考察 【File:813】 沖矢の「そういうことか」

sponsored link

沖矢:(なるほど・・・)(そういう事か・・・) File:813

okiya_conans_truth_f813

コナンは沖矢の前では自分の推理力を隠すことなく、コナンのまま推理をする。(一度米花百貨店で眠りの小五郎をしたけど、その時は、コナンは沖矢が見ているとは思っていない。)

事件解決のヒントを出すのに自分では不自然なので大人が必要であるが、眠りの小五郎無しでも、沖矢がいれば話を進められるというのもある。

赤井秀一の前でも、変声機を使って誰かに推理させたことはない。(たぶん無かったと思う)

沖矢は「金一君」が新一のことだという事を知っていることは状況から判断できるし、新一が「何のとりえも無い普通の人」でなくて探偵の工藤新一ということも分かっている。

また、「あ、彼に電話するなら一言添えてくれませんか?」と頼んでいることから、この時点でコナン=新一ということは既に見破ったようである。

「なるほどそういう事か」と納得したのは、1つ考えられるのはコナン=新一という疑いは持っていたが、初めて確信をここで得られたこと。

もしくは、コナン=新一ということは気づいていたが、本物の新一はコナンのはずなので、なぜ世良や蘭達のところへ新一の声で電話をかけたりかかったりするのかが分かったということか。

へっぽこ探偵の小五郎が次々と事件を解決している理由、眠りの小五郎のトリック(声帯模写の変声機)が分かったというのもありかも。

サンデー原作の隅には「昴にコナンの真実が気づかれた・・・」とあるので、単純にコナン=新一に気付いたという可能性が一番高そうではある。

問題は、沖矢=赤井なら当然、既に新一=コナンということに気づいているのでは?と思うが、コナンの赤井が出会った初期の頃は「何者なんだい、あのボウヤ?」と聞いていることから、事実を知っていたわけではない。

ジョディはベルモットの持っていたコナンと新一の写真を見たこと、ベルモットがコナンを「クールガイ」と呼ぶことに疑問を持ち、それが組織の研究と関係があるのではないかと疑っているようだが、どこまで真相に気づいているのかは不明である。

赤井とジョディの会話からすると、ジョディは赤井に細かい事情を話していないような感じもするが…

沖矢=赤井であっても、赤井がコナン=新一と知っていたと判断できる箇所はないので、これが沖矢≠赤井の根拠になるわけではない。

伏線の回収

⇒緋色シリーズ(File:893-898)で沖矢昴の正体についての伏線回収。

また、様々な根拠や作者公式の発言(SDB70)により沖矢昴は1人だけとわかる。

沖矢=赤井が確定したので、この「そういうことか」は赤井がコナンの秘密(コナン=新一の事実)にこの時点で初めて気付いたということになる。

sponsored link
更新日:2015-11-1


考察 【File:813】 沖矢の「そういうことか」」への4件のフィードバック

  1. 管理人 投稿作成者

    >>ポム さん

    だからカルバドスとスナイパー仲間のキャンティやコルンは怒っているわけです(笑)
    まぁ、作者曰くベルモットは悪いほうの峰不二子らしいので、そういう男を手玉に取るようなことは平気でする悪女なんですね。

    コナンが自分の正体がバレていることに気づいたかどうかについては、どうでしたっけ?
    かなり昔のことなんでちょっとうろ覚え(笑)

    どこかに気づいている(気づいていない)とわかる伏線があったかわかりませんが、コールドケースの話で沖矢を驚いた様子で見つめるコナンの表情(目が大きくなってるやつ)は、自分が工藤新一だということがバレたのにはぐらかしてくれたことに対するもののような気がします。(明らかにバレたと思ったのに、想定外に鈍感だったことに対してではなくて)

    また、天才であるはずのコナンが、あの状況で同じくらい天才である沖矢にまだバレていないなんて甘い考えでいるのはおかしいだろうとも言えるのですが、バーボン編以降はそうした設定よりも、漫画の都合が優先されることが特に多いです。

    例えば、先日のラーメン屋の話でも、あれだけヒントが出たらコナンは世良のもう一人の兄が秀吉だど気づいているだろうと思わせて、実はまだ気づいていませんと言われる可能性もあります。なので、「確実にコナンが気づいた」という描写がでてこないと、確かなことはわからないかもしれません。

  2. ポム

    こんばんは。先日はお返事をくださってありがとうございました。管理人様の解説で疑問がすっきりしました。
    それにしてもカルバドス…ベルモットに惚れてしまったばっかりに利用された挙げ句に見捨てられて、何だか可哀想になってしまいました(笑)

    ところで…工藤優作の未解決事件で昴さん(赤井さん)にコナンの正体が新一だとバレてしまった訳ですが、当のコナンは赤井さんに正体がバレた事には気付いているのでしょうか?
    私はまだ気付いていないんじゃないかと思っているのですが、私の母や母の友人は「いーや、絶対に気付いてるよ!」と言っていて、意見が割れています。
    因みに、Wikipediaの「名探偵コナンの登場人物」及び「FBI(名探偵コナン)」の記事には「まだ気付いていない」と書かれていました。

    管理人様はどちらだと思われますか?

  3. 管理人 投稿作成者

    >>赤い人 さん

    確か、インタビューでもう確定したかも?すいません、うろ覚えです。
    確信を得たのはあの時で良かったような。

    新一の声で電話っていうのは、コナンになってしまって、新一は失踪状態なのに周囲とどう関係を保っているのかという部分も含めてどうかなと。

    まぁ、緋色で使われた変声機は有希子が優作の声を出していたように、実在人物の声も出せるようなので、コナンがどうやって新一の声を出しているかは気づくと思います。

    41巻の時は、恐らくジョディが阿笠邸に仕掛けた盗聴器を赤井が聞いていて、それで博士の声が聞えているだけなので、博士の通話の相手が新一なのかコナンなのかの区別はつかないのではないかと。

    赤井は灰原の正体に気づいているので、いつでもコナン=新一に気づくきっかけはあったと思うのですが、赤黒でもジョディに「何者なんだい、あの坊や」と聞いていたり、コナンがクールキッドと呼んでいることとか、ちゃんとした報告を受けてなかったようですね。だから、赤黒ではまだ頭の切れる少年としか思っていない可能性も。

    たぶん、幼少期のコナンを知らないし、新一にも会ったことがないからだと思います。灰原に気づいたのは宮野志保の顔にそっくりだったからですし。だから、コナンが工藤新一と知り合いだという情報を得て初めて同一人物ではないかと疑ったのかなと。タイミングは漫画の都合みたいなところがありますね。

  4. 赤い人

    コナンは赤井の前で1度だけ「赤井さん!
    緊急召集です!!」と変声機を使ったことが
    ありますから、何故新一の声で電話がかかっ
    てくるのかと考える必要はないと思うんです。
    ですが、コールドケースのあの描写は
    疑いは持っていたが初めて確信を得たと
    捉えるほうが自然だとは思います。

    もう一つ確認をとっておきたいんですか、
    41巻(4台のポルシェ)で赤井は阿笠とコナンの
    電話での会話を聞いていますよね?
    ならばその時に、「おお、新一君か?」と
    阿笠が言ったコトも聞いたはずですから、
    その事を覚えていれさえすれば、後からでも
    コナン=新一と考えることは出来ますよね?
    赤井は赤黒の「私も含めてね…」辺りから
    コナンに対して一目置いていたような気が
    したのですが、コナン=新一と疑いはじめた
    のが赤黒から…という可能性もあるのでしょうか?

コメントを残す