青山剛昌先生と話そうDAY!! 【2017】

sponsored link

青山先生に質問タイム

今年から、質問したい人はあらかじめ抽選券を出しておき、その中から先生が引いて当たった人が質問する形式。

最初だけ、中学生以下の人が挙手をして質問できる時間を取りました。みなさん、中学生以下なのに挙手できる度胸がすごい。

それから、先生が「先に言っておきますけど、「黒ずくめのボスは誰だとか」質問はもうやめてください。答えられませんので(笑)」とのことでした。《禁止事項》

また、今年はシークレットの質問(回答)が2つありました。ちょろっと出回ってしまっているようなのはまぁ置いといて、回答と質問が秘密なんですが、質問そのものがすべてシークレットなのかという点については、特に限定されていません。客観的に見て質問だけなら問題なさそうですが、ものによっては回答にそのままリンクするので、伏せるべきと考えられる箇所があるかも。その辺は個人の判断にゆだねられています。

本来は秘密の質問があったこと自体を隠さなければ良くないかもしれません。秘密の質問がありました⇒質問も回答も内緒だけどね!では、思わせぶりで、参加してない人は非常に不快な気持ちになると思います。

なぜ質問がシークレットになったのかという経緯を説明しないと、もしかしたら、ボスやラムの推理に必要な重要なヒントを参加者だけが与えられて、参加者は既に答えがわかっているのに、参加していない人は見当違いの推理をすることになるのか、なんて疑心暗鬼になったりもします。

この辺は歩調を合わせなければ意味がないのですが、既に秘密の質問があったことはSNSなどで普通に拡散されていますし、どういった質問だったかも出ています。

なので、影響のない範囲で簡単に説明しておきますと、趣旨は1000話と今年の映画に関することで、ちょっとだけネタバレになってしまうのでシークレットということです。内容について、あんまり一般層にまで拡散されてしまうのは良くないですし、映画なんかは守秘義務があります。先生は結構バレしますが。

数ヵ月後にはみんなわかることで、ファンの中でも知らないで読みたい、純粋に先入観なしに観たいという人も多いと思います。だから、まぁ見て驚いてくださいって意味のシークレットです。実際、そこまで具体的なところまでは知らさせていません。どうなるの?って感じで。

ちなみに、コナンアプリのほうでは、1000話に予定されていたシンガポール舞台の内容は変更になったと、つぶやきが公開されています。

Q:コナンが飲まされた薬と、哀ちゃんが飲まされた薬が違うってことはありますか?

A:哀ちゃんが飲まされた薬とコナンの薬?同じです。同じでしょう(笑)

ジンが持ち出した(渡された)APTX4869=灰原が復活させたAPTX4869ってことでいいんですかね。

灰原が飲んだ薬は自分が作ったAPTX4869だけど、コナンが飲まされた薬は17年前から存在し残っていたAPTX4869(別のAPTX4869)って可能性もあったので。質問の意図は恐らくそういう意味?

質問的には、ジンが持っているAPTX4869は灰原が復活させたAPTX4869なのかって考えたほうがわかりやすいかも。先生が同じAPTX486だから同じ(作成者は違う)って答えでなければシンプルに同じ薬。

でも、「同じでしょう」って、当然のようなニュアンスで答えたので、意図を理解していたのかはちょっと微妙です(笑)まぁ、違う薬っていう想定すらなかったようなので、ここは深読みはしなくていいのかも。

さらに突っ込んで考えると、17年前~新一が飲まされるまで、リストには羽田浩司とアマンダ以外にも薬を飲まされた人たちが載っているのか。17年前~現在までのAPTX4869の使用状況。また、新一以降に飲まされた人は載っているのか。

新一が灰原の作った薬を飲まされた最初の一人であることはたぶんあっているのだろうけれど、リストにある新一の名前は、APTX4869を飲まされた最後の一人であった可能性もあるわけで(笑)もはや何を言っているのか分からない状況ですが、設定なんてどうにでも解釈できてしまう。

