サンデー File:972-974

sponsored link

File:973(さざ波の捜査官)

「熱浜海水浴場」とあるので、場所は熱海辺りの想定?新一の両親に蘭の世話を任せているので、そんなに遠くまで行かないような。

そして、ついに赤井秀一の髪型が!こういうのって、最後まで秘密にしておくって方法もありだと思うんですけど、今回特別ファンサービス的なところかなぁ。明かさないのがファンサービスという考えもあるんですけど。

最近は安室と合わせて赤井キャンペーンとも言えるくらい色々な媒体に顔を出しいている中、ニット帽にスーツ着た赤井とか、ニット帽で温泉入ってる赤井とか、ちょっとおかしなのが出回っているので販促的には幅が広がって助かっているのではと。というか、その辺の事情がありそうな気がしないでもない。

とは言え、かっこうよく描けていて違和感はなかったので、そこは抜かりない。ニット帽では無理だけど、今後は原作でも銃を撃った瞬間に帽子が飛んだりする演出ができるか。それか、やっぱり今回限りのサービスか。

オールバックなのは海に入ったからなのか、これがいつもの髪型なのかというところだけど、髪を掻き揚げる必要があるし、海に飛び込んだ直後は腕を伸ばしているので最初からかな。

帽子から出ている前髪もあのちょろっとしたのだけだったし、シャアもオールバックの時期があるのでその影響もありそう。前髪を下ろすと幼く見えてしまうし、オールバックがやっぱり似合いそう。下ろした髪型も要望ありそうだけど、寝起きの工藤邸に突撃とかしないと無理そうな(笑)

赤井って前髪はワ〇メだけど、後ろ髪はストレートっぽいんですよねぇ。ロングヘアーの時もさらさらだったし。わざわざ矯正したり、毎日アイロンで癖を伸ばしているわけではないとは思う(笑)

どちらかというと、わざわざ髪型をセットするのがめんどうなタイプで、適当に整髪料つけてバっと掻き揚げて終わりみたいな。だからオールバック。ロングヘアーにしてたのも、かっこいいと思っていたよりも、髪を切るのがめんどうだったからとか、そっち系の理由かもしれない。

秀吉:「3人いたと思うよ!」

新一:「え?」

秀吉:「しばらくこの店で・・・」「このTシャツを買おうかどうかを迷ってたから・・・」「ボク、将棋をやっててさ・・・」「覚えるの得意だから!」

「覚えるの特異」な秀吉は新一のことを覚えていたのだろうか。初登場の話でやたら小学生とは思えない発言をするコナンの顔を不思議そうに見たシーンは、もしかしたら「この子どこかで」と気づいていたり。

ただ、10年前に新一に会ったことを覚えていたとして、さらにもし母の幼児化現象を知っていたとしても、探偵団と一緒にいるメガネをかけた江戸川コナンが工藤新一の幼児化した姿だと気づくかはまた別。

この辺のことは何度も条件の擦り合わせをしているのだけれど、果たして初期の頃から一貫した条件設定がされていたのか、ちょっと怪しいところはある。

これまで秀吉とコナンが会ったのは初登場と名人戦の二回。どちらも探偵団絡みで、コナンと新一や工藤一家、それに蘭一家との関係すら秀吉は知らない。

母と一緒にいる世良ですら、まだ黒の組織については知らないということで、秀吉が「失踪した高校生探偵の工藤新一が母と同じ悪い奴らに薬を飲まされて、今こうした江戸川コナンとして生活しているのか」と気づくにはちょっと強引な感じも否めない。コナンのことをより詳しく知っている赤井ですら、気づくにはそれなりのきっかけがあってのことだったので。

世良が魔法使いに会うために帰国したことを秀吉に話して、その魔法使いについて十分説明しなかったがために、秀吉がコナン=新一だと気づきながらも、コナンの写真を送って見せてきた世良に「魔法使いには会えたのか?」とメールしたのなら、何ともマヌケな話ではある。

世良が魔法使い(コナン)に会いに来たことはあの話よりも前にわかっていたので、世良の帰国理由を語らせるためだけの目的ならあのやり取りは必須ではないのだけれど…

それより、コナンが赤井とがっつり関わっている件のほうが問題かも(笑)コナンと蘭が世良のことを忘れていた理由は結局最後まで明かされなかったし、過去編の中で特に理由は見当たらない。二人とも、事件のショックはあまりなさそうだし。この頃から死体に見慣れてる蘭ねーちゃん(笑)

そもそも、一緒に遊んでくれるように頼まれた直後に事件が起きてしまったため、世良と蘭はそんなに絡んでいない。単純に、世良にとって新一との出会いが印象的でこの日のことを忘れなかっただけかもしれない。赤井はサングラスをかけている時間帯も多かったし。

蘭がベルモット編で「あの人どこかで~」と赤井に見覚えがあったのは、NY編で1年前に会っていたからだけではなくて、10年前にも会っていたから。「ようやくベルモット編の伏線が回収できました!」ってのは、苦しいからやらんほうがいいと思うが(笑)

蘭が10年前にもわんわん泣いていて、それでベルモット編でも「また泣いているのか」だったら、「もしかしてここにも繋がっているの?」となったかもしれないけれど、それはさすがにいまさら感が強い。

思い出せなかった理由は後付けすることも可能だけれど、新一と蘭はまだ6,7歳の時に一度会っただけの人なので、覚えていなかったとしてもおかしなことではないので、無理に辻褄あわせする必要もないかも。

