沖矢昴の正体予測

sponsored link

沖矢昴=赤井秀一?

沖矢昴の登場

来葉峠で赤井秀一は死んだと思われたが、生存を匂わせている。その後、最初に出てきた新人物。

赤井秀一が生存しているという根拠は数多くあり、どこかで生きていると思われる。そして、その赤井秀一が姿を消した後に、最初に出てきた人物でもある。

赤井秀一生存の根拠は↓
赤井秀一は生きている?

生きているのなら、「現在どこで何をしているか」のヒントがストーリ上わかるように伏線が張られるはずであるが、沖矢昴以外にそれを推理できる箇所はいまのところない。(火傷赤井は別人と推理される。)

火傷赤井

コナンが信頼

・初登場時にコナンが木馬荘に心当たりのある反応を示す

・「バーボンに気をつけろ」という警告があったにもかかわらず、コナンが初対面から完全に信用し、自分の家に住まわせたりしている

・コナンが自分で推理するところを隠していない

詳細は「沖矢昴=バーボン?(バーボンではないと思える行動や特徴)」の項で説明した通り。

kudou_key_f624

木馬荘の話を初めに聞いた後、コナンは何か心当たりがあるような反応をする。そして、初対面であるはずの沖矢昴に自分の家を貸し「留守をしっかり守るよう」約束。

コナンは組織の恐ろしさ、バーボンが灰原を狙って動いていることはしっかりと認識している(わざとおびきだす作戦でない)が、沖矢を完全に信頼して推理を隠すこともなく、博士の家に入って追跡眼鏡を使ったことも気にしていない。

コナンが自分の頭が切れるところを隠さないのは、一部の警察関係者とFBIなどに限られるが、それは、自分がそうした行動をとっても問題ないと判断した場合のみである。

灰原が警戒している人物に対して、初対面でそれを判断する理由はない。つまり、コナンは沖矢昴の正体を知っているようである。

また、コナンはFBIのジョディより組織の切れ者が動き出したことを警告され、灰原をしっかり守ってあげることを約束している。無警戒で家を貸したのではなく、FBIに灰原をしっかり守ると約束したように、沖矢に「留守をしっかり守るよう」約束したのである。

デパートのキールの会話によると、コナンと赤井秀一は事前に赤井の死を偽装して姿を隠すような秘策を考えていたようなニュアンスである。これらは、コナンの考える「イチかバチかの大勝負」の一貫と考えられる。

【コナンが完全に信頼】【コナンは灰原を気にかけている】の項を参照↓
沖矢昴 – 人間関係

セリフのシンクロ

世良真純との共通点 ─

世良真純は赤井秀一の妹と推理される↓
世良真純の正体予測

沖矢は赤井&世良と同じセリフ(口癖)がある。

─ エリア(領域)

世良:「ここから先は、ボクらの領域だから・・・」 File845

赤井:「消えろ!!」「このエリア(場)から今すぐに!!」 35巻

沖矢:「ここから先はこちらのエリアだ・・・」「君の領分じゃない・・・」 File:815

沖矢:「さすがに姉妹だな・・・」「行動が手に取るようにわかる・・・」「さぁ・・・来てもらおうか・・・」「こちらのエリアに・・・・」 File:823

─ 逃しやしない

世良:「でもまあ、犯人はまだ確実にこの列車内だ・・・」「逃しやしないさ!」 File:820

沖矢:「そんな顔をするな・・・」「逃しはしない・・・」 File:800

赤井との共通点 ─

・赤井の相槌の癖が沖矢に出たことがある。(58巻で赤井秀一が「ホー」と相槌を打ち、60巻でも沖矢昴が「ホー」と相槌を打っている)

ただし、「ホー」の口癖については他の人物も使う事がある。

─ そんな顔するな

沖矢:「そんな顔をするな・・・」

灰原:「えっ?」

沖矢:「逃しはしない・・・」File:800

赤井:「そんな顔するな・・・」「この作戦の成功は必然だ・・・」「それとも俺の保証だけじゃ・・・」「不安かな・・・」

コナン:「いや・・・」「全然・・・」 File:602

akai_phrase_f602

「そんな顔をするな」は赤井秀一がコナンに対して、そして灰原は沖矢昴にそれを言われた。

回想:沖矢(そんな顔をするな・・・ 逃しはしない・・・)

灰原:(そんな顔をするな・・・ そんな顔・・・)

回想:赤井:(そんな顔をするな・・・ 命にかえても守ってやる・・・)

