動してきた彼女が、法的に罪が問われるかどうかはともかく、(APTX4869の本来の目的にもよるか、それ以外でも何らかの罪を問われるような気がするが)過去の全てを清算して何事もなかったように明るく生きることができるのだろうか。そうした灰原の心の変化も今後の展開で重要になってくるかもしれない。

灰原は姉を失い、両親も死んだことになっている。これは現時点での設定上での話なので、実は親は違う人とかもありるけれど、完全に身寄りなしである。

組織が崩壊して平和が戻っても、大人の姿に戻った灰原が阿笠博士の家に居候を続けることはないような気がする。

灰原の年齢は18歳で新一や蘭よりも一つ上。もし、前述した時が経過しているネタが本当にあったら、灰原は高校3年の設定なので卒業の年でもある。

こうなると、これもベタな設定だけれども、平和のための薬を作りたいとかで、アメリカの大学に留学するとかが適当なのではないかと思う。時間が経過していると言う設定はなくても、新一や蘭と一緒に高校へ通うのはあまりなさそうな気が…

まあ、灰原が新一や蘭と一緒に帝丹高校へ通うのが一番明るいハッピーエンドかもしれない。

後は、少年探偵団には転校したことにするのだろうか、それとも、APTX4869で小さくなった真実を告げるのだろうか。たぶん、探偵団は組織系のことは深く関わらずに、最初から最後まで平和に終わらせると思うので、前者のほうかな。

でも、ちょっとかわいそうな気もするなーと思う。いつも一緒にいたコナンと灰原が急にいなくなることになるんだろうし。歩美ちゃん、元太、光彦は穴の空いた様な空虚な気持ちになるんじゃないかと。子供だからそんなの気にしないか… きっと、新しい転校生が来て新しい探偵団を結成したりしそう。

sponsored link
更新日:2016-1-1


最終回予想」への37件のフィードバック

  1. 管理人 投稿作成者

    >>ケイ さん

    灰原にとってはどっちの人生でも良さそう。むしろ、宮野志保よりも灰原哀として新しい人生をやり直したほうが幸せかも。でも、漫画的には戻るのかなぁとは思っています。フィクションとは言え、この世にあってはならない薬の力が効いたままの人間が残ることはないのかなというのと、人生のリセットなんてできないんだ、ってきっちりやるのかなと。

  2. ケイ

    灰原だけ戻らないとかもありそうですよね
    少年探偵団としてはコナンのみいなくなっただけ(2人そろっていなくなるとかんづきそうなので)
    灰原としては帰る場所が博士の家しかないため(家族はいなくなっていて、組織ももうないため)

    元に戻り元の日常に戻る工藤新一と比べるとハッピーエンドではないですが
    同じ街の中で
    工藤新一→博士→(そこに居候する)灰原→少年探偵団
    というように間接的ながら、
    少年探偵団と工藤新一のつながりも残せますし

  3. 管理人 投稿作成者

    >>nanakusa さん

    灰原は組織にさえ追われなければ今の生活は幸せかもしれませんね。
    ただ、蹴りをつけるという意味で元の姿には戻るのではと思います。

    一応未成年ということで逮捕は大丈夫かな。
    ハッピーエンドというのは定義が曖昧ですが、登場人物全員が幸せになることとイコールではなく、例えば冒険物なんかでは味方の誰かが犠牲になってもボスを倒して世界が平和を取り戻せばハッピーエンドにはなります。基本的に正義が勝って、あとは主人公やヒロインの目線ですね。

    幸せに暮らすという価値観も曖昧ですが、灰原にとってはまずコナンの言う「自分の運命から逃げないこと」が彼女にとっての生きる使命のようなものなので、これなしでハッピーエンドはありません。(逃げたら敵が勝つのと同じ)

    なので、彼女が元の大人の姿に戻って、責任を全うすること。しっかりと自分の進む道を決めて歩み始めることがハッピーエンドなのではと思います。決して楽で楽しい人生を送ることではなくて。

    裁判に出たりとか、数年は組織のことから離れることはできないと思いますが、時間はかかっても最後は自分の人生を肯定できるようになり、社会の役に立つ研究者になれるのではと思います。新一のように、物語が終わってすぐに安易な幸せというのはちょっと難しいかもしれません。

    人生は子供の頃幸せでも大人になってそうでなくなる人、逆に子供の頃に不幸の連続でも歳を取って幸せになる人、死んでからようやく世間に功績が認められる人など様々です。研究者として人生を捧げ、30年後にノーベル賞を受賞というエピソードだってハッピーエンドだし感動的だと思います。

