安室透には協力者がいる?

sponsored link

協力者というのはベルモットのことではなくて、安室の別の仲間のこと。

安室:「ヘリでこの列車を追跡している仲間が君を回収するという段取りです・・・」 File:824

ミステリートレイン編の出来事。ベルモットと安室は協力関係で灰原をおびき出す作戦を立てていたが、ベルモットは是が非でも灰原を抹殺するつもりで爆弾を仕掛けていたのに対して、安室は灰原を組織に連れ帰るために仲間をヘリで追跡させていた。

これは終着駅で待ち伏せをしていたジン達との作戦とも異なっており、本当の安室の作戦は組織のメインキャラとは別に(単独)立てたものであると分かる。そして、その安室に協力する人物もいる。人数や性別は不明だが、その仲間はジンやベルモットではなくて安室派のようである。

以下は、以前考察した内容

あの男に似た感じの奴がいたらしですぜ?

ジン:「赤井秀一を・・・」「見かけただと?」

ウオッカ:「ニュースの中の、事件を振り返る映像に映っていたらしいですぜ・・・」「解放された客連中の中にあの男に似た感じの奴が・・・」 File:700

いたらしいですぜ?ウオッカも又聞きである。誰から聞いたのだろう??とちょっと気になるところ。

明確な答えはでないのだが、ちょっと検証してみると。

組織の主要キャラ

まず、現在確実に存在していると分かっているジンとウオッカ以外の残りの組織の人物は、あの方、ベルモット、コルン、キャンティ、バーボン、(キール)だけである。

キールは赤井が生きていると疑われること事態が危機になるのでありえないので除外。

ベルモットとバーボンは協力関係で変装を知っている。ベルモットはあの方の了承も得ているので、あの方もバーボンの変装であることを知っている。偽者と知っている人物がわざわざウオッカに「赤井秀一に似ている人物を見た」などと報告する必要はない。

キャンティは「一体いつまで待ちゃいいんだい?」「居やしない亡霊のためにさぁ・・・」と言っているので火傷赤井を見ていないことが分かる。

コルンは特にアリバイなし。ただ、組織には名前もない下っ端Aみたいのがたくさんいる可能性もあるので雑魚キャラかもしれない。水無が組織に戻った直後は見張りが数人ついていたので、コードネームを持たない組織の人物がいるのは確かである。

コルンはキャンティと行動を共にすることが多く仲が良さそう?であるが、キャンティは赤井の亡霊についてジンから初めて聞いた感じの口調でその話も信じていない。コルンからの情報であればキャンティにも話していそうだし、コルンの話なら、「似た人物がいた」という発言は信用しそうなものである。

ジンはデパートに張り込む前に「その百貨店に赤井らしき男が入ったという情報は確かだ・・・」と報告者の存在がいることを匂わせている。もちろん、これは赤井亡霊の存在を否定しているキャンティではないし、同じ車に居るウオッカのことでもない。

また、まだ隠れた他の大物幹部がいて、その人が見た可能性もあるが、組織幹部の中ではパシリ役のウオッカにするかどうか。普通はまず上司か同等レベルの地位にあるジンに報告するだろう。あくまで「普通は」なので分からないが。ただ、自らの足で赤井を探しに街へ出たとは考えにくいので、少なくともデパートへ入ったのを確認した組織の人物ではないようには思える。

バーボン

もう一つ、偽者と知っている人物がわざわざ「赤井を見た」なんて報告する必要もないと書いたが、バーボンならありえるかもしれない。火傷赤井はデパートから出てきた時にキョロキョロと辺りを見回して誰かを探してる。その後に、正面のビルから狙いを定めているキャンティを見つけて笑いかけている。

火傷赤井は始めから組織の連中が、デパートの外で赤井秀一かどうかを確認するために張っていることを想定していたことになる。つまり、組織に赤井に似ている人物がいたことを報告したのは自分自身(あるいはベルモット)。

キャンティに笑いかけたのは「やはりニコノコと見に来たか」という自分の作戦がうまくいったことへの笑み。火傷赤井はFBIに近づき、赤井が生きていることを確かめる(おびき出す)ことが目的だと思われるが、同時に組織の仲間にも赤井に似た人物がいることを自ら教えて、まんまと引っかかってデパートまでやって来たジンに「赤井はまだ死んでないよ、お前(ジン)はやらかした、これから俺が赤井の首を持ち帰ってやる」と互いあまり好いていないバーボンからジンへの挑戦的なメッセージとも捉えられる。

報告したのがベルモットの場合、呼び出されたキールが赤井の話を聞いてどんな反応をするのか見たかったという考えもできる。

こうして考えると、報告したのは下っ端Aあるいは、もしかしたら実はバーボンの自作自演だったかもしれないというところだろうか。

次ページへ

sponsored link
コメントはこちら