灰原:(諸星大・・・ 組織を裏切った・・・)(お姉ちゃんの恋人・・・) File:802

haibara_akai_f802

さらに、灰原は沖矢昴に言われたことを、以前に赤井秀一(諸星大)にも言われたことを回想している。これは沖矢=赤井ではないかと読者が気付くためのボーナスヒント。

コナン:「あんなに毛嫌いしてたじゃねーか・・・」

灰原:「いつまでも好き嫌いなんて言ってらんないわ・・・」

灰原:(それにあの人・・・)(もしかしたら・・・) File:809

haibara_face_f809

以降、灰原は沖矢のことを諸星大と疑うようになる。その後のストーリーで首元の確認に失敗したり、ミステリートレインで偽の火傷赤井を目撃したりでうやむやになるが…

組織と「狼」と表現 ─

赤井:「迎え撃とうじゃないか・・・」「はぐれた仲間を連れに来た黒い狼共を・・・」 File:599

沖矢:「ああ・・・聞くだけ無駄ですよ・・・」「馬鹿な狼共がみすみす獲物を狩損ねたっていう・・・」「ちんけな話ですから・・・」 File:704

また、赤井と沖矢は二人とも組織のことを「狼」と独特の表現している。

変装と考えられる

↓も参照
沖矢昴の変装方法について

警察に出会いたくない ─

沖矢:「いや・・・ 通報するのは警察と面識のある君の方が適任かと・・・」 File:640

・・・

沖矢:「ではこの事を毛利さんに知らせてください・・・」

博士:「えっ?警察じゃなくて?」

沖矢:「こうなった経緯を正確に警察に説明できるのは彼らのみ・・・」「車種と色とナンバーを伝えて検問を張れば止められます・・・」 File:800

・・・

「警視庁の前で路駐するのも何ですから・・・」「彼を待つなら駐車場に移動して・・・ 車の中で待ちませんか? File:810

胸ポケットに銃を隠していることから、色々調べられたくないのか、警察に会いたくないのも納得。

偽装されたプロフィール ─

沖矢:「それは奇遇だなぁ・・・ボクも工学部の博士号を取ろうと大学院に通ってる身でね・・・」「家はこの近くなのかい?」

光彦:「はい!すぐそこです!」沖矢:「その博士に会ってみたいんだけど・・・」歩美:「いいよ!案内してあげる!」

博士:「ホォー・・・工学部の博士号を・・・」「行く行くはワシの商売敵になるわけじゃな?」

沖矢:「いえいえ・・・」「好きでやり続けているだけですのえで・・・」 File:624

・・・

蘭:「ところでどこの大学院なんですか?」

沖矢:「東都大学の工学部に・・・」

・・・

園子:(わっ!イケメンでエリートじゃん) File:638

灰原:「あの人いつも暇そうにしてるし・・・」 File:809

灰原:「あら・・・体を鍛えなきゃいけない理由でもあるのかしら?」

灰原:「あら・・・随分殺しの事に詳しいのね・・・」 File:809

沖矢昴は大学院生と紹介しているが、実際に大学に通っている描写はなく、灰原にも「いつもヒマそう」と突っ込まれている。大学院生というのは偽装したプロフィールだと考えられ、別人として生活していることから見た目も本来の姿と変えていると考えられる。

また、沖矢の正体を疑い始めた灰原はいろいろと詮索をし出す。

首下に秘密がある(変声機?) ─

沖矢:「もっとも・・・ この暑い最中、息を潜めてジリジリと獲物を待っている連中には・・・」「熱くて苦いコーヒーを御馳走したいところだがね・・・」

とか言いながら、自分は暑い最中でも襟付き長袖の服装をしている。

okiya_neck

園子:「だってホラ、あの人いつも首元隠してるじゃない!」「だから首に恥ずかしい刺青とか入れてて、隠しているんじゃないかってね!」

蘭:「そーいわれればそうねぇ・・・」

園子:(首元に刺青はなかったか・・・) File:812

園子にも疑われるが、工藤邸の洗面所で対面した時は首元には何もなかった。しかし、歯磨きをしていたので声は出していない。

詳細は↓
考察 【File:812】 歯を磨く沖矢とそれを見た世良の反応

沖矢:「ここから先はこちらのエリアだ・・・」「君の領分じゃない・・・」「大人は寒がり・・・」「風の子じゃありませんから・・・」 File:811

haibara_remove_scarf

灰原は沖矢を諸星大(赤井秀一のスパイ時代の偽名)と疑っているが、寝ている隙に首元のスカーフを外そうとして失敗した。もちろん、見た目は沖矢と赤井で全然違うので変装の確認となるだろう。

伏線からして首元に何か秘密があることは確かであり、これが沖矢=赤井とわかる証拠となるものか、変装の道具となる変声機を隠していると考えられる。

また、工藤新一の家に女性が出入りしている(工藤有希子?)などの情報から、沖矢の顔は変装ではないかという予測が立つ。

詳細は↓
考察 【File:812】 新一の家にいる女の存在?

ミステリートレインで開眼 ─

詳細は後述。ミステリートレインでは目を開くが、これは普段意味もなくギャグで細めているわけではなくて、変装であることを意味する。

他のヒント ─

沖矢:「いや・・・ 強いて挙げれば黒ですね・・・」「知られたくない自分の内面を覆い隠してくれるようで・・・」「まあ、同じ理由で黒は嫌いな色でもありますけどね・・・」 File:623

「自分の内面を覆い隠してくれる」のセリフは変装を示唆。

black_white_f624

コミックのタイトルである「白と黒」は昔組織に潜入したFBIとしての顔と黒の組織のメンバーとしての顔の二面性を示唆。

また、仮面は変装(仮面(変装マスク)を被っている)のヒントだと思われる。これは、シャア・アズナブルの象徴である”仮面”を表したオマージュでもある。

次ページへ

sponsored link
更新日:2017-2-11
コメントはこちら