安室透の出生の秘密

sponsored link

後に必要になりそうなので、ここまでの情報の整理。

安室の出生について

安室のあだ名が出てくるとか、幼少期が描かれるとか何とか。内容は組織関連OR宮野夫婦関連OR次男関連か?これもエピソード待ち。

宮野夫婦との出会いが幼少期(18年前)だった場合、宮野夫婦はやっぱり現在はもう死んでいるのかも。次男関連なら長男との確執の原因くらいしか描くことがないだろうか。

組織関連なら、組織に潜入するきっかけとか。今のところはまだ5年前の確度の方が高そうな気はするが…

18年前の11歳の時に組織入りだった場合、以前書いた組織に育てられた説が現実味を帯びてきそう。この場合、安室初登場時の双子の孤児は伏線かも。

安室がそうでなくても、実は、ジンやウオッカなどの組織の主要メンバーは元々両親を亡くした孤児だったという可能性もあるんじゃないかとも思っています。

ジンやウオッカの幼少期や両親を見てみたいなーと思ったら、やっぱり全然想像できないという理由なので、完全な妄想ですが(笑)

ここまでの話を見ると、組織の幹部は裏切ったら殺されるという恐怖心で行動しているわけではなさそう。では、組織の目的に共感したために組織に入ったのかと言われると、その可能性ももちろんあるけれど、そんな感じでもなさそう。

となると、ボスに対して特別な思いがあり忠誠を誓っているということも考えられる。その理由が、ボスに助けられた恩があるからとか。特に、ベルモットの場合は組織の研究に否定的な思いがあるにも関わらず、組織に留まりその秘密を守ろうとしているのだから、何らかの理由があるはず。

ウオッカがジンを「兄貴」として慕うのは、単にヤクザ組織の兄貴分・弟分を連想させたいだけではなくて、本当にウオッカが幼い頃からジンのことを「兄貴」のように思ってそう呼んでいたとか。

作者が組織の幹部は基本的に同格としているにもかかわらず、ジンとウオッカは上下関係がある。

また、逆にジンは親分っぽいのにボスがメンバー間で格差を作らないのも、親から見れば兄弟の兄と弟に格差がないように、ボスにとっては皆同じ子供のような存在だからとか。

まぁ、安室と関係ないので、詳しい考察は可能性が高くなったらいつかしてみたいと思います。

安室の育ちについて

amuro_mistake_f898

緋色シリーズで、ベルモットが安室の正体が公安のスパイであることを知らなかった様子を見ると、安室がWスパイである可能性は低くなった。(安室の行動基準がグレーなのはまた別の理由)

また、エレーナとの関係がその前の話「ギスギスしたお茶会」で少し明かされることになるけれど、時期は安室の幼少期。Wスパイではない=組織育ちではないとなれば、素直にFile889で「バイバイ」するまでの別れまでがエレーナとの接点。シンプルにその後成長⇒、警察官(公安に配属)になり(その間はまだ色々ありそう)、数年前に組織にスパイとして潜入したということになりそう。

世良:「どっからどう見ても日本人だったから・・・」「あだ名なんじゃないか?」「でもさ・・・彼をそう呼んだその男・・・」「帽子を目深に被ってたから顔はよく見えなかったけど・・・」「似てる気がするんだよね・・・」「安室さん・・・アンタにな!!」 File:937

scotch_sera_f937

安室は4年前にスコッチや赤井と一緒に行動していることから、この時は既に潜入済みのようである。赤井(5年前)とライバル関係だったということからも、潜入時期は大体同じ時期なのではないかと。ライバル争いをしていたということは、ポジションは同じくらいだったと考えられる。

安室の両親について

amuro_irene_f889

File889で安室の幼少期が描かれたが、現在と同じ茶髪(作者曰く、アニメは金髪だが原作では茶髪とのこと。)で色黒。

漫画なので両親が日本人でも茶髪ということはあるかもしれないが、肌の色はともかく、髪の色は普通に考えればハーフなのでは?という疑いが出てくる。

以前、作者はインタビューで「髪の色や肌の色は自前か?」という問いに対し、「言えない。色が黒いのもね、意味深だよね(笑)」と答えている。(後に、SDBや年賀状でも「安室は、ハーフなのかもね(笑)」と言及。)

青山剛昌先生と話そうDAY!! 【2014】

肌の色等に何か意味があるようなニュアンスなので、そうなれば何かの病気等、他の可能性もあるにしろ、まずはやはり両親が気になるところ。

安室は現役の公安警察(緋色シリーズ(File893-898)で確定)であることから、日本国籍。つまり、少なくとも片親が日本人で日本国籍を選択しているか、日本で生まれ「父母がともに不明のとき又は無国籍」。

帰化という可能性もあるが、父母不明だった場合も含めて国家機密を扱う公安という特殊な立場に就くのは難しいのではと。安室の「僕の日本から~」等の強い愛国心を見れば、ルーツは日本にあるような。

両親が外国人で日本生まれ、もしくは片親が外国人(外国人の血を持った日本人)なのか。現実的には前者の場合、採用の段階で警察官になるのは難しいと思われる。この辺は漫画だからOKとするか、うまく偽装したか。

ハーフというより、片方が外国人の血を引いた、安室は日本人の両親のクォーターかもしれない。このくらいなら、公安は漫画だからとして、現実でも警察官ならなれるのではと。

具体的に考えられそうなパターンは?