  4. nanakusa

    コナンは当然新一に戻るんでしょう(で、高校の卒業式で蘭とキスとかがラストシーン?)
    同時に高木と佐藤の結婚シーンも描かれるかも。

    灰原さんは志保に戻らず、灰原哀として生きる道を選ぶ可能性もあるかも。
    というか、組織のことが明るみに出て宮野志保に戻れば何らかの処罰は当然あるはずです。
    さすがに灰原さんの逮捕オチは死亡オチ以上に後味が悪すぎるでしょう。
    灰原さん自身も、宮野志保として組織で生きていた時代の人間関係よりも、今灰原哀として友達の歩美ちゃん達や博士との関係の方を大切に考えていそうです。
    そう考えると灰原さんが積極的に元に戻ろうとする理由が実はあまりありません。

    ……もちろん、幼児化した場合元に戻らないと成長ができなくなるとか、何れ死亡してしまうというなら別でしょうけど。

    あと、歩美ちゃん達も二人転校するよりは灰原さんが残った方が嬉しいでしょう。
    光彦くんの頭脳と灰原さんの知識があれば、案外コナンがいなくなっても探偵団普通に続けられそうな気もします。

  5. nanakusa

    灰原さんの結末予想

    1.子供のまま生きる
    コナンは新一に戻らないと最終回になりようがありませんが、灰原さんは実のところほとんど天涯孤独。
    しかも、元に戻ると組織時代の罪で逮捕される可能性もあります。
    このまま博士の幼女になって子供のまま成長していくというのが一番幸せかもしれません。
    歩美、光彦、元太にとってもコナンと灰原さん両方いなくなるよりは、灰原さんだけでも残った方がうれしいでしょうし。
    案外、光彦の頭脳と灰原さんの知識があれば少年探偵団普通に続行できそうな気もします。

    2.死亡
    これはちょっと……
    展開としてはありえますが、ハッピーエンドにはならなさそうです。

    3.大切な人を、そうと知らずに殺してしまう(赤井さんあたり?)
    根拠はガンダムネタ。
    林原さんは一年戦争的にはクリスなわけで。

    4.大人に戻って幸せに暮らす
    ……という、絵が見えないから困った物なのですが。

  6. 管理人 投稿作成者

    >>ピカソ君 さん

    アニオリや映画はクレシンみたいにずっと続くかもしれませんけど、コナンは組織編のストーリーがあるので一旦は完結すると思いますよ。

  7. ピカソ君

    最終回自体がなく多分永遠に終わらないと思います。

    作者はインタビューで既に最後の構想ができていると発言してたと言われても100巻まで行かないと言っておきながら100巻は余裕に超えると言い換えた人です。かまってちゃんなんでしょう。
    作者も意地で終わらせたくないみたいだし一時期コナン人気が落ち込んでた時に読売グループも小学館も必死に映画などを押してたことから終わらせたくないんでしょう。

    作者が死んでもアニメは読売グループとトム酢エンターテイメントが永遠に作り続けるでしょうし
    連載当時8歳だった自分が78歳になっても死んでも続くと思います。

  8. 管理人 投稿作成者

    >>怪盗みなるん さん

    ならないと思います(笑)

  9. 管理人 投稿作成者

    >>怪盗みなるん さん

    まじっく快斗の世界でコナンの勝利にはならないんじゃないですかね(笑)
    名探偵コナンの中でのキッドならともかく。でも、あの二人のライバル関係に勝敗をつけることはないと思いますが。
    それと、まじっく快斗は名探偵コナンよりもギャグ要素が多く許容範囲も広いので、細かいことは気にしないので犯罪行為の償いとかもないのではと思います。

  10. 怪盗みなるん

    怪盗キッドこと黒羽快斗容疑者は最後には少年院送りになりますか?

  11. 怪盗みなるん

    多分、怪盗キッドは最後にはこうなると思いますが…
    ビッグジュエル・パンドラを発見し、砕く

    コナン君と対決し、敗れる

    近くの交番に出頭・自首

    怪盗キッド逮捕

    精神鑑定

    少年院送りww

  12. 管理人 投稿作成者

    >>怪盗みなるん さん

    ルパンのメンバーとかはないと思います(笑)
    白馬探とかも微妙ですね。

    金田一は一度コラボは見たいですけど(笑)

  13. 管理人 投稿作成者

    >>怪盗みなるん さん

    死んだほうが似合うキャラもいますけど、基本的には逮捕で罪を償わせる方針らしいです。
    まぁ、ストーリーの途中で消さなければならない宮野明美とかピスコ、カルバドス、楠田陸道とかは死んで終わりになってますけど。
    あの方は逮捕されるのではと思います。死んで終わりにするというのは逃げられたのと同じようなことでもあるので。

  14. 怪盗みなるん

    俺、組織との最終決戦のメンバーは、以下の通りだと思うのですが…
    江戸川コナン
    毛利蘭
    毛利小五郎
    服部平次
    灰原哀
    怪盗キッド
    工藤優作
    工藤有希子
    白馬探
    赤井秀一
    ジョディ・スターリング
    アンドレ・キャメル
    ルパン三世
    次元大介
    石川五エ門
    峰不二子
    金田一一
    七瀬美雪

  15. 怪盗みなるん

    最終回までに逮捕されると思うキャラクターは怪盗キッド、キャンティ、コルン…それくらいじゃないのでしょうか?あの方とジンとラムは最終回で死ぬのでは?

