考察 【File:966-968】「ネットのニュース配信が早すぎる理由」

sponsored link

事件のニュースが配信される

光彦:「早っ!!」「倉庫で見つかったガイコツのニュースもうネットに流れてますよ!」「しかも暗号が書かれたハチマキまで・・・」 File:967

skeleton_f967

下校時点で暗号を解くことができなかったコナン。悔しいが帰ろうとすると、光彦が「小学校で白骨遺体が発見された」件について、ガイコツと暗号の写真が掲載されたニュースがネットに流れていることに気づく。

ニュースだから早いのは当たり前なのだけれど、事件性次第。通り魔のように事件性が大きいものや、目撃者がいて情報が早く出回るものであれば、例えば2時間もあれば十分な時間。

ただ、小学校でガイコツ発見程度の場合、通常は翌日の社会欄に小さく載る様な程度。まぁ、偶然記者が居合わせたとかの場合、ネットニュースなので早くてもおかしくはない。

光彦の「早っ!!」「もうネットに流れてます」というニュアンスからすると相当早そうなのだけれど、ではどのくらい早かったのか。

アップされた時間

若狭:「ごめんね・・・またまた付き合わせちゃって・・・」

歩美:「若狭先生怖がりさんだねー」

光彦:「まあ、さっきまでガイコツがありましたし・・・」

・・・

コナン:「おい光彦!!」「さっき言ってたネットニュース配信されたの何時頃だ?」

光彦:「に、2時間前です・・・」 File:967

若狭先生にまたまた倉庫に一緒に付いて来てくれることを頼まれ倉庫に向かうと、何やら人が入った形跡が。コナンが光彦に「アップされた時間」を聞くと、配信時間は「2時間前」だとのこと。強盗団がネットを見てやってくるには十分な時間であるとコナンは考える。

配信時間は偽装できると言ってしまえばそれまでなのだけれど、そんなことをする意味もないし、さすがにアンフェアなのでそこまでは考えない。コナンたちが若狭先生と下駄箱から古い倉庫へ向かい、中に入って様子を見るまで10分程度だとして、それよりも2時間前がネットにアップされた時間となる。

それまでの経緯をシミュレーションすると ─

若狭:「5時間目の体育って・・・」「校庭でドッジボールやるでしょ?」「だから休み時間にラインを引こうと思ったんだけど・・・」「ライン引きの中の石灰がもうほとんど入ってなくて・・・」

・・・

若狭:「ごめんねみんな・・・」「昼休みなのに付き合わせちゃって・・・」 File:966

skeleton_f966_1

若狭先生が5時間目の体育の準備のために探偵団にお願いしたのは給食の時間。そして、お昼休みに古倉庫へ向かった。

一般的な小学校1年生の時間割を想定するとこんな感じ。

昼休み:(12:30-13:20)
5時間目:(13:40-14:25)
学活:(14:30-14-45)
下駄箱~倉庫までの時間を+して、15:00くらい

ネットニュースの配信された時間は2時間前なので1時過ぎくらい、ちょうどお昼休みの最中ということになる。探偵団がガイコツとハチマキを発見したのがこのお昼休み中なのだけれど、それより前であったのなら第一発見者がコナンたち以外にいることになり、そうでなかったとしても、発見後ものの十数分くらいで記事が書かれ配信されたのではないかということになってしまう。

まぁ、騒ぎを聞いて駆けつけた記者が即効でやって来て、記事を書いたのなら時間的に不可能ではないかもしれないけれど、地震やテロなど速報ならともかく、たかがローカルニュースでしかない。

小林:「じゃあ皆さん!お掃除して帰りましょう!」 File:967

帝丹小では掃除⇒下校のようなので、下校が15:10分くらいで、古倉庫へ向かったのは15:20分くらいかもしれない。ちょうど昼休みが終わり、コナンたちが引き上げた時間くらいにニュースが配信されたのかも。

ガイコツと暗号は警察に回収されている

ガイコツ ─

白鳥:「まぁ、事件性はなさそうなので・・・」「残念ですがこれで引き上げますね・・・」 File:966

skeleton_f966_2

コナン:「オレの推理が正しければこの地下室にあったあの白骨遺体を警察が回収して引き上げた後・・・」 File:968

古い倉庫で発見されたガイコツは、その場で警察が回収している。

ハチマキ ─

光彦:「でも残念なのは警察に持って行かれてしまったヒモの暗号です・・・」

歩美:「何て書いてあったんだろうね?」

元太:「呪いの言葉じゃね?」

コナン:「ああ あれは・・・」「スキュタレー暗号だよ!」

光彦:「だったらヒモの暗号も棒に巻いて読みたいですね!」

元太:「何で警察に渡したんだよ!?」

コナン:「大丈夫!携帯で撮った画像を、今、灰原が職員室で・・・」

灰原:「ハイ!授業で使う漢字クイズって言ってプリントアウトしてもらったわよ!」 File:966

skeleton_f966_3

もちろん、暗号が書かれたハチマキも大事な証拠品。警察に渡してしまったことが後の会話からわかり、コナンは携帯で撮っておいた写真をプリントアウトして、それを使って暗号解読をしている。

証拠品は警察が持っていってしまったため、探偵団が引き上げた後にマスコミがやってきたわけではない。そもそも、警察がガイコツや暗号のハチマキの写真をマスコミに撮らせてニュースで報道させてくれるのかという疑問。

先述したように、探偵団がガイコツを発見した時間とネットのニュースが配信された時間が同じ昼休み中。警察がやって来る前にマスコミが来たのならわかるが、コナンたちがそれを見たような話はしていない。

これはやろうと思えばできなくもないということを言いたいのではなくて、こんな早いのには裏があると考えるところ。そうなると、ガイコツとハチマキの写真は探偵団が発見する前から誰かが見つけ、あらかじめ写真に撮っていたのではということ。

次ページへ

sponsored link
更新日:2016-8-18
コメントはこちら