羽田浩司の事件の考察

sponsored link

簡易まとめ

矛盾点などは後で詳細に分析。

事件以外の細かいことは記事を分けました↓
羽田浩司の事件の考察(事件以外)

今から17年前、アメリカのJUKEホテルで、将棋の四冠王だった天才棋士「羽田浩司」とアメリカの資産家「アマンダ・ヒューズ」が何者かによって殺害された。

羽田浩司の事件に関与する人物

羽田浩司 ─

趣味にしていたチェスの大会に参加すべく渡米。その大会前夜、宿泊していたホテルの部屋で何者かによって殺害される。直接の死因は不明。APTX4869を飲まされた人物リスト(新一の下)に彼の名前があった。

部屋はかなり荒らされていて、腕に数箇所殴られたり蹴られたりしたのを防いだ防御創(抵抗した痕)が残っていた。

アマンダ・ヒューズ ─

80歳を越える老婆。羽田浩司の大ファンで、FBIやCIAにも顔が利く大物。同日、同じホテルの別の部屋で亡くなっていた。羽田浩司同様に死因はわかっていない。

ドアノブ、ソファー、ティーカップ、皿やフォークなどにアマンダの指紋が付いてたことから、アマンダが羽田浩司の部屋を一度訪れたことは確か。灰原は「ルームサービスで紅茶やケーキを頼んでアフタヌーンティーでもしてたのかしら?」と考える。

抵抗した様子や部屋を荒らされた跡もなく、痕跡を残さない組織のやり方に一致。

浅香(ASAKA) ─

アマンダが帯同していたボディーガード。事件の日以来姿を消していることから、最重要容疑者として手配されているが、まだその消息はつかめていない。

浅香がアマンダに雇われた経緯は、アマンダの家族や関係者も誰も知らないという、謎に包まれた人物。

正体不明なのに「浅香」という名がどこから出てきたのかというと、アマンダが「浅香」と呼んでいたとのこと。漢字の出所は不明。コナン曰く、その浅香が名字なのか名前なのかわからない上に性別もわからない。

ネットニュースの記事では、浅香のローマ字は「ASAKA」の綴り。羽田浩司の残したダイイングメッセージでは「K」がなかったために代用したのか、あるいはきちんと意図があったのか、「C」を使用して「ASACA」で残されている。

記事の写真には浅香の目下からの写真が掲載されているので、大よその恰好はわかる。職業事情から考えれば、謎の人物とは言え、「誰もその姿を見た事がない」とかそういうわけではなくて、アマンダの行く先に同行していたはず。

*1 恐らく、アマンダと一緒にいる姿は目撃されていたのではないかと。サングラスなんかをしてるだろうし、はっきりと顔はわからなくても外見くらいは見られているのでは?手を出しているのは、写真を撮るなとカメラのレンズを覆い隠そうとしているようでもある。

赤井と赤井の父(務武) ─

羽田浩司の事件は、赤井秀一をFBIに駆り立てたきっかけ。ただ、17年前の捜査に直接かかわっていたのは赤井の父親で、父の職業もFBI捜査官ではなかった。

現在のところ、コナンがネットの記事だけから事件を推理するしかないのに対して、FBIは羽田浩司の事件を追っていたため、羽田家と赤井家との繋がりもあり、赤井はそれより多少情報が多い可能性はある。

しかし、最重要容疑者の浅香を捕まえることができていないのと、羽田浩司の残した暗号を解読して浅香、ラムが犯人の可能性が高いと推理したのは現在軸。

RUM(ラム) ─

コナンと沖矢は羽田浩司の残したダイイングメッセージを「ASACA RUM」と解読。また、コナンは今のところASACA=RUM=事件の犯人と考えているようでもある。

残された暗号の解釈が正しいかどうかはまだ考察の余地が残されているものの、後にジンが「17年前にラムが抜かった仕事」と言っているので、ラムがこの事件に関与したことは間違いない。

灰原の推理

灰原がいくつかの推理を語っているもののあくまで憶測にすぎない。何が正しく、何が疑わしいのかの振り分けが一つのポイント。

・浅香:*2 組織にいた時に名前は聞いた事はないが、殺人にAPTX4869が使われたとなると組織の人間の可能性が高い。(浅香=犯人で仮定)

