赤と黒のクラッシュ:ジェイムズに送られた「コロンバイン」の意味

sponsored link

「コロンバイン」の花言葉

ジェイムズ:「コロンバイン・・・日本では「おだまき」と呼ばれている花だな・・・」「これを組織が私に?」

ジョディ:「ええ・・・」「昨夜拳銃自殺した組織の仲間の名を依頼主の名前に使っていましたから間違いありません・・・」「一応、病院に来た人の手荷物は警備員を装って全てチェックしていたんですが、さすがに宅配の荷物の中身までは・・・」

ジェイムズ:「しかしなぜこんな花を私に?」「コロンバインはコロラド州の州花だが・・・」

コナン:「必ず手に入れる!!」

ジェイムズ:「え?」

コナン:「その花の花言葉だよ!」「それの他に「断固として勝つ」って意味もあるけど・・・」

赤井:「・・・宣戦布告ですかね?」

ジェイムズ:「ああ・・・」「そのようだな・・・」 File:600

columbine_anime_498

組織は楠田陸道の名前を使って、ジェイムズ・ブラックに爆弾入りのコロンバイン(おだまき)の鉢植えを送りつけてきた。

コナンたちはコロンバインの花言葉から、それが「宣戦布告」を意味していると解釈したのだけれど、読者の間ではもう一つの花言葉である「気がかり」という意味から、組織がボスであるジェイムズを気遣って送ったのではないかという憶測も。

この説が浮上したのは、日本の花言葉サイトで「”あの方が”気がかり」という説明が書いてあったことも原因と思われる。

花言葉が「あの方が気がかり」なので、コロンバインを送った意味も「「あの方が気がかり」ではないか」、というのはそのままなのだけれど、もちろん”あの方”というのはある対象を指すという意味であって、名探偵コナンにおける”あの方(ボス)”ではない。「××が気がかり」「○○のことが気がかり」という意味でしかない。

ジンやベルモット(ウオッカ)を混ぜるとアガサというカクテルができるというデマ(本来のレシピは違う)が阿笠博士説として広まったように、これも一種のネタとして作られたものが、本当の説のように拡散してしまったのかもしれない。

また、花言葉は花の色によって違うのだけれど、前述したサイトの花言葉は色の記載が誤っていると思われる。本来は白=あの方が気がかりではない。

海外含め(ジェイムズは外国人なので英語の解釈も考慮に入れる必要がある)複数のサイトで共通しているのは、コロンバインの一般的な花言葉は「愚か(folly)」。そして、紫の花言葉が「断固として勝つ」。赤の花言葉が「心配(anxious)」となっている。

ちなみに、アニメ版では紫と白の混色。アニスタが意識して描いているのか不明だが… 一応この時期になると重要な伏線は教えてもらっているようであるが、まぁあてにはしないほうがいい。

コミック版は色の判別はつかないが、赤を意識した場合はもう少し違う塗り方になるのではと思われる。

あのコロンバインが赤であったのなら、例えばベルモットがFBIに囲まれているジェイムズがいつバレるか心配でしょうがないという気持ちを伝えるために、コロンバインを送ったという解釈でも間違いではない。

ただ、赤である可能性は低いのと、コナンと赤井の二人が紫の花言葉である「勝利」の解釈をしている。色によって花言葉が違いがあることくらい二人なら知っているであろうし、赤と紫の色を間違えることはない。もし組織の送ったメッセージが「気がかり」という意味であったのなら、二人は単純な知識不足から間違った推理をしたことになってしまう。

J.Bの若い頃の髪色

ジェイムズの小ネタ。ジェイムズ・ブラックはロンドン生まれのシカゴ育ち。クイーンズイングリッシュを話す。話し言葉はどこで生まれたかではなくて育ちで決まるのでアメリカ南部訛りのはずなのだが…

育ちがアメリカでも教育に影響する両親がイギリス英語だからであろうか。それだけでなく、世間の話し言葉に影響させずにイギリス英語を崩していないのだから、コナンがクイーンズイングリッシュのことを「女王陛下仕込み」と例えているように、由緒正しい家系の可能性も。

james_black_437_596

そんなジェイムズ・ブラックであるが、なんと若い頃の髪の色は真っ黒。J.Bは43巻,57巻で2回ほど自身の回想シーンがあるのだけれど、両方とも黒。現在は白髪頭になってしまっており顔立ちからも欧米の人にしか見えないのが、黒髪だったというのはなんとも意外。

ジェイムズの年齢は明らかにされていないが、ジョディは28歳とされている。ジョディの両親が殺害されたのは20年前。証人保護プログラムを受けるよう進められたのはその直後であるはずなので、FBIに入れろと啖呵を切ったのも20年前。

どうやら、ネットで調べる限りではFBI(事務員ではなくて捜査官)は定年が57歳くらいとのこと。今のジェイムズの見た目はほぼそれに近いのではと思われ、20年前だと大体30代半ば前後の時の姿ではないかと推測される。

ジェイムズの髪色設定が黒であることはほぼ間違いない。イギリス人だから金髪というのは極端なステレオタイプであるが、アメリカ人であるジョディやベルモットは金髪だし、血筋は生粋のロンドンっ子と思わせて(思わせているだけかもしれないが)、あえて典型的なイメージの金髪にしなかったのは何か理由があるのだろうか。イギリス王家で黒髪の有名人物がいれば、その家系とか?

まあ、ドイツ系のキャメルも黒髪であるし、アジア系と言っても名探偵コナンでは中国だとか東南アジアとかまで話は広がっていないので日本になるのであろうが…

FBIなので捜査のために日本語を勉強しろと言われればやるだろうし、それができるくらい優秀であろうが、日本に来たのは赤井に呼ばれたから。元々、日本語を勉強するきっかけがあり、それは、もしかしたらどこかに日本人の血が入っていたりとか、日本と何らかの縁があったからという裏設定なんかもありえるかもしれない。

james_black_anime_347

アニメ版でもきちんと髪の色は反映されている。ジョディが茶髪で表現されているのだから、ジェイムズの髪色がアニメの都合で黒になったわけではない。ちなみに、コミックス57巻、赤と黒のクラッシュ方の回想シーンはアニメ版ではカットされてしまっている。

sponsored link
更新日:2018-3-24

コメントを残す