【青春18きっぷ】で東京⇒鳥取まで1日で行きました

sponsored link

タイトルの通り、今年はなんと、青春18きっぷを使って鳥取まで行ってきました! もちろん、往路片道のみです(笑)いつか挑戦したいと思っていたのですが、鳥取まで行くのに慣れはじめた今年、ついに決行しました。

18きっぷについては、使ったことのない人でもネット時代の今は名前くらいは聞いたことがあると思うので、ここで細かい説明はしませんが、毎年春・夏・冬に期間限定で1ヶ月~2ヶ月の間、JRの普通電車が1日乗り放題になるチケットです。

チケットは11,850円で5日分が1枚。(計算上は1回あたり2,370円)日付は連続している必要はなく、期間内なら好きな時に使えます。一部、フェリーなんかも乗れるところがあるみたいなんですが、基本的にはJRの普通列車のみで、新幹線や在来特急などと併用は不可。快速、いわゆる大抵の私鉄で言うところの急行は問題なしです。つまり、JRの普通列車のみで乗り継ぎながら鳥取まで行くことになります。

想像しただけでヤバそうですよね(笑)でも、意外と大丈夫でした。実際に体験した感想はまた後で書きます。あと、いきなりなんですが、実は”ズル”をしました(笑)それも後述します。それから、今回は岡山経由を使ったので、インチキなしで行く方法、ダイレクトに鳥取まで向かう方法だと若干異なります。

コナン関連以外の目的でこの記事にたどり着いてしまう人もいあるかもしれないので、一応説明しておくと、イベントが目的で鳥取に行くため、時期はお正月です。18キップ利用期間中ならそれなりに参考になるかもしれませんが、ダイヤや混雑度とかは行く日によって変わってきます。

予定・前準備

青春18切符の購入

なにわともあれ、18切符を手に入れなければ始まらない。しかし、18切符は5日分で1枚。必要日数だけあればいいんです。どうするかというと、もちろんオークション。基本はヤフオク。チケキャン(来春閉鎖)は扱いなしでした。◯ルカリは金券の出品が規約違反っぽいですが、狙ってチェックしてるとたまに出品されることがあり、手早く落としちゃえば問題ないようです。まぁ、あくまで自己責任で。

しかし、多くの人が冬休みから大晦日や正月休みに使用するため、余裕を持ってチケットを正月前に確保するのはそれなりの落札テクニックが必要です。

【平成29年度 冬季用】

発売期間:平成29年12月1日(金)~平成29年12月31日(日)
利用期間:平成29年12月10日(日)~平成30年1月10日(水)

冬季販売は12月頭からですが、オークションを見ると12月中旬から下旬くらいまで「返却」を条件にして出品されているものも多いです。値段も売り手側有利。そのため、先に必要日数分残し返却してもらう条件で、出品に回るのも手かもしれません。個人的には運良く1回残しが比較的安価で手に入ったので、あまり苦労はしませんでしたが。

18きっぷ自体に売り切れとかはなく、発売期間終了日(販売期間と利用期間は異なるので注意)までにみどりの窓口に行けば確実に買えるので、そこは焦らなくても大丈夫ですが、使用後に売ろうとしても利用期限が1月10日までなので、今度は買い手市場になってしまいます。

1枚をグループ利用することもできるので、友だち2人と2日に分けていくとかすれば、1枚だけ新規で購入して1回余らせてもそれほど損はしないかと。もちろん、3人で3回分欲しい場合、3回余りのを落とすのも、1回×3枚で落とすのも自由。1回で十分なのに2回分しか手に入らなかった場合、発送を使用後の条件にしてオク出しておけば売れるかなとは思います。

今春にネットでのチケット転売規制の法案が通るみたいなんですが、あくまで数量制限のあるチケットの転売、一個人の大量販売とか定価を極端に上回る高額転売の場合で、個人が未使用分の18きっぷを売り買いするのはたぶん、関係ないかなとは思います。

ムーンライトながら

先程書きました、インチキです(笑)詳細は検索すれば分かるとして、ムーンライトながらは東京駅 – 大垣駅間を東海道本線経由で運行する夜行快速列車。

これは普通の快速扱いで、なんと青春18きっぷと併用可能。つまり、乗り換えなしで名古屋を超えて岐阜まで行けてしまうのです。いわゆる大幅なショートカット。

ただし、全席指定席なので別途指定席券(520円)の購入が必要なのと、運行期間が限られていて、基本的には18きっぷ利用期間のそのまた一時期のみ。例えば2017-2018年の冬は12月23日(土)~ 下り1月2日(火)、上り年1月3日(水)のみ。話そうDAY参加だと、復路(上り)は時間的に間に合いません。

予約は通常の新幹線や特急券などと同じで、乗車予定の一ヶ月前から購入可能。このチケットは窓口でもネットでの購入も可能で、その分、売り切れも早いので注意。18きっぷを使い、且つ「ながら」を使う予定なら先にこっちの確保が優先。

窓口は購入の事前予約(場所によって時間は違う)が可能なので、利用予定者の中には窓口に申し込みつつ、じぶんでネット待機する人もいるとか。まぁ、どうしても手に入らなければ、これもオクに出ていることも。たぶん、結局二枚買えて一枚を売る人とかもいるのかも。

それからもう一つ重要なことは、実はこのムーンライトながら、出発の東京発が23:10で、日付をまたいで大垣に5:50に到着することになっている。青春18きっぷは改札(駅員にハンコをおしてもらう)を通った、その日1日を1回分とするため、日付をまたぐと2回分必要になってしまう。別に2日分使っても良いけれど、もったいない。