  16. 管理人 投稿作成者

    >>怪盗みなるん さん

    別漫画なんでどうでしょう(笑)まじっく快斗の世界観と名探偵コナンの世界観は違いますから、お遊び要素の強いまじっく快斗の方は泥棒であっても捕まらないのではと思います。

    よく話題になりますが、器物破損、住居侵入、盗んだものを返してるとは言え窃盗罪はありますから、それで未成年だとどんな判決になるかってところですね。

  17. 怪盗みなるん

    怪盗キッドにはどんな判決が下るのでしょうか?

  18. 管理人 投稿作成者

    >>怪盗みなるん さん

    どうなんでしょう?
    あるかもしれません。

  19. 怪盗みなるん

    名探偵コナンの最後の映画は「真実の銀弾(シルバーブレット)」にして欲しいのですが…そうなる事ってあり得ますか?

  20. 管理人 投稿作成者

    >>ペンネームけいちゃん さん

    それは作者に聞いてください(笑)

  21. ペンネームけいちゃん

    名探偵コナンは何時最終回
    ですか?
    いつ頃新一に戻りますか⁈

  22. 管理人 投稿作成者

    名無し さん

    そういえば、劇場版では出てましたっけ。

  23. 名無し

    小五郎と優作は「ベイカー街の亡霊」で対面してます。

  24. 管理人 投稿作成者

    PS:

    そういえば、優作と小五郎はまだ対面してないですよね。
    小五郎は灰原と会っている。優作はボス説は否定されているので、組織編においての意味はたぶんなさそうですが… 優作が組織の一員というのもなさすですし。
    二人の絡みがぎこちなさそうで、ぜひみてみたいんですけど(笑)

  25. 管理人 投稿作成者

    >>匿名 さん

    それもありですね。映画は新一に戻る前の出来事ということで、スピンオフ的にやれば問題ないでしょうけど。

  26. 管理人 投稿作成者

    >>レイン さん

    コナンは一度離れて戻って来るリピーターが多いんですよ。小学生の頃アニメで見ていたのが、中学生や高校生になってアニメや漫画をみなくなったり、他の大人向けの方に移行してしまったりで。それで、子供が見始めてからもう一度夢中になったり。

    頭を使う推理物だけあって、大人になってから見直すと子供の頃とは違う見方ができます。本当は大人向けの漫画なんです。それでいて、小説のように本格的なミステリーファンでなくても、漫画で誰でも気軽に楽しめるところがコナンの魅力です。

    大人のファンを作ることができた今が製作者側のおいしいところですので、今終えてしまうのはもったいないんですよね(笑)

    大きな組織編の区切りは5年~7年に一度くらいのペースで、最終的に暴くのは組織のボスと目的、これは終盤まで明かされないというところはずっと変りませんので、戻って来るのも比較的簡単です(笑)

  27. 匿名

    連載終了後のコナンは解毒薬のおかげで常時は工藤新一の姿を保てるけれど、何かしらの条件(たとえば酒とか)でコナンの姿に時々戻ってしまうという感じにしておけばいいんじゃないかな。
    そうすれば原作無くとも毎年の劇場版は継続やすくなる。

  28. レイン

    コナン考察は非常に参考になりました。
    子供がコナンアニメを見出して、5年ぶりにコナンを見たら、話についていけなくて、でも面白くて必死に見まくって調べまくって参考になりました。勇作と小五郎の接点がないことが非常に気になります。
    最後はコナンもびっくりの小五郎がワンポイントくらい活躍があると思います。
    20年間を挽回する強力な小五郎のおっちゃんの活躍を期待します。

  29. 管理人 投稿作成者

    >コナンさん

    ルパン三世キャラの登場は、本編のコナン最終回では厳しいかな…

    最終回はもちろん、原作で。映画でやられたら困ります(笑)

  30. 管理人 投稿作成者

    >>匿名 さん

    夢オチ以外にも、工藤優作の小説オチという可能性もあります(笑)

  31. 匿名

    少年探偵団(ミツヒコ・ゲンタ・アユミ)=黒の組織(ジン・ウォッカ・ベルモット)?