赤井の場合、蘭はまだ6歳だったので大人になった蘭を見てわからなくても不思議ではないし、新一については、まさか幼児化しているなんてことは思っていたかったのではと。新一が組織にAPTX4869を飲まされたという事実を知っていれば、もっと早かった可能性も。

この件において、もしかしたら、赤井がコナン=新一に気づけたのは、過去に新一に会っていたからという条件の追加があるかも。(服部/瑛祐の例外を除いて、やっぱり、基本は幼少期の新一を知っている必要性)

赤井の正体が秘密のベルモット編はともかく、キール編でもコナンと赤井はお互いに過去にあったようなことを思い出すような描写はない。赤井の妹の世良真純の過去編で、次男の秀吉や母のメアリーも一緒に10年前に新一、蘭と出会っていたという話を描く予定があったのかというのは、まぁなかったのではと。元々、プロットはあんまり立てないなんてことをインタビューでも言っているし。

後出しはそれ自体は別に問題ないけれど、むしろ新たな伏線化のほうが推理のやり直しが求められるのでやっかい。

コナンが「世良とどこかで~」と思い出した時に、「そういえば赤井さんもなんだか懐かしい気がする~」なんて伏線の一つでもあれば、「えっ!?赤井も会ってるの?」って、後付けではあるけれど、過去編で唐突にってのは避けれたような気はするけど。

優作:「おいおい有希子・・・」「夕飯まで執筆中だから電話するなって言っただろ?」「のんびり海水浴を楽しんでなさいよ・・・」「え?海水浴場に・・・」「車が落ちて運転してた男が亡くなった?」

有希子:「どうやらその男・・・強盗犯だったらしくて車に同乗してた仲間は水没した車から脱出して・・・」「海水浴客に紛れ込んでるみたいなのよ!」<容疑者3人の写メを送るから犯人教えてくれる?私、気になっちゃって・・・>

優作:(気になるったって・・・写メだけじゃ・・・)(ん?)(なるほど・・・)

写メを見ただけで犯人を特定する天才優作。

メアリー:「真純!もう止めなさい!」

世良:「ママ!」

赤井、秀吉、メアリーの3人が並んで登場。1話目のメアリー初お披露目の時はドンッ!と存在感があって、結構大きそうだったのだけれど、ここで比較可能。

身長は赤井>メアリー>秀吉。その下のコマでは秀吉の頭がメアリーの首下辺りで、これなら前回の話の秀吉の描き方はそれほど問題ないのだけれど、3話目も含めて見ると、3人並んで秀吉が少し後ろという同じポジションでも、メアリー>秀吉と秀吉>メアリーの時があるくらいなので、もはや適当(笑)色々なシーンを見て総合的に判断すれば、だいたいメアリーの目の上くらいに秀吉の頭がくるっぽい。

角度などのよって多少変わるのは仕方なしとして、身長は変装を見破る手段にもなりえるので、ある程度はこだわって欲しいんですけど。結局、コナンが時々ひざ下のサイズになったりするように、低い方が時々極端なサイズになる描き方の問題かも。

クローバ:カイソウのチュウキチわかすぎ?

どうぶつの森のコメントでは、「わかすぎ?w」と言っているので、その自覚はあるようだけれど。前髪を下ろしてしまったら、顔は老けて描くのは難しいので、わかすぎに見えるのはサイズの問題だと思うのだけれど。もう少し肩幅をがっしり描いていれば。メアリーは外国人なので、日本人女性よりも大きめのサイズのようだけれど、肩幅は秀吉の方が広い。

そもそも、コナンの回想だと秀吉は上半身裸なのに、実際はずっと上着を羽織っているという。例のセリフの時もそうだったし。回想だから記憶が曖昧だったとすれば、身長が適当な説明も付くかもしれない(笑)

世良の「魔法使いだね」のシーンも、海に潜ってた世良が顔を出したのかと思ったら、海どころか波すらなくて、単純に場所が海だったという連想だった(笑)

メアリー:「貴方もわかってるでしょ?私達が事件にかかわっちゃいけない人間だって事・・・・」

赤井:「問題はないさ・・・」「Case Closed!(真相は見えた!)」「後は、犯人を名指しするだけだから・・・」

世良:(ケース・・・)(クローズド?)

世良の「Case Closed!」の決め台詞も兄の影響でした。

「私達が事件にかかわっちゃいけない人間」

沖矢が警察とかかわろうとしないのも、身分照会などされたら困るからではなくて、もうこの頃からずっとだったり?でも、でしゃばりなくらいに、事件には毎度がっつりかかわってますけど(笑)

事件にかかわっちゃいけない人間っていう理由が気になるところ。単純に追われている身であるため目立ったらまずいからなのか。母がMI6だったりと、自分たちの正体を隠さなければならないからか。在留資格が切れていたり、事情聴取などされたらまずい状況だからなのか。父を消した悪い奴らとして警察関係者を警戒してたりなど、もっと具体的な理由があるからなのか。

「私達」は赤井も含まれていると思われ、赤井はただ留学生として日本に観光に来ているだけなので、「父を消した奴らに俺の正体がバレる前に」と言っていたように、どこに潜んでいるかわからない敵を警戒して、自分の正体を隠さないといけないからだろうか。

次ページへ

sponsored link
更新日:2017-2-26
コメントはこちら