若狭留美の考察

sponsored link

若狭先生の仲間は?

浅香との関連性については↓
浅香の正体予測

若狭先生が帝丹小学校へやって来た本来の狙いはともかく、まず第一の目的が江戸川コナンの調査ということはもうある程度わかるようになっている。

しかし、副担任として赴任した後にコナンがちょっと普通の小学生じゃないと気づいたわけではなくて、コナンの暗号を解く様子を観察しているところから、最初からその実力を試している。最初から知っていたからこそ、ダイレクトに帝丹小の1年B組に乗り込んできたとも言える。

これは世良と同じパターンで、名探偵毛利小五郎の知恵袋が小学一年生の江戸川コナンということに気づいているか、ほぼその見当を付けてその確認作業をしている状態。

世良の場合は、母のケースから薬による幼児化がありうるということ。工藤新一に幼少期に会って顔を知っていること。工藤新一が失踪した直後にコナンが現れ、小五郎が有名になったという情報を掴んでいることなどから、コナン=新一に気づく十分な材料が揃っていたために、初めから眠りの小五郎を裏で操っている正体が誰なのかを見破っていた。

幼児化したコナンには一度も会わずに、最初から工藤新一だと疑っていたのは幼少期の顔を知っていたことが大きいと考えられる。

一方で、公安の切れ者である安室ですら、最初は小五郎が名探偵だと思い込み、コナンには大して注意を払っていなかった。ということは、全てとは言わないまでも、安室が小五郎に弟子入りする前の段階の公安以上の情報を持っていない限りは、コナン=新一だとは気づけない。

つまり、安室のように切れ者が何度も直で推理を見ない限りは、小五郎を裏で操っているのがコナンだということにも気づけないということになる。服部のように、きっかけがあれば一度目で見抜くケースもあるが…

少なくとも、コナンに初対面である若狭先生は当てはまらないので、一つ考えられるのは、眠りの小五郎=コナンであると知っている人物から事前に情報を聞いていたということ。これは現在の黒田管理官がそうであった。(警察庁内の噂で、まだ安室経由かは不明。)

あるいは、もう一つのパターンは世良のように自力で気づいた場合。最近では霊魂探偵の話で、コナンがTVプロデューサーからキッドキラーである君にも話を聞きたいなんて言われているように、組織編に繋がるような日常回でも、コナンが頭の切れる少年だということは世間に認知されている。

キッドキラーどころか、結構前の50巻でも「殺人事件とかにもよく貢献してる」ということがライターにバレてしまっていたり…

ただ、小学一年生の頭が切れるから何だという話で、普通はそれ以上突っ込もうとは思わないし、まして小学校に潜入捜査なんてことはしない。それに、事件の推理力とかはまた別。これが知られれば、「眠りの小五郎に助言を与えているのはコナンなんでは?」なんて噂がネットなんかで広まってもおかしくない。

コナンが工藤家と関わりがあり、小五郎の代わりに事件の推理をしている天才少年だと安室は気づきながらも、コナンが工藤新一の幼児化だと気づかないのはAPTX4869の幼児化効果、あるいはその実験に成功したことを知らないことが大きいと考えられる。だから、宮野志保の捜索も幼児化を視野に入れていなかったし、ジンなど組織の実行部隊がそうしないのも同じ理由。

キッドキラーとして有名なコナンは恐らくもう組織の目に触れていると思われるが、(ブラックインパクトで見られているけれど)工藤新一は死んだことになっているのと、幼児化の成功を知らないのでまだ疑われていない。

新一の幼少期の顔を知っていることも一つ大きなヒントになるのだけれど、新一が失踪した後にコナンが現れ、小五郎が有名になったという事実は調べればわかること。

これに、工藤新一は組織に薬を飲まされ殺害された。世間では失踪扱い。警察内では事件解決(ただし内緒)という不自然な状況を見れば、もし薬の効果と成功を知っていたのなら、新一が薬を飲まされ幼児化したのではないか?という仮説を立てるには十分だと思われる。

現在組織に潜入中の公安である安室は、組織内で新一が薬を飲まされ殺害されたこと。世間で失踪扱いであること。警察内でシークレット扱いされている、新一による事件解決の三つを把握できる特別な立場にいる。まぁ、ここはこれから出てくるにかもしれない。

