若狭留美の特徴

sponsored link

プロフィール

帝丹小学校1年B組 副担任

小林:「今日は新しい先生を紹介します!」「今日からこのクラスの副担任になった・・・」「若狭先生です!」

コナン:「この時期に副担任なんて珍しいな・・・」

灰原:「このクラス、私やあなたのような転入生が多くて人数が増えたからなんじゃない?」

コナン:「なるほどね・・・」 File:966

wakasa_co-teachers_f966

帝丹小学校1年B組に新しくやって来た副担任。

「この時期に副担任なんて珍しいな」という通り、ちょっと中途半端なタイミング。だから何らかの理由があるはずなのだけれど、灰原の「私やあなたのような転入生が多くて人数が増えたから」という憶測にコナンは納得。

確かに、人が増えたからというのは急遽副担任が来る理由としてはありうるけれど、転入生が3人増えたから小林先生だけでは今後の話を描きにくい、なんてことはない。それも、小林先生よりも10歳年上のオバサンというキャラ設定(笑)

若狭先生の行動を見るとコナンのことをずっと観察しているようで、どうやら副担任としてやって来た経緯には裏がある様子。(転入生が多い⇒B組を任されると計算した可能性もなきにしもあらず)一方で、コナンは一旦は違和感を持つも、大して気に止めずに若狭先生を警戒していないところがポイント。

小林先生よりも10歳年上の37歳 ─

若狭:「あ、あの・・・若狭留美です・・・」「こ、小林先生より10歳もオバサンですけど・・・」「ど・・・」「どうぞヨロシク・・・」 File:966

小林先生よりも10歳年上で37歳のオバサン、と謙遜してるけど見た目はまぁ年齢より若目と言える。

性格

ドジっ子?

若狭:「あ、あの・・・若狭留美です・・・」「こ、小林先生より10歳もオバサンですけど・・・」「ど・・・」「どうぞヨロシク・・・」

ガン

ワハハハ

コナン:「先生は早く警察に連絡を!!」

若狭:「そ、そうね・・・」

ガン

灰原:「落ち着いて・・・」 File:966

wakasa_blunder_f966

しょっちゅう躓いたり、頭をぶつけるドジっ子。本堂瑛祐の二番煎じのようだけれど、コナンの様子を観察したり、実は切れ者で格闘もできるという描写もあることから、油断させるための演技という可能性も。

別にドジを演じないからと言って怪しまれるわけではないので、ここで「ドジだからこいつは大したことはない」と思わせるために日常から頻繁にドジな振りをしているのならかなりの仕込み。

まんまと作戦にハマってドジだから大丈夫とコナンが油断したのならちょっとコナン攻略簡単すぎなのだけれど、コナンは特にそんな理由で安心したなどという言及もしていないし、モノローグもない。それだと逆に若狭先生の必至な一人演技は意味を成していないという悲しいことになるので、本当にドジという可能性も。

まぁ、瑛祐はドジだったけどそれなりの切れ者だったわけで、演技もしていなかった。能力が高いからドジは演技というわけでもないので、若狭先生の本音が見える心の描写などがないと判断は難しい。

若狭:「きゃっ」

コナン:「先生!?」

若狭:「痛たた・・・」 File:966

wakasa_blunder_f968

強盗団の前で転んだのは、恐らくわざと。転んで倒れ掛かっただけで強盗団の一人を気絶させてしまったし、自分の本性を見せないために、自分以外のを地下室に閉じ込めた状況を作っている。

少年漫画は能力の高いキャラは酔っ払ってぶつかっただけで敵をやっつけてしまったりと、ギャグが混じった強さというのもあるのだけれど…

強いけどちょっと抜けたところもある愛嬌のあるキャラなのか、全て嘘で本質はキレキレのキャラなのかは、もう少し様子見。

若狭先生=浅香であれば、本来SPは冷静沈着でなければ向かない職業。ただ、優秀で強いところを買われたけれど、ドジだからちょっとしたミスでアマンダをラムに殺害されてしまったとか、片目を悪くしてバランス感覚を失った後天的な理由でのドジだとか、色々事情が出てこないとも限らない。

若狭先生がドジをして、探偵団が「先生ドジすぎですね~」なんて言われた後に、「フフ」と意味深な笑みを浮かべるようなことがあれば演技ということに。

まぁ、そうなっても、正体バレした後のオチでずっこけて、コナンに「やっぱりドジなんじゃねーのか」と突っ込まれるギャグオチというのはありえそうだけれど。

怖がり?