・羽田浩司が殺害された理由:資産家が殺される所を偶然目撃してしまったのではないか。

・手鏡が部屋に落ちていた理由:羽田浩司が母とかからもらった物かも。

・部屋が荒らされていた:組織の仕業ならこんな事有り得ない。浅香=組織の人間だと矛盾。(後に考察)

その他の重要事項

割れた手鏡 ─

羽田浩司の部屋にはカップやさらに混じって、割れた手鏡も落ちていた。この手鏡は元々「PUT ON MASCARA」の文字が入っていて、ある化粧品メーカーがマスカラに手鏡を付けて売り出したら大ヒットしたもの。

宮野明美も母エレーナの遺品として持っていた。鏡には羽(天使の?)のマークがロゴとして描かれていることから、とある化粧品メーカのもそれを象徴したような名称かもしれない。

ダイイングメッセージ ─

羽田浩司は例の手鏡から必要な文字を切り取り、犯人にバレないように水で流して細工した。

コナンと沖矢は流された「U MASCARA」の文字から、羽田浩司が犯人を示す「ASACA RUM」のダイイングメッセージを残したと解釈。

事件の記事について ─

17年も前の事件だけれど(「こんな情報よく見つけられた」から、恐らく事件はネット普及前の設定か)、その詳細が書かれた記事が「まるで誰かがこの謎を解いてくれ」と言わんばかりに定期的にアップされ、また削除されている。

さざ波シリーズ

メアリー:「まったく・・・」「せっかく貴方を日本に戻す為に海水浴に誘ったのに・・・」「まあ、この平和な景色を眺めながら頭を冷やして思い出しなさい・・・」「主人が死ぬ前・・・この安全な国に私達を送った時に言った言葉を・・・」「いいか、この先、私はいないものと思え・・・どうやら私はとんでもない奴らを敵に回してしまったようだ・・・」「──っていうあのメールをね・・・」

赤井:(母さんこそ忘れてるんじゃないのか?)(父の遺体はまだ発見されていないって事を・・・) File:972

父務武は羽田浩司の事件にかかわっていたが、死ぬ(失踪)前に「とんでもない奴らを敵に回してしまった」と言い残して家族を非難させている。

息子秀一は父の失踪を調べる為にアメリカへ留学しているが、さざ波シリーズ(10~11年前)に7年ぶりに秀吉と再会していることから渡米は17年前。つまり、務武は羽田浩司の事件同年にはもう消息を絶っていることになる。

NOTE

⇒*1 後に若狭留美(=浅香と仮定)と羽田浩司の関係(将棋の駒を持ち歩いている)が疑われる伏線が出てきた。(File987-989)

アマンダが浅香を帯同していたのではなくて、浅香が羽田浩司に付き添っただけ(パパラッチを避けるためボディーガードを装った)という可能性も。それならば、アマンダが浅香を雇い入れた経緯を誰も知らないのは当然となる。

メディアの情報がアマンダの契約していた専属ボディーガードのように書かれているが、”その日のみ”アマンダと一緒にいるところを目撃された可能性もあるのか、表現が曖昧。

ただ、同シリーズで灰原は若狭留美から組織臭を感じたため、組織との関りがある(あった)ことも確かで、やはりただの羽田浩司のサポートではなく、アマンダにも接点があったとも考えられ現時点で判断するのは難しい。

*2 灰原は浅香候補となる若狭先生から組織臭を感じる。(File987-989)もし同一人物であった場合は浅香が組織に関係していたことは間違いないが、組織はある程度の格になるとコードネームを付けられ、その呼び名を使うため名前を知らないこと自体はおかしくはない。

若狭留美が「ASACA RUM」をもじった偽名であるため、若狭先生が浅香であれば、「浅香」まで偽名だとかなりまわりくどいことになるが、「浅香」が組織内で使われていた名前とも限らない。

次ページへ

sponsored link
更新日:2017-10-9
コメントはこちら