沖矢昴の正体予測

sponsored link

沖矢昴=バーボン?(バーボンではないと思える行動や特徴)

コナンが信頼

灰原:「今の電話、FBIのジョディ先生でしょ?」

コナン:「だーい丈夫! オメーは何も心配する事ねーって・・・」

灰原:「オメーはって・・・また何か隠してるわね?」

コナン:「あ、だからまだ事件とかが起きたわけじゃねーから・・・」 File:622

灰原:「ちょっと・・・」「何考えているの?」「あなたは組織に殺された事になっている工藤新一なのよ!!」「もしも家に来る電話や手紙であなたが生きている事があの人の口からバレたら・・・」

コナン:「大丈夫だよ!」「ホームズファンに悪い人はいないから!」「はいこれ、家の鍵!」

コナン:「その代わり・・・」「留守はしっかり守ってよ・・・」

沖矢:「ああ・・・もちろん!」 File:624

灰原:「ええ・・・別に来たくなかったけど、1人で留守番したくもなかったのよ!」「得体の知れない不気味な人が住んでる・・・」「あの家ではね・・・」

コナン:「ああ・・・ 沖矢昴さんのことか?」「あの人なら大丈夫だよ! いい人みたいだから・・・」 File:680

conan_trust_f624

コナンが沖矢昴に会う直前、ジョディからキールが組織の切れ者が動き出したことを荒い口調で伝えてきたと連絡を受ける。そして、コナンは灰原を目を離さずに見守ってあげることを約束。

灰原には、「だーい丈夫! オメーは何も心配する事ねーって」と言葉をかけている。にもかかわらず、頭の切れる沖矢昴に全く警戒していないどころか、驚くこともせず、むしろ逆に完全に信頼しきっている。

コナンは木馬荘の話をした時に心当たりがあるような発言をし、灰原が組織の気配を感じたにもかかわらず、「留守はしっかり守って」とお願いして沖矢昴を自分の家に住まわせた。

餌にしているわけではない ─

コナン:<そうだ!昴さんに車で迎えに来てもらえばいいんじゃねーか?>

灰原:「あのねぇ・・・」「あんたはどう感じてるか知らないけれど・・・」「私は、あの人があなたの言う黒ずくめの仲間の1人じゃないかって・・・ 疑ってるのよ?」

コナン:「んなわけねーよ!もし、そーならオメーもオレももうとっくに殺されて・・・」

灰原:<まさかあなた・・・>

「あの人を自分の家に閉じ込めて見張ってるつもりじゃないでしょうね?」「私という餌をぶらさげてあの人が動き出すかどうかを・・・」

コナン:「バ、バーローんな事するかよ!?」

灰原:<とにかく、何か理由でをつけてあの人をあなたの家から追い出してくれない?>

「もしかしたらあの人からの情報で組織を裏切ったシェリーだという事も、組織に殺されたはずの工藤新一がまだ生きているって事もバレているかもしれないわよ!」「そう・・・私達を秘密裡に消すために着々とことを進めて、もうすでに組織の刺客がすぐそばまで来てるかも・・・」 File:680

灰原は「コナンが組織に殺された事になっている工藤新一であり、生きている事があの人の口からバレたら」と警告、後に、灰原は「あの人を自分の家に閉じ込めて見張ってるつもりじゃ~」「あの人からの情報でもうバレているかも」(現時点で沖矢が原因でばれたと思われる形跡はない。)と問い詰める。

だが、コナンは「もし、そーならオメーもオレももうとっくに殺されてる」「もしも黒ずくめの奴らの仕業なら、博士を殺してオメーが帰宅するのを待ち伏せてるはずだし」「家に火をつけられ、オメーがいた痕跡は根こそぎ消されてる」と組織の危険性は認識していることから、組織をおびき出すような妙な作戦でもないことが分かる。

そんなことをすれば、博士や博士の家に遊びにくる少年探偵団、近所の小五郎や蘭にまで危険が及ぶのでありえないが…

これは、コナンが沖矢昴の正体を知っている(味方である)という裏づけになる。

詳細は「コナンが完全に信頼」「コナンは灰原を気にかけている」の項を参照↓

沖矢昴 – 人間関係

世良OR安室から組織臭

灰原:(ドックン)(何!?)(何なの? この感じ・・・)(何かが追ってくる・・・) File:800

haibara_sensor_behind_f800

灰原は沖矢から一瞬で消える組織の気配を何度か感じるが、バーボン候補である他の2名(世良、安室)のどちらかからも組織の気配を感じた。(後に、ミステリートレインでは世良からは感じていないこともわかる。)

