火傷赤井の目的は?

sponsored link

火傷赤井の正体について

正体についての詳細の考察は↓
火傷赤井の正体予測

⇒ミステリートレイン(File:818-824)、ジョディの追憶とお花見の罠(File:850)で火傷赤井の正体と目的の伏線は回収。

本物の赤井なのか?

scar_akai_top

米花百貨店、帝都銀行と2度に渡り姿を現した火傷赤井であるが、その目的は一体何なのであろうか?

本物とは利き腕が違うこと、百貨店の外でのジンの会話や行動などから本物の赤井秀一でないことは分かる。

また、キールの発言から、コナン・赤井・水無怜奈(キール)は、水無が組織に戻る前に、その後の展開を事前に予想していたようなことを匂わせている。

赤井秀一が生きていることが分かれば、せっかく赤井秀一を死んだことにして水無をスパイとして組織に戻した、コナンと赤井が杯戸中央病院で考えた「イチかバチかの大勝負」の意味がなくなるどころか、ジンに裏切り者とばれて殺されてしまう可能性もある。

このことから、その後を予想していた赤井秀一本人が街やデパートを不用意にぶらつくことはないはずである。しかも、火傷赤井は大胆にもジンの前に姿を現し、キャンティに笑いかけてもいる。

結果的に、「赤井秀一が生きていたら亡霊になってもらう」と言っていたジンも、火傷赤井を見てもキールに手を下さなかったことも事実である。

例え、ベルモットとの会話がボスからの撤退命令であったとしても、あれが赤井秀一本人であれば、キールは殺されるか何かされているはずである。だが、その後に殺されるどころか何かを言われることもなかった。

コナンも、赤井秀一に似た男のことを「赤井さん」ではなくて「その男」と呼んでいる。

さらに、黒の組織だけでなく、ジョディに意識的に近づいたりメッセージを残したりことから、FBIのこともよく知っている人物であることも分かる。

何者なのか?

キールはジンに動き出した”バーボン”の行動について聞いているが、「奴の面は拝みたくねぇ」とあまり仲がよろしくないような話しぶり。

その後、すぐに火傷赤井が出現。キャンティがジンに射撃の許可を迫ると、すかさずベルモットがそれを止めようとする形でジンに話しかけ、「あの方の許可は得ているのか」「独断専行か~相変わらず気にくわねぇ野郎だぜ~小説の中だけにしてほしいぜ、シャーロックホームズのような探偵は・・・」と言っている。

「相変わらず気にくわねぇ野郎」「シャーロックホームズのような探偵」と言うのは文脈から「奴」(バーボン)のことを指し、ジンの言う「ベルモットと同じ秘密主義者」、キールが言う「情報収集及び観察力・洞察力に恐ろしく長けた探りや」、コナンが「探偵のような奴」と考えるバーボンが、ホームズのように勝手に独断で探偵のような行動をしているということである。

射撃直前にベルモットの一言でジンは引き上げることを決断したことから、独断専行の内容は火傷赤井に関わることであることも分かる。

次ページへ

sponsored link
コメントはこちら