組織編の推理の仕方

sponsored link

論理問題の正解

【答え】:B

赤と白の帽子が2つあることがポイント。

まず、CはAとBの帽子の色がわかるので、A,Bが赤(白)なら自分はそれとは違う色とわかる。しかし、A,Bそれぞれ違う色だった場合は、自分はどちらの色か絞ることはできない。

帽子が各色2つしかないわけだから、BはCが「わかった」と答えた場合、前にいるAと同じ色だとわかる。Cが黙り込んだ場合、自分の前にいるAとは違う色であるとわかる。つまり、Cの反応を参考にすればどのパターンでも確実に当てることができる。

DはCが「わかった」と答えれば、Cと同じ色であることはわかるが、どちらの色かは判断できない。Cが黙り込んだ場合も、Dは赤白どちらも考えられる。

AはCが「わかった」と答えれば、Bと同じ色、黙り込めばBとは違う色だとわかるが、赤白どちらかまでは判断できない。

sponsored link

コメントを残す