ともかく、上記のようにコナンと直接関わりのなかった人物が、コナンがキッドキラーどころか小五郎に助言を与える黒幕であると気づくには、世良のように幼少期の顔を知っている人物でない場合、新一が失踪⇒突然コナンが出現して小五郎が活躍⇒新一は薬を飲まされた?という順で仮説を立てることができる、APTX4869の幼児化効果とその成功を知っている人間なら、可能性はあると考えられる。

誰かから聞いた場合

瑛祐にアメリカで遭って話を聞いたCIAだとか、服部の知り合いで驚かせたかったから内緒にしてたとか、展開次第ではどうにでもなるのだけれど、ちょっと飛躍しすぎな感もあるので今のところはあまり考えない。まぁ、コナンが自分の力だけで解けなかったあの暗号を解いたのは、実は優作でしたとかならありかもしれない。

FBIのジョディやジェイムズもコナンの頭の切れは知っているのだけれど、今更帝丹小に潜入捜査させる意味はない。もちろん、博士や灰原も。

コナンは事件の犯人にはどうせ刑務所行きということで自分が名探偵であることをバラしてしまうことが頻繁にあるのだけれど、まさかそんなところから漏れるというのはないか(笑)

既出人物でコナンの頭の切れを知っている(眠りの小五郎のトリックを知っている)人物とグルであるのなら、世良(領域外の妹)と安室(公安、警察庁)のどちらかと接点があるのではと考えられる。どちらも眠りの小五郎のトリックには気づいているが、前者はコナン=新一と幼児化に気づいている点と、後者はまだコナン=頭の切れる少年扱いで気づいていない点に違いはある。

安室(公安、警察庁) ─

コナンの調査がしたいからと言って、都合よく1年B組の副担任になれるわけではない。1年B組の転入生の多さを計算して予測した── とかならすごいのだけれど、そんなにうまくいくものか。

FBIのジョディも蘭のクラスに転がり込んだし、漫画なので神の力が働いてとか、実は校長もグルだったとか、知り合いだったのでコネでとか、後付で何とでもなるのだけれど、公安なら裏の力で何とかできそうと思わせてくれるところはある。まぁ公安だからと言って、学校に事情を説明して協力してもらわなければ無理だとは思うけれど。

既にコナンが切れ者であるとわかっている状態で、今更さらに突っ込んだ調査をする動機があるのか疑問であるが、ストーリー的には、まだ公安がたどり着いていない江戸川コナン=工藤新一に気づくという意味は出てくる。それに気づけば、組織の開発している薬が何なのか、どの程度進んでいるのかという情報を公安が入手することになる。

引っ掛かるのは、公安だった場合は、安室が現在もポアロでバイト中、小五郎の弟子入りもまだ有効?という状況で、最近でも蘭や園子たちに混ざって事件に遭遇することも多く、コナン調査という点で不足はないこと。

自信家の安室ならそのくらいのことは自分で探ろうとするだろうし、何より彼に任せればあっという間に真相にたどり着く優秀な頭脳がある。しかし、現在のところ、安室はコナンが切れ物だと分かったところで十分という感じで、それ以上突っ込んで捜査しようとはしていない。正直、助っ人は必要ない。そもそも、薬による幼児化の可能性という発想がないためか、正体も何もないのかもしれない。

それなら、安室は直接絡まずに、黒田経由で派遣されたとか。彼もまた眠りの小五郎のトリックを知っている数少ない人物。しかし、黒田は初登場時に「コナンが眠りの小五郎の知恵袋」という情報を得ていたにもかかわらず、コナンを試して様子を見るということはしていなかった。

これは人によってやり方が違うのかもしれないけれど、コナンの情報を警察庁に流した人物はまだわからないけれど、その情報は確かなものとして扱われているようで、わざわざ裏を取る必要があるとは思われていない。

そもそも、コナンが切れ者であるとわかったところで、さらに小学校へ潜入させて追跡調査をするきっかけがまだない。幼児化の可能性を疑ったのなら、安室にコナンの指紋を取らせて新一の指紋と比較すれば一発。

コナンが小学生のくせに黒の組織を追っている。さらに追跡調査すれば何か重要な情報が得られるかもしれない、とでも考えたか。でも、それも安室で十分だし、情報を引き出すのは安室の得意分野でもある。小学校で先生に組織関連の情報を漏らすとは思えないし、随分回りくどい。