Q:答えられたでいいんですけど、コナンの4月の映画が公開するまでに、あの~紅葉ちゃん。紅葉ちゃんってサンデーとか原作に… これから登場することありますか?まだ。

A:知ってますよ(笑)あ~ 映画が公開するまで?映画が公開される時期に出てくるかなぁって感じかなぁ。嘘だったらごめんなさい。

映画公開まで三ヶ月分くらいなのでないですかね。基本的に服部とセットなので、そうするとまた大阪から服部を呼び寄せることに(笑)

まぁコナンが行くとか電話でとかいくらでもやりようはあるけど、今はキャラ登場のローテがあるからなぁ。冒頭や回想でちょっとならできなくはないかもしれない。

Q:登場人物の中で誰になりたいですか?

A:登場人物?え~何だろう。昔はコナンくんと一緒に… コナン君で蘭ちゃんと一緒にお風呂に入りたかったですけど。今、誰だろなぁ~ まぁじゃあ同じで。すいません。蘭ちゃんと一緒にお風呂入りたい。

じゃあ、コナン君になったつもりで、久々に描いてもいいんじゃないでしょうか(笑)

Q:劇場版の時計仕掛けの摩天楼で、蘭ちゃんが新一と私は5月のおうし座生まれって言ったじゃないですか、おうし座の5月。それって原作の設定もそうなんですか?

A:えっそうだっけ?えっ?はいはいはい。あっ、え~?あ、おうし座。そうだっけ?ははは。え~蘭ちゃん。え~蘭ちゃんはまだ誕生日決めてないんで、いまいち。

⇒わたしもおうし座の5月なんで気になるんですよ

A:あー、そうなんですか。おうし座にしてほしい?まぁあの、努力します。善処します。

確か、「私も新一もラッキーカラーは赤」みたいなことを言ったんでしたっけ?日常編は時間設定適当ですけど、5月の新一は17歳になってるのに、半年経過して誕生日をキープしている蘭は16歳のままなので微妙かも(笑)

新一(コナン)の年齢を作中で経過させてしまったのもあるのか、佐藤刑事の28歳も、誕生日4月で過ぎてるんですよね、確か。その辺の人は過ぎてる設定かも。

英理の誕生日も、蘭の誕生日がまだなのに10月ってことでやっちゃったし。蘭の関係者で具体的に月日が出ちゃってるので、話の辻褄があわなくなるかも。

Q:少しコナンの話からそれちゃうんですけど、青山先生はジャイアンツの坂本選手が好きということで、シーズン前の対談で3割30本打ったらコナンに出るかもしれないって話をされていたんですけど、今シーズン30本は打ってないですけど、すごい活躍されたので、コナンに出れますかね。

A:はああ~、はいはいはい。そうですね~。ねぇ。出したいですよね。惜しいですよね。んぁ~どうなんでしょうね。まぁ坂本選手しだいですね。

坂本選手が「約束守れてないのに出るわけにはいかない!」「ちゃんと今年達成するから!」みたいな、プロとしてのプライドみたいのがあるんじゃないかなぁ。そういう意味で、坂本選手しだいかもしれません。

Q:伺いたいことがありますけど、え~とそのランモー、劇場版に登場されたランモー女の子は、本当に死んでしまいましたか?

A:え?何?(観客から「キュラソー」)キュラソー、ああ、キュラソーあーはいはいはい。死んじゃったってこと?お亡くなりました。

⇒大好きで、もしかして生きてるのかなと思って

A:生きてません(笑)

シンガポールの対談でも同じ質問がありました。まぁ組織の人間なんであのまま生かすのは難しいキャラですね。映画の中だけでも色々やらかしましたし(笑)

警察庁に侵入してデータ盗んで、車暴走させて大事故の引き金になって、基本的に逮捕か死ぬかの二択しかないなかで、組織の機密を知った人間が今の時点で逮捕ってわけにはいかないんで。

どちらかというと、組織の人間だったけど、アイリッシュみたいに最後こちら側の人間になるっていうところがちゃんと救いだったというか、意味があるんであって。

Q:青山先生の好きな車は何ですか?