動き出したとされるのはバーボン1人であり、赤井秀一に匹敵するスペックの組織のキャラが同時にコナン周辺で調査をしているというのは考え難い。

このことから、通常と違う組織臭の沖矢ではなくて、もう一つの組織臭がバーボンのものである可能性が高いと考えられる。

沖矢の行動

沖矢:「ホラ、あの銀行で強盗事件があっただろ?」「あの事件を振り返るニュース映像に知人が映っていたから、もしかしたらあの銀行を利用しているんじゃないかと来て見ただけさ・・・」「利用してるならこの近辺に住んでいるはず・・・」「会えたらラッキーだと思ってね・・・」

コナン:「じゃあ、その人と会えなかったの?」

沖矢:「いや・・・ 偶然あのフロアで見かけたんだが・・・」「残念ながら人違いだったようで、声はかけなかったよ・・・」「昔からよーく知った顔だから・・・」「見間違えるわけないからね・・・」 File:704

デパートで火傷赤井と同じフロアにいたこと。別に詳しく書いたのでここでは簡単に説明するが、銀行とデパートに現れた頬に火傷のある男は共に、数ある根拠から本物ではないことは推理できる。

火傷赤井
考察 【File:704】 ジンが引き上げた理由は?

話の流れからバーボンがデパート内で何か独断専行で行動していることがわかり、さらに、デパートで赤井秀一瓜二つの頬に火傷のある男が組織に気づいてキャンティに笑いかけたにもかかわらず、ジンはベルモットから何かを説明された後はその男を全く気にせずに撤退している。

火傷赤井がバーボンでなければ、その人物が誰であろうと、組織を知っている人物が赤井秀一のふりをして組織の前に挑発するように現れたら何か手を下そうとするはずである。よって、ベルモットの会話の内容は火傷赤井がバーボンであることを説明して、ジンはそれを知って「独断専行で~相変わらず気にくわぜぇ」と発言、火傷赤井の放置して撤退したのだとわかる。

また、ジンがバーボンを赤井秀一と一瞬信じ込んだことから、火傷赤井は変装であることもわかる。(バーボン本来の顔なら間違えないはず。)ベルモットがバーボンと何か企んでいることからもそれは推理可能で、後に実際に協力関係にあることもわかる。

よって、バーボン=火傷赤井という推理が成り立ち、沖矢昴と火傷赤井は同じフロアに居合わせたことから、沖矢昴はバーボンではないと言える。

灰原との関係

ベルモット:「ええ・・・その情報を入手したバーボンも同意見よ・・・」「彼女が偶然接触した第三者にそう言っていただけだから確度は低いと・・・」「でも、シェリーがその列車に乗るのなら狩り場としては最適だと思わない?」 File:818

vermouth_bourbon_f818

コナンや灰原のことが組織にバレていない。バーボンの目的はシェリーと赤井秀一である。沖矢は登場から灰原を監視するような行動を取っているが、組織に連絡をするでもなく、灰原を狙うわけでもなく、あくまで灰原がピンチになった時に助けに来るだけである。これではバーボンの目的を何も果たしていない。

File800「立体交差の思惑」のアニメ版では、沖矢が灰原が子供ではないことを知っているセリフが追加されている。(灰原が宮野志保であることをしりつつも何もしていない。)

また、ミステリートレイン最初のベルモットのセリフから、バーボンは灰原の幼児化を知らないことがわかる。(バーボンが宮野志保を捜していたことは確かで、群馬の山奥にいたことをムービーで知りベルモットに報告している。よって、灰原=志保には気付いていないことがわかる。)

ミステリートレイン

沖矢:「どうやら天は我々に味方しているようですね・・・」 File:820

ウオッカ:「どうやらケチは殺しがあったようですが・・・」「ツキはこっちに向いてるようですぜ・・・」「兄貴・・・」 File:820

moon_f821

沖矢は「我々」に天(太陽)が味方していると言っている。一方で、ウオッカは「こっち」にツキ(月)が向いていると言っている。

それぞれ自分達が優勢であることを意味しているが、太陽と月で対比させてそれぞれのグループが対照的な組織であることを表現してる。

ウオッカ、ジンなどの黒の組織が「月」なので、「天」である沖矢はコナンサイドの人間だという事がわかる。ベルツリー急行に宮野志保が乗ってくると組織(ベルモット)に報告したのはバーボンなので、この回では組織サイドの人間。つまり、沖矢はバーボンではない。

ロンドン編

ロンドン編でコナンと阿笠博士は灰原をおいてロンドンへ行ってしまっている。沖矢が得体の知れない人物であるのなら非常に危険である。

ちなみに、OVA【ロンドンからの秘指令】はこの間のエピソードで、灰原は歩美ちゃんの家に泊まりに行っているという裏話がある。これはパラレルの話であるが、灰原1人で博士の家で留守番というのもどうかと思うので、真実かもしれない?

次ページへ

sponsored link
更新日:2017-2-11
コメントはこちら