「ヤツにはまだ秘密がある。引き続き行動を監視するために学校へもスパイを送り込め!」とかならまぁわからんでもないけれど…

あるいは、公安でもトップしか知らないシークレットな情報はあるはずで、安室の知らない組織の開発している薬について知っている人物が、別部隊として若狭を派遣したか。

いずれにしても、現時点では小学校へスパイを送り込む動機が妄想の範囲でしか見えてこない。また、若狭先生の正体が浅香で、17年前にアマンダのボディーガードをしていたと仮定するならば、当時は20歳。年齢的にはちょっと厳しいところがある。(高卒で公安も可能だが)それに、容疑者として国際手配されているのであれば、現在も公安という職でいるのは難しい。

浅香本人ではなくて、浅香の家族関係者。それか、公安と繋がりのある人物というのであれば問題はなさそう。公安は自らスパイとして潜入して情報集めるだけでなく、対象者に近い人物をスパイにする、「協力者」を作るのが情報収集の基本でもあり、そうした人物はまだ出ていない。公安の新キャラを出すならこっちの方が目新しさもあるし、そのうち出てくる可能性もある。

情報収集のプロは安室だし、若狭先生が暗号を解けていたのなら、先生の得意分野はそっちの類。コナンの監視に向くのは安室のほうで、良さが生きないのだけれど…

メタ的な視点から考えれば、この漫画一組織で一切れ者。FBIも数多くのメンバーが登場しているが、コナンレベルは赤井一人。公安も既に安室がいる。若狭先生がそれと同レベルの切れ者であるのならという条件だが。公安は故人ではあるが既にスコッチという重要キャラも出ているし、さらに突っ込んで新キャラを出してくるか。

世良(領域外の妹) ─

世良(領域外の妹、以下省略)経由であった場合、若狭先生が浅香本人であっても問題ない。世良は浅香が女性(男性)であるという、世間には知られていない情報を持っていたことから、浅香本人や家族関係者と接点のある可能性がある。まぁ、浅香と関係ない新キャラが世良と接点なんてちょっと話が広がりすぎなんで、どちらかではあろう。

世良から情報を聞いたのならわざわざ自分で帝丹小へ潜る必要があるのかというの疑問はあるのだけれど、これは公安も同様。世良が領域外の妹にコナンの推理を見せて信用を得ようとしたように、世良の説明だけでは信じることができなかったからとか。じゃあ、領域外の妹と一緒に見せとけよと言いたくなるが。現在はメールでやり取りする程度の関係程度なら仕方ない。

世良が既にコナン=新一と気づいている状態で、その情報を若狭先生が聞いたとしたのなら、コナン=新一の確証を得たところで何がしたいの?というところだけど、その辺は世良の目的と被ってくるのかも。

自分で気づいた場合

単に頭が切れるだけの少年を第三者が調査しようなんて普通は思わないので、コナンが新一の幼児化した姿であることを疑った可能性がある。つまり、APTX4869による幼児化効果を知っている人物。

基本的には、組織の人物でさえベルモットなど例外を除きAPTX4869による幼児化を知らない。ただ、17年前の羽田浩司の事件でAPTX4869が殺害に使われたように、まだ明かされていない事実が出て来そうな雰囲気で、これに関連してラムや浅香(関係者)は何らかの事情を知っている可能性がある。

若狭先生がラムでコナンの調査に来たのなら、かなりピンチ(笑)まぁ、彼女は今のところあまりラム要素がないのだけれど。

例えば、17年前に浅香がアマンダとラムが密会して「この薬を飲めば幼児化する」と話しているところを偶然聞いてしまい、薬を飲んだアマンダは死亡し、ラムには逃げられる。

どうやら、組織が開発しているAPTX4869は死ぬか幼児化するかの効果があると知り、組織はそれを証拠の残らない殺人の道具として使っている。最近になって工藤新一が失踪した後に、大人顔負けの頭脳を持った少年が登場して、眠りの小五郎が現れた。

もしかして、事件に首を突っ込んだ新一が、組織に薬を飲まされた幼児化したのでは?と疑いをかけたら、小学校へ潜入して調べてみたいという動機は十分。もしかしたら協力者になってくれるかもしれないし、工藤新一が味方になるとすれば心強い。

これは浅香がAPTX4869による幼児化効果を知っていれば可能性としてはありえなくはないという話ではあるけれど。

次ページへ

sponsored link
更新日:2017-9-13
コメントはこちら