日付が変わるのは小田原手前なので、東京 – 小田原間の切符を購入して切符で入り、ながらの車内で駅員さんに18きっぷのはんこを押してもらうか、小田原から乗車するか。JR線の東京 – 小田原間よりも、小田急線の新宿 – 小田原間のほうが運賃は安く、またやはりオークションで小田急の株主優待きっぷを安く購入すればもっと節約することもできるため、小田原から乗車する人も結構いるとか。

ちなみに、東京発のながら指定席を購入し、小田原から18きっぷで乗車する場合、ながらと18きっぷの乗車日付が1日ずれます。当たり前ですけど。この辺は間違えないように要確認事項です。

始発の東京からなら乗車時間に余裕があるので慌てることもないし、写真を撮ったりとかもできそうですが、どうせ指定席だし、18キップを0時過ぎてから使うというシンプルさを重視して今回は小田原から乗ることにしました。

簡易乗り換え経路

調べていて、Yahoo乗り換え案内とジョルダンで検索結果が違うこともあることに気づきました。ジョルダンのほうが、Yahooでは出てこないルートを出してくれました。また、ジョルダンは18キップ専用の検索条件もあります。そのため、アルゴリズムがより詳細なのかもしれません。

駅の構内図、時刻表もすぐに出せます。乗り換えをスムーズに行うため、事前に構内図を一度見ておくことは必須。とは言え、そんな複雑な乗り換えはありませんでしたが。

一方で、Yahooは出発駅から目的の駅までの途中の停車駅と、その到着時間を検索結果からワンクリックで出せるので、こちらはYahooが便利。18キップの旅は駅から駅までが長いので、今どこにいるのか、乗り間違いがないかなどをチェックするのは必須。経路に◯番線到着とかも出ますし、スムーズな乗り換えには事前のチェックが欠かせません。

まぁ、両方使い分け。経路をジョルダンで作成し、路線ごとに分けて詳しく確認するのはYahooと切り替えるのが良いかもしれません。

今回は岡山(倉敷)を経由して、米子方面から倉吉に入りました。直接鳥取駅⇒倉吉駅へ向かうなら京都までは共通で、そこから経路が分かれます。(鳥取は福知山方面へ)

ダイヤは2018年度の正月(休日)。また、倉敷で遊んで、当日は米子まででストップしたため、以降の時間は人によりけりです。

【ムーンライトながら号】

東京(23:10)⇒品川⇒横浜⇒小田原(00:31)⇒沼津⇒静岡⇒浜松⇒名古屋⇒岐阜⇒大垣(05:50)

【JR東海道本線・米原行】

大垣(05:53)垂井⇒関ケ原⇒柏原⇒近江長岡⇒醒ケ井⇒米原(06:27)

【JR琵琶湖線新快速・播州赤穂行】

米原(06:29)⇒彦根⇒能登川⇒近江八幡⇒野洲⇒守山⇒草津⇒南草津⇒石山⇒大津⇒山科⇒京都⇒高槻⇒新大阪⇒大阪⇒尼崎⇒芦屋⇒三ノ宮⇒神戸⇒明石⇒西明石⇒加古川⇒姫路(09:03)

【JR山陽本線新快速・播州赤穂行】

姫路(09:11)⇒英賀保⇒はりま勝原⇒網干⇒竜野⇒相生(09:30)

【JR山陽本線・岡山行】

相生(09:32)⇒有年⇒上郡⇒三石⇒吉永⇒和気⇒熊山⇒万富⇒瀬戸⇒上道⇒東岡山⇒高島⇒西川原⇒岡山(10:38)

【JR伯備線・備中高梁行】

岡山(10:40)⇒北長瀬⇒庭瀬⇒中庄⇒倉敷(10:57)

【JR伯備線・新見行】

倉敷⇒清音⇒総社⇒豪渓⇒日羽⇒美袋⇒備中広瀬⇒備中高梁⇒木野山⇒備中川面⇒方谷⇒井倉⇒石蟹⇒新見

【JR伯備線・米子行】

新見⇒備中神代⇒足立⇒新郷⇒上石見⇒生山⇒上菅⇒黒坂⇒根雨⇒武庫⇒江尾⇒伯耆溝口⇒岸本⇒伯耆大山⇒東山公園⇒米子

米子はもう鳥取県内なので、そこから倉吉までは省略します。姫路⇒相生の播州赤穂行は連結後ろ車両切り離し(後ろ姫路止まり)でそのまま直通だったため、乗り換えずに済みました。そのため、岡山駅までなら乗り換えはたったの3回。ただ、岡山(倉敷)から鳥取(米子)はイメージしていたより遠かった(笑)

詳細は後でまた書きますが、よく見ると、乗り換え時間が2,3分のものがいくつかあります。しかし、ほとんどの場合はホームはそのまま、向かい側に到着して待っている列車に乗り継ぐだけだったので、これがむしろ好都合。待ち時間なく出発したため時間短縮でき、寒い中ずっと停車してイライラするようなこともありませんでした。トイレは車内にもあります。

ただ、事故などで電車が遅延した場合は、スケジュールが大幅に狂うかもしれません。通過待ちのように、前の電車の到着を待つタイプなら乗り継げますが、今回は幸いスケジュール通りだったのでちょっとわかりません。とは言え、ムーンライトながらを使い夜間に出発する場合、目的地までの到着時間にはかなり余裕があるため、遊ぶ時間がなくなるだけで、最悪到着だけならはそれほど問題ないかと。

大垣から鳥取、倉吉までダイレクトに向かう場合でも、夕方4時過ぎには到着できる計算。ホテルのチェックインは大抵23:00頃まで受け付けているので、1本や2本乗り継ぎに失敗しても大丈夫。ただ、鳥取に近づくにつれて、1時間に1本しか電車がなかったりすることも珍しくないし、終電も早いので後半ほど注意が必要かも。

次ページへ

sponsored link
更新日:2018-1-17
コメントはこちら