若狭留美の考察

sponsored link

黒田と脇田が若狭先生に反応

黒田:「お手柄小学校教師・・・」「若狭・・・」「留美か・・・」

脇田:「へぇ・・・」「こいつァトンチが・・・」「利いてるねぇ・・・」 File:980

黒田と脇田が、それぞれネットニュースと新聞記事を見て反応。脇田の言うトンチ(ユーモア)が利いているというのは、洒落てるねぇということなので、若狭先生の名前が「ASACA RUM」をもじった名前だと気づいてそう言ったのではないかと考えられる。

つまり、若狭留美は偽名。組織は波土の事件でもそうだったように、「ASACA RUM」をのキーワードを見つけただけで刺客を向けてくる。非常な危険な行為にもかかわらず、わざわざそんなことをするのは、まさに組織を引っ張り出すために、わざとそうした名前にしている可能性がある。

これは「古川大」という偽名で叶才三の関係者を集めたのと同じやり方。「ASACA RUM」に過剰反応している組織なら、偽名の意味に気づく。

そして、警察庁の黒田と正体不明の脇田がその名前に引っかかった。黒田は警察庁なので、公安も羽田浩司の事件を追い、ダイングメッセージに気づいていると考えられる。まぁ、黒田自身ラムとは因縁がありそうで、安室も組織から「ASACA RUM」の件で調査を命じられているように、この辺の情報は持っている。

脇田の所属はまだ不明。仮にこの二人が組織と無関係であったとしても、組織がこのニュースに気づいていないということはないはずで、直に若狭先生へ組織のメンバーが探りを入れに来るはず。

ポイントは、若狭先生はこの二人とはグルではなく、所属も違うだろうということ。細かいことを言ってしまえば、警察庁の黒田が公安の人間の名前や顔、仕事を把握していないということはある。というか、知らないのが普通。なので、若狭先生が公安でもおかしくはない。

ただ、総合的に考えて、先述したように公安の持つ情報と若狭先生の持つ情報は少し違うように思えるのと、今回のように、メディアに露出して注目させる行為がどうなのかとか、黒田が注目したと思ったら同じ日本警察の人間だったとかいうオチもどうか(笑)少なくとも、偽名で組織を釣ろうとすることは、もし若狭先生が公安であるのなら、個人で勝手にやるべきことではない。

シンプルな解釈なら、この黒田と脇田の二人の反応は羽田浩司の事件と「ASACA RUM」の秘密を追っているという意味で、それを追う人物を誘う若狭先生という構図を示しているのではと。

まだ、若狭先生=浅香であれば、17年前は20歳であることも問題。(安室と同じで年齢までは詐称していないとする)

sponsored link
更新日:2017-1-23


コメントを残す