考察 【File:800】 安室の「なぜここに」は誰のこと?

sponsored link

候補とその意味

世良をみて、その直後のセリフなので世良で良さそうだが…

普通に考えれば世良なのだが、どうして別の人物の可能性があるのかと言うと、女探偵が小五郎や蘭の周りをうろついていたこと、蘭と電話していたことも知っていたし、後ろからバイクで追いかけてきたことも見ている。後になって「なぜここに」と思うのはちょっと無理があるのではないかという疑問。

そこで、沖矢昴という考えもある。デパートにいた人物(安室は火傷赤井とする)がなぜここにいるんだ?と疑問を持ったという考え。

問題は、沖矢が車で到着したのはセリフの後になるので、タイミングがおかしくなる。ただ、車で追い越した瞬間に沖矢はドアを開けている。安室は横を見ており、その時に沖矢は気づいて反応している。あの状況ではコナンを乗せた車を追うのが精一杯だったので、降りた時に改めて考え直したという具合。

世良を見ながら(沖矢がどうしてここに)という表現がちょっと微妙なところだが、この場合はミスリードか。

とは言え、上記のパターンがOKなら、世良についても安室が蘭と誰が話していたかは知らなかったとも考えられる。車からチラ見しているが、沖矢のケース同様に一旦事を終えて落ち着いてからもう一度整理しなおして考えてみた、という流れならなんら問題ない。

あいつ追っかけてきやがる⇒前の車がもうすぐだ⇒ふぅ、とりあえず一件落着⇒それにしても、あいつなんで?というケース。セリフのタイミングでこの疑問が生じたが、世良でも沖矢でも流れ的にはそんなに変わらない。

また、「なぜここに」の意味は、アメリカにいたはずの彼女がここ(日本)にいるのはなぜ?(実は赤井は生きていて何か知っているのでは)と思った可能性もある。

世良と安室は双方に興味があるようなことを言っているので、お互いなにか心当たりがありそう。ただし、世良は「一度会ってみたい」と言っているので、仲間ではない(同じ組織の人物ではない)ようでもある。

この次の話で火傷赤井が世良の前に現れるが、安室=火傷赤井であれば、ここで初めて世良の姿を確認。(なぜ日本にいる?)と考え、赤井秀一のことと関連しているかもしれないと様子を探ったのであれば、流れとしてはすっきりする。

補足

shogaku_naze

小学館公式特設サイトの「安室透」の項で、この場面「世良真純を知っている?」と解説されている。「?」ではあるが、ここは一応ストレートに世良真純についてのことだという可能性が高そうである。

特設サイト

伏線の回収

ミステリートレイン編では、バーボンとベルモットは世良を利用して赤井が死んだことを確認している。

「あの男に変装し、あの男の関係者の周りをしばらくうろついて反応を見ていたんです・・・」「お陰であの男が本当に死んでいるという事がわかりましたけどね・・・」「まぁ、変装させてくれたのは今回、僕の代わりにあの男に化けてくれた仲間ですが・・・」 File:819

コナン:「本当に赤井さんが死んだかどうか確かめるために・・・あの姿で赤井さんの知り合いの周りをうろついていたんだ!」「FBIが彼の死を偽装してるなら反応でわかるから・・・」「まぁ、ベルツリー急行の時は彼を赤井さんに変装させてたベルモット本人が赤井さんに成り済ましていたみたいだけど・・・」 File:850

火傷赤井の目的については解決編の項を参照↓
火傷赤井 – シナリオ関連

世良の前に現れたのは安室=火傷赤井であり、世良の反応を見るため。安室はその直前の話しで、海外にいるはずの世良が日本にいることを確認している。

これで、「なぜここに」は「なぜ日本に」と考えたものであり、世良の帰国が「赤井の件で何か知っているのからでは?」と疑ったことだと判断できる。

世良と安室の面識

世良:「・・・・・・」

蘭:「どうしたの?世良ちゃん・・・」

園子:「あの人達怪しんでるの?」

世良:「あ、いや・・・ギターケースを背負ってる人を見ると思い出しちゃうんだ・・・」「4年前・・・駅の向こう側のプラットホームのたたずむ・・・」「ギターケースを背負った秀兄をな!!」

・・・

世良:「でもさ・・・彼をそう呼んだその男・・・」「帽子を目深に被ってたから顔はよく見えなかったけど・・・」「似てる気がするんだよね・・・」「安室さん・・・アンタにな!!」 File:937

scotch_sera_f937

四年前、世良が駅のホームで兄の赤井秀一がスコッチといるところを目撃。兄が切符を買っている間にスコッチにベースを教わっていると、後からやって来た男がスコッチに声をかけたのを見たのが世良と安室の接点。

世良視点の記憶はやや曖昧で強い疑いをかけている段階なのだけれど、安室はきちんとそのことを覚えており、読者視点でもその男が安室と判断できる。

世良は安室のことをはっきりと知っているわけではなさそうなので、これが唯一直接会ったシーンと思われる。ただ、安室と世良の年齢は離れているので、世良が物心着く前に、あるいは世良との接点はないが、赤井家との接点は他にないとも言えない。

File800で安室が「なぜここに」と世良を見て思ったのは、海外にいるはずの世良が赤井絡みで帰国していたのではと考えたからなのだけれど、三年前から世良が海外暮らしだったことを知っていたのは、四年前に日本のホームで出会い、その翌年海外に渡った事情を何らかの形で聞いたからかもしれない。この事情はまた後で語られるかも。

世良の留学していた国

コナン:(アメリカじゃサッカーの事をフットボールとはまず言わない──って事は・・・)(間違いない!世良が留学してたのはアメリカじゃなく・・・イギリスだ!!)(でも何で世良はイギリスに行ってた事を隠して・・・)(待てよ待てよ・・・)(イギリス・・・)(イギリス・・・)(そうか!)(思い出した!!) File:971

これはまだコナンの予測段階だけれど、世良が留学していたのはアメリカではなくイギリス。次男も同級生に「アメリカ帰り」と言っていたようなので、世良はコナンや蘭だけにアメリカ留学と偽っていたわけではなく、表向きアメリカ留学を偽装していたようなので、安室はどう認識していたのか。

と言う点と、安室もイギリス出身のエレーナと面識があったり、特に安室と関係の深いスコッチにイギリス伏線があったりするので、もしかしたらまだ何か合流点が出て来るかもしれない。

sponsored link
更新日:2016-9-18


コメントを残す