若狭:「5時間目の体育って・・・」「校庭でドッジボールやるでしょ?」「だから休み時間にラインを引こうと思ったんだけど・・・」「ライン引きの中の石灰がもうほとんど入ってなくて・・・」

コナン:「じゃあ、古い倉庫に行ってみれば?」「もしかしたら余ってるヤツがあるかもしれないよ?」

元太:「ああ、ボロボロでお化けが出そうなあの倉庫だろ?」

光彦:「その昔・・・あそこに閉じ込められて餓死した先生がいたとかいないとか・・・」

灰原:「何?場所わかんないの?」

若狭:「ば、場所はわかるんだけど・・・」

コナン:「もしかして怖いからついて来て欲しいとか?」

若狭:「え、ええまあ・・・」 File:966

若狭:「明日の理科の授業で石灰を使いたいから取って来てって頼まれちゃって・・・」「倉庫のガイコツの横にライン引きが3つ並んでるのが見えたから・・・」「多分、あの中に石灰が入ってると思うんだけど・・・」

灰原:「だから?」

若狭:「だ、だからその・・・」「よかったら・・・」

コナン:「はいはい!怖いからついて来て欲しいのね?」

若狭:「ごめんね・・・またまた付き合わせちゃって・・・」

歩美:「若狭先生怖がりさんだね!」

光彦:「まあ、さっきまでガイコツがありましたし・・・」 File:967

wakasa_scared_f967_968

石灰が必要になるもライン引きの中にほとんど入っていない。そこで、古倉庫へ行けばあるかもしれないとコナンは勧めるが、若狭先生はもじもじしながら何か言いたげ。古倉庫はボロボロでお化けが出そうなため、どうやら怖いからついて来て欲しいとのこと。

放課後にも同じように石灰が必要になり、もう一度コナンたちについて来てもらうようにお願い。ガイコツが出たということもあり、コナンたちは特に不思議がることもなく快く引き受ける。

ただ、これは怖がっている振りをして、探偵団を古倉庫へ連れて行く口実を作っただけの可能性もあり。というのも、探偵団のガイコツ発見からそれほど時間が経たないうちに、ガイコツと暗号のハチマキの写真がニュースで配信されたため、誰かが事前にガイコツを見つけて写真に撮っていた可能性がある。

考察 【File:966-968】「ネットのニュース配信が早すぎる理由」

これが若狭先生であった場合、一人で古倉庫へ入りガイコツを先に発見したことになるので、怖がりというのは嘘。まぁ少なくとも、がんばれば何とかなる程度。

一度目は探偵団にガイコツと暗号のハチマキを発見させるために古倉庫へ。二度目は暗号が解けずにあきらめて下校してしまいそうだったが、既にネットニュースの仕掛けによって強盗弾をおびき寄せていたこともあり、そのことに気づかせるため、ヒントを与えるためにもう一度古倉庫へ向かわせたと考えられる。

若狭:「こういうのって肝試しみたいで楽しいわよね・・・」

歩美:「だね!」

コナン:(若狭先生まで来てるし・・・) File:968

wakasa_conan_search_f968_2

もじもじと怖いから付いて来てとお願いしておきながら、夜の学校へ来て「肝試しみたいで楽しいわよね」とワクワクしている。こういうタイプもいるけれど、コナンのモノローグに「若狭先生まで来てるし」とあるように、若狭先生は誘われたわけではなくて、勝手について来たようである。

ヤンキー(スケバン)

若狭:「覚悟は出来ているか?」

強盗団:「え?」

若狭:「此の世を離れる・・・」「覚悟だよ・・・」 File:968

wakasa_ladies_f968_2

一見のほほんとした性格の若狭先生の本性は、強盗団があっけに取られるほど怖い元ヤン風のキャラ。

それっぽいキャラ設定というだけでなく、本当に米花町や杯戸町付近で暴れ回った元レディースとかであれば、目暮警部の奥さんと近い世代なので面識がある可能性も(笑)ヤンキーの世界は狭いので、大抵どこの誰だとかはわかる。

次ページへ

sponsored link
更新日:2016-8-16
コメントはこちら