    そしてラストシーン
    カツーン・カツーンと病院を歩く音・・・
    ガチャ
    ラン「新一入るね」
    新一「」
    ラン「あれから10年だね、私、今度結婚するんだ、きょうはその報告」

    そうなのである新一はあのAPTX4869を飲まされてから10年間昏睡状態であったのです。
    そして推理好きの彼は夢の中で数々の事件を解決していた・・・

    毎回事件に遭遇するコナンくんの真相はこんな幕切れ?
    夢オチですみません。

  32. 管理人 投稿作成者

    >>アホトキチン さん

    幼児化した人間は元に戻らない… 厳しいですね(笑)

    「時の流れに逆らった代償」ってのはちゃんと最後に出てきそうですね。

  33. アホトキチン

    あの方との対決が終わり、最終的にアポトキシンの抗体により幼児化が元に戻らなくなるのだと思う。灰原は生きていた両親を元に戻すため海外の研究チームに入り転校。(工藤新一のことを忘れるため)
    工藤新一は正体がバレたが見た目が小学生のため工藤新一として帝丹小学校に実家から通い、蘭もアポトキシンを飲んでしまうと思うので帝丹小学校へ転入してきて、あゆみとライバルという感じで終わるのだと思う。
    蘭の幼児化のおかげで、蘭の母親と3人で暮らせるようになるのだと思う。
    幼児化した人間は元には戻らないのだと思います。時の流れに逆らった代償だと思います。

  34. コナン

    俺的組織と対峙するメンバーはコナン率いるコナン、ルパン三世、峰ふじこ、石川ゴエモン、次元大介、怪盗キッド、じい寺のすけ、FBI、CIA、世良真澄、阿笠はかせ、灰原哀、服部平次、工藤優作、工藤ゆきこの最強メンバーであると思う ちなみにチーム名は黒の組織に対抗しレッドホワイトチームと名付けたほうが個人的面白いかもw
    ルパン三世とその仲間にも正体がバレているんだからどうせならコナンのラストステージは正体がバレている人全員を味方にし組織を潰せばよいと思う
    個人的意見だけど最終回は映画ではなく六時間スペシャルなど長時間スペシャルでテレビにて通常時間から放映されたら嬉しい

  35. 閃光の舞姫~ダークストライク~

    実はウオッカがあの方で、コナンはなんらかの形でジンとウオッカ以外のメンバーを警察に自首させる。
    そしてジン、ウオッカV Sコナン、服部でジンが追い詰められAPTXで自殺、
    ウオッカがコナンの正体を知り、極秘で元に戻る薬を渡し、ジンと
    同様に自殺で本当の目的はあやふやに…
    コナンはボロボロの新一に戻り蘭と出会いコナンと関わった人物に、
    本当のことを言って終わり。

  36. 管理人 投稿作成者

    まーくさんさん

    そういう展開もありえそうですね。一般的な説では、ラストはハッピーエンドと作者は言っているのと(元に戻れない場合はハッピーと言うよりはちょっと切ないサッドエンドに近いかも)、出所は忘れましたが「新一と蘭は一緒になれるのですか?」みたいな質問に「なれると思います」的な発言をしたような(うろ覚え)記憶があるので、今のところ元の姿に戻れるのではという予想のほうが確度は高いという意見が多いです。

    個人的には服部や小五郎のおっちゃんに組織編でもっと活躍して欲しいのですが、決戦には外されそうな予感がします。これまでも表面的なところでは少し絡んだことがありましたが、コナンとFBI、CIAなどの組織編キャラ以外は組織との対決にところあまり深いところまで入らせていないところが気になります。作者は日常編キャラと組織編キャラで役割を分けているのかもしれません。まぁ、もっと戦いが激しくなったら絡ませざる得ないような展開になるかもしれません。(そうなることを希望)

  37. まー

    組織壊滅後、コナンは結局新一に戻れないような気がします。
    組織と対決前にコナンは蘭に「新一兄ちゃんは必ず帰ってくるから。蘭ねーちゃんにここで待っててほしいんだ。」っと最後の約束をする。
    「コナン君は?ちゃんと帰ってくるんでしょ?」
    「僕は、これからもずっとそばにいるから。」と曖昧な答えをして、組織との決戦にむかう。
    決戦に向かうメンバーは警察、FBI、おっちゃん、少年探偵団←実はキーパーソン(笑)
    決戦の流れやあの方の正体は予測不可能ですが
    蘭との約束の場所に戻ったのは新一じゃなく元に戻れないコナン。
    「ゴメンね。蘭ねーちゃん。新一兄ちゃんは…」最後まで告げる前に蘭がコナンを抱きしめる。
    「ら。蘭ねーちゃん」
    「いいの!コナン君がちゃんと帰ってきてくれたから、いいんだよ。」


    ひとまずエンド

コメントを残す