考察 【File:804-808】 事件の分析

sponsored link

複雑でどうもすっきりしない、伊達さん関連の過去の事件。伊達さんだけでなく、次々と死んでいく周囲の人達がどこか不自然。もしかしたら、伊達さんが関わった過去の事件は組織が絡んでいたりするかもしれない…

安室透が伊達さんと知り合いで会いに行った。伊達さんは高木刑事に手帳の何かを見せようとしていた。となると、少なくとも伊達さんには何かまだ秘密がある可能性は高い。

ということで、一応簡潔に状況を整理しておくと。

1.徳木侑子

・東都大学医学部6年生

・女の子っぽくない部屋だったけど、きちんと整頓されていて、足元に遺書。

・数日前に自分の車で轢き逃げしてしまい、その良心の呵責に堪えかね自殺した。

・実家は高知だが、半年前に引越しており、家族の所在はつかめていない。

⇒《徳木さんが轢いたのは伊達さんではなく、伊達さんを轢いた犯人はその場で逮捕されている。》

伊達さんは組織の秘密を知ってしまったために消されたのでは?と思ったが、伊達さんを轢いた犯人はきちんと捕まっている。

組織のやり方なら、警察に捕まるというへまをしたその犯人から情報が漏れるのを防ぐためにも、抹殺しているような。(得に組織の秘密も知らない捨て駒ならあるか。)

伊達さんはやっぱり単なる事故なのか…

SDB70で伊達さんの事故は組織とは無関係と言及。

引っ越したと言われる家族は所在はつかめていない。既にこの世にいないのでは…?ただ、徳木侑子の死(1年前)から両親の引越しまで半年あるので、組織の仕業ではなさそうである。

2.ナタリー来間

・英会話スクールの講師で母親がアメリカ人

・北海道生まれで、唯一の肉親である両親は、娘の遺体を引き取りに行く途中で交通事故に巻き込まれて2人とも他界。

・現場に到着した機動捜査隊が言うには、ナタリーさんは母親に英語で「彼に捨てられて絶望した」とのメールを送っている。(実際は彼は事故死で、ナタリーさんはそのショックで後追いした。)

・部屋に貼ってあったカレンダーの書き込みからすると、毎日のように彼氏とデートしてたようだけど、その彼に捨てられて絶望。自殺した日もデートの約束をしていた。

⇒ 彼氏は伊達さんで「DATE」は「デート」ではない。(刑事が毎日デートする暇はない)「DATE」は「伊達」とコナンは推理。

コナン:「恐らく伊達刑事が泊まりに来た印!」「それに、その人が自殺した日もデートの約束をしてたみたいって言ってたよね?」

佐藤:「それがもしも伊達刑事と彼女がどこかへ出かける約束だったとしたら・・・」

コナン:「彼女は伊達刑事が交通事故で亡くなった事を知らずに待ち続け、捨てられたと絶望し命を断ったかもしれないよね?」

コナン:「きっと高木刑事は一年たってやっとその事に気づき、彼女の遺族にその事実を伝えに行ったんだと思うよ!」

佐藤刑事:「で、でも彼女の両親は彼女の遺体を引き取りに来る途中で事故に遭って」

コナン:「じゃあ彼女の遺体は誰が?」

佐藤刑事:「た、確か同じ英会話教室の年配の先生で・・・」」「彼女の遺品もその人が・・・」

⇒ 高木刑事を拉致したのは英会話教室の先生で、毒を飲んで自殺。ナタリーさんの遺品もその人が持っている。

佐藤刑事:「動機であるナタリーさんの首吊り自殺は彼に捨てられたからではなく、交通事故で彼が亡くなったからだと・・・」

佐藤刑事:「バカね・・・知ってたわよナタリーさん・・・伊達さんが亡くなった事」

「伊達さんの両親が覚えていたのよ・・・」「病院に遺体確認に行ったとき・・・部屋の外に涙をいっぱいに溜めたハーフの女性が立っていたって・・・」

「伊達さん、あの日の夜彼女の親に挨拶をしに北海道へ行く予定だったそうだから」「伊達さんの両親も連れてって、そこで彼女を紹介したかったみたい・・・」

次ページへ

sponsored link
コメントはこちら