安室はイギリス人であるエレーナに怪我を手当てしてもらっていることから、イギリスに住んでいた可能性もある。イギリスにいたエレーナが日本に留学するためにお別れしたか、日本の学校や施設でにいたエレーナが組織に入った。または、民間を装った組織の研究施設にいたエレーナが、アメリカなど他国の研究施設に移ったか。あるいは、灰原と同じように薬を完成させるためにお別れしたか。色々考えられる。

安室の見た目から判断すると、大体4,5歳。25年くらい前かもしれない。それなら、イギリス⇒日本か、学校⇒組織の可能性が高いかも。

また、いつも怪我の手当てをしてもらっているという状況から、母親が近くにいないようにも思える。(幼少期既に他界か?)それか、シンプルに学校か。

バーボン編ではアムロ・レイ、セイラ・マス、シャア・アズナブルとガンダムをオマージュとしたキャラが登場し、シャアとセイラの兄妹関係や、シャアとアムロのライバル関係などが再現されている。しかし、アムロ(シャア)にとって重要な人物であるララア・スンのオマージュキャラは登場していない。当初はシャア(赤井)の恋人である宮野明美がそれに当たる可能性も考えられたが、そうではなかった。(作者も否定)

そこで一つ考えられるのが、今後明らかにされる安室の母がララアのオマージュだったり?ララアはインド系で色黒の肌。安室の肌の色はその影響とか。インドは昔英国の植民地であった。なぜ英国なのかというと、今後の組織編はその英国関係で話が広がってくる可能性があるから。安室の子供の頃のあだ名は「ゼロ」。「0」はインドが起源でもある。

詳細は↓
バーボン編から続く英国の関連の人物や伏線
領域外の妹

スコッチ ─

緋色シリーズでは安室と深い関係にあったと考えられる「スコッチ」(数年前に他界)が登場。彼もまたそのコードネームからイギリス(スコットランド)と関係する人物のようである。

詳細は↓
スコッチ

安室の態度からすると、彼が父親であったという可能性も考えられる。スコッチはスコットランド出身で、何らかの理由でイギリス人であるエレーナと繋がりがあったかもしれない。

ララアは黒髪なので、彼がイギリス人で茶髪(金髪)かも。遺伝の優劣に関しては、あくまで可能性の問題であり、安室登場回の話でもレアケースが説明されているのであまり気にしない。黒髪×金髪で赤茶っぽく出ることがあるので、それで茶髪になったか。(灰原も同じ)

ただ、ララア(色黒の黒髪)×スコッチ(茶髪の色白)だと両親外国人になってしまう。それに、スコッチは公安として組織に潜入していたので、彼は日本国籍である。

このままではぴったり当て嵌まらないので、スコッチは単純に英国(エレーナや母親)と関係があるだけで、純粋な日本人。もしくは、イギリス系の日本人で安室はクオーター。あるいは、ララアが茶髪の色黒という設定とか、少しいじってくるかもしれない。

スコッチの登場

sera_scotch_f937

88巻、ガールズバンドの話でスコッチが世良の回想で初登場。見た目は20代からせいぜい30代前半くらいのようなので、安室の父親という可能性はなくなる。

また、90巻の「裏切りの真相」シリーズでは、スコッチは安室のことを「ゼロ」と呼び直していることから、スコッチと安室は子供時代からの関係の可能性が高い。というか、幼少期に安室とケンカをしたのがスコッチで、幼馴染というのが今のところシンプルな解釈。

まだ兄弟(血の繋がりはない OR 義理の兄弟含む)という可能性はあるけれど、あだ名呼びというところからも、友人の確度のほうが高そう。本当に兄弟であるのなら、そのことが知られていいる以上は一緒に潜入捜査員として派遣される可能性も低い。

年賀状では、「安室の母とララアは関係ない」(ソース未確認)という言及もあったようで、ガンダムではアムロとシャアの確執の要因となったのがララアであったように、名探偵コナンで赤井と安室の確執の要因がスコッチであることから、ララアにあたる役割はスコッチで、ララアを直接オマージュしたようなキャラというのは出てこないかもしれない。

安室は髪の色だけでなく、時々(組織のバーボンとして働いている時)、ジョディやベルモットと同じ外国人の目になることからも、外国人の血が流れている可能性は高く、スコッチもまた同様に赤井と同じハーフ(外国人)の目。

公安の安室とスコッチの親が外国人というのは一体どういうことなのかというのと、あえて二人をハーフなりクォーターにする理由。これが、二人が幼馴染であったことに関係があるのか。また、スコッチにはイギリス(スコットランド)伏線もあることから、彼らの生い立ちにはまだ深い謎があり、今後重要になってきそう。

sponsored link
更新日:2016-9-20


コメントを残す