A:好きな車?ポルシェ。すいません、ジンと一緒ですいません。

先生、ポルシェ買おう!もう、手持ちのキャッシュで買えそう(笑)

Q:えっと~工藤新一君、原作で結構シャツとかそういう感じの服装が多いんですけど、それは工藤新一君ぽい服を先生が選んでらっしゃるのか、それとも先生の好みなのか。

A:オレの好みです。ハハハ。申し訳ない。ねぇシャツが似合うよね。

新一の服は蘭ねーちゃんが買ってるんでしたっけ?うろ覚え。新一がお洒落なデパートで一生懸命服選んでる姿が想像できない(笑)今だとネットで適当にって設定にできちゃうなぁ。たぶん、新一時代は蘭ねーちゃんが適当に引っ張ってって、似合いそうなの選んでるみたいな感じだったのかな。

Q:えっと~ どうぶつの森で「ラムはもう出てきてたりして」てあって、あの時点でもう顔とか名前は出てきてますか?

A:名前~~~………………. え~むずか、むずいな~。え~~~~~~~~~~。う~ん、まぁ、ある意味ぃ…..名前は出てきてない。う~~~ん。

⇒顔は出てきていますか。

A:どうでしょう(笑)

ねぇ?あれだって出てきたりしてってことは、出てきてないかもしれないんだよ?ねぇぇ?(笑) です、すいません。

一応、ニュアンスが伝わるように書きました(笑)顔については、即答で「どうでしょう」ニヤニヤ(笑)って感じで、最後の「出てきたりしてってことは」ってのも、「出てきてないかもしれないんだよ?ねぇぇ?」ニヤニヤ(笑)って感じなので、本心はわかると思います。

基本的に、すごい説明に苦しんだ後に、最後に出てるって断言はしてないからねって、付け加えてうまく締めくくった感じです。

まぁ、出てるって言っちゃうと、それ以降の新キャラでミスリードできなくなっちゃう都合もあると思いますが、やはりポイントは名前で悩んだところにあるのかなと。

単純にまだ言えないのであれば、「それは言えない(笑)」ってはぐらかせばいいし、最後に言ったように「出てるかもしれないし、出てないかもしれないよ~(笑)」って適当に流せばいいわけなので。

そうではなくて、嘘をつかないように一生懸命説明してくれようとしたけど、ちょっとそれ言っちゃうとヤバイってことで、苦しくなって最後はごまかしたところ。ちょっと名前に何かトリックがありそう。

偽名って可能性もあるけれど、たとえば75巻のプライベートアイの後で、「バーボンの名前と顔は出てますか?」という質問をして、本名は降谷零だからって、あんなに悩みながらむずいな~。なんて言わないのでは?

偽名だろうが、安室透で認識できるのだから、十分出てると言える。少なくとも読者には出てるという解釈で影響ないので、この回答は惑わせるだけ。

偽名なんて後付けできるし、極端な話これから目暮警部の名前が目暮十三じゃなくて目暮五郎って真相が明かされるかもしれない。でも、それって何か意味があるのって?目暮警部=ラムなら、シンプルにもう出てるって言っちゃっていいのではと。

飛び森発言の時点でなので、例えば、脇田兼則(偽名)=大黒連太郎であれば、発言時点で名前は「ある意味」かもしれない。大黒連太郎としては登場していないが、名前は出ているので。ただ、あの時点で顔は出ていないけれど。

また、烏丸蓮耶なら、それが例え脇田に変装した姿であったとしても、一応、名前も顔も出ていると言っていいような。少なくとも、名前と顔とで「出ている」という扱いに差異はない。

67巻くらいに、「バーボンの名前と顔はもう出て来ていますか?」という質問なら、赤井秀一に変装して登場しているので、名前も顔も出てきていないけれど、ある意味出てきている。というおかしな返答になるはず。何かこういう即答できない事情があった感じ。

次ページへ

sponsored link
更新日:2017-1-10
コメントはこちら