安室透には協力者がいる?

sponsored link

安室透に仲間がいることが分かれば、バーボンの自作自演説もまじめにありえそうである。

ベルモットは火傷赤井を見た後に、ジンに事情を説明して撤退している。このジンおびき出し作戦?は、ベルモットとバーボンが予め計画していたのではなくて、バーボン(仲間)の可能性も。

ベルモットは事情を知らずに赤井情報を聞いて駆けつけたが、それが協力者である火傷赤井だったのでそれを見て納得、ジンを説得したという流れ。

ウオッカに情報を流して組織を慌てさせたのは、もちろん安室の仲間の仕業。

キールに噂を流した人物

キール:「バーボンよ・・・」「組織を裏切ったシェリーって言う科学者を捜しに動き出したって聞いたけど・・・」 File:703

キールはバーボンが動き出したことを組織の誰かから聞いている。これも相手は明らかになっていないが、ただの噂。

バーボンが動き出したことに間違いはなかったが、一連の行動を見ていると、バーボンの狙いはシェリーではなくて赤井秀一である。

ベルモット:「あら、そう・・・」「ところでいつまであの探偵とつるむ気なの?」「キールとの一件でシェリーとかかわっている疑いのあるあの探偵に張り付きたいって貴方が言うから、色々サポートしてあげたけど・・・」 File:827

「キールとの一件でシェリーと~」この発言から、バーボンは”シェリー”を捜索するために小五郎に弟子入りしたようにも思えるが、バーボンの”真の狙い”はそこではない可能性も。

ミストレ前のバーボンは幼児化のことを聞いていなかったこともあってか、灰原のことはほとんどノーマークであった。これは仕方なしの面があるが、ミストレで灰原(宮野志保)に会えたのはその前の事件で灰原が偶然解毒薬を飲んだことによるものである。

また、ミストレで宮野志保が爆風に巻き込まれた後も、全く同様した様子もなかった。キッドの件に気づいているかどうかは不明だが、どちらにしろ志保のことはほどんど関心がないようであった。そして、赤井の捜査を一からやり直す必要がありそうだと考える。

”キールとの一件”は、キールと以前灰原に協力した人物がジンに仕掛けた盗聴器が同じであったため。

小五郎を疑い、シェリーの情報を知っていると考えたとか、盗聴器を仕掛けた協力者が赤井、もしくは、やっぱり小五郎とFBIがグルと考えたというのもありそうだが、実は、キール自身を疑っているというパターンもある。

バーボンは以前に赤井が組織にスパイとして潜入した時も、「FBIの犬ではないか?」とほぼ確信したような疑いを持っていたようである。

当然、赤井を見抜くほどの能力があれば、キールがCIAであることに感づいている可能性がある。しかし、赤井秀一を殺ったのはそのCIAのキールであり、予測が正しければ、赤井抹殺自体にトリックがあると判断できるからである。

バーボンが火傷赤井の周辺をうろついた理由は、関係者の様子をうかがって赤井の死が本当かどうかを確かめるためだった。バーボンはこうした調査が得意であり、嘘情報を流してキールの出方を探ったという線。

まぁ、これは、「シェリー捜索に動き出した」と流せば、FBIがシェリーを守るために動き出すので、それを見ればシェリーの居場所が分かるという作戦にもなりそう。

目的はどうであれ、キールに情報を流すことでFBIが動き出したりすれば、キールとFBIがグルであると判断できる。こうした情報操作による手法は公安関係者が得意とすることであり、バーボンもまた公安ではないかとも推理できる。

仲間が公安関係者かどうかまでは不明だが、安室寄りの仲間の存在がいることは確かであり、ウオッカ、キールに流した情報がどこか不自然なところがあるのは事実。

安室の仲間がそのうち出てくるかも?(下っ端モブ扱いかもしれないけど…)

緋色の~

安室:「おい?」「どうした?状況は!?」「応答しろ!!」

赤井:<久しぶりだな・・・>「バーボン・・・」「いや・・・今は安室透君だったかな?」

・・・

赤井:<組織にいた頃から疑ってはいたが・・・あだ名が「ゼロ」だとあのボウヤに漏らしたのは失敗だったな・・・><「ゼロ」とあだ名される名前は数少ない・・・><調べやすかったよ・・・><降谷零君・・・> File:897

緋色シリーズでバーボン=公安が確定。赤井を捕まえるために公安の仲間をぞろぞろと率いて工藤邸までやってきていた。

ベルモット:「まぁ、これから先、勝手な行動は避けた方がよさそうね・・・」「組織内に鼠が入り込んで来てるって・・・」「ジンが問題視していたし・・・」「本堂って男とFBIの赤井とあの男で3人目・・・」「ホラ、公安から潜り込んでて名前を聞く前に殺された・・・」 File:898

ミストレでヘリに乗って待機していたとされるのは恐らく安室の本当の仲間である公安。緋色の話やベルモットのセリフなどから、組織内にいる公安のスパイは安室だけのような感じではある。

スコッチなどを除く公安のメンバーはモブ扱いのようだし、潜入してバレずに任務を遂行できるかは疑問。確かなことはわからないが、スパイとして組織内で上手く立ち回れるのは優秀な先鋭だけという設定なのではなかろうか。ただ、バーボンが組織内で意図的な情報操作をしていた疑いがなくなったわけではない。

sponsored link

コメントを残す