サンデー File:958

sponsored link

宿里村の怪

あのヘッポコ警部がからんで来るんじゃ~ってのが、そう言われると怪しいのだけれど、場所が静岡なら、実は県境で群馬の管轄とかはなさそうなので大丈夫かな?

毎回服部と山村警部じゃこの2人がセット扱いみたいになっちゃうし、横溝警部は最近出てないとか言われてたので、そろそろ出さなきゃなってところで静岡にしたのかも。

今回、登場人物は戦国系と関係ないけれど、徳川の埋蔵金だし、ラム編のヒントとか出ないかなーと期待したいところだけれど、さすがにこじつけに近いのであんまり期待はしないほうがいいかも(笑)

ダイイングメッセージのトリックが、そのまま羽田浩司の暗号を解くヒントになったりとかしたら面白いんですけどね。

園子:「ええっ!?そっくりさんだった!?」「マジで!?」

蘭:「じゃあやっぱり梓さんは昨夜のホールに行ってないんですね?」

梓:「え、ええ・・・」「そんなに似てましたか?」

安室:「ええ、僕もホールの入り口で呼び止められて・・・すっかりだまされました・・・」「一体、誰だったんでしょうかねぇ?」

園子:「怪盗キッドなんじゃない?わたしのハートを盗みに♡」

蘭:「まさかぁ・・・」

怪盗キッド!のことを安室はどう思ってるんだろう(笑)これがミストレの宮野志保=キッドに気づくフラグに!?はならないか…

ちょっと現在進行の話から外れるけれど、ちょと考えてみると、ミステリートレインに現れた男=赤井ではないか?と疑いをかけて、その赤井が生きていることは確認できたのだから、現時点でも安室が宮野志保が生きている可能性を想定することはできなくはない。

あの場にあのタイミングでわざわざ赤井が出てきたのだから、安室の視点なら「奴の目的は宮野志保を助けるため」と考えるだろうし、赤井が無策でやって来て失敗しましたなんてことはない。

安室の推理方法って、こういうところは前提で入って証拠集めは後回しだったりするところがある。赤井の死亡偽装についても、もしかしたらキールがスパイではないかと最初から疑っていたから等の付加要素もあるかもしれないけれど、根本は赤井がそう簡単に死ぬわけがないという理由。

ベルモットの変装技術を知っていれば、変装マスクや声帯模写の理論は大丈夫。ただ、「怪盗キッドに協力してもらって~」ってのはちょっと無理があるような。キッドとコナンはいつも協力関係にあるわけじゃないし、あの時も行き当たりバッタリみたいな作戦だったので。

沖矢=赤井を見破る過程でも、変装の手伝いをしている協力者がいることはいずれ知るはず。というか、元々は沖矢=赤井で推理していたのを騙されたわけだから、その前提ではあるか。

工藤有希子が変装技術を持っているなどの情報は簡単に手に入るので、変装した偽の宮野志保が自分の前に現れて、拡声器で本物の宮野志保が声を出して── などと推理はできるかもしれない。でも、これじゃ間違ってるのでかっこ悪い(笑)

有希子の止め役はベルモットがやっていたし、赤井は目の前にいた。コナンには宮野志保の代わりはできないし、爆破に巻き込まれてもそこから抜け出す役をこなす必要がある。列車に乗ったコナンの協力者から宮野志保の代役ができる人物がいないので、理論的にトリックを見破るのは難しいかも。

メイドが途中で消えたという目撃情報があり、それがキッドだったとか推理させることもできなくはないけれど、ちょっとその辺の説明をさせるのはくどい。

今からミステリートレインのトリックを見破るには証拠を揃えるのが厳しい気がするけれど、最近の傾向をみると大雑把に済ませてしまうこともあるので、「どういう経緯があったかは知りませんが、怪盗キッドにでも頼んで変装してもらったんでしょう~」とかで済ませてしまうパターンも。

もっと言えば、「あの状況で宮野志保をどう助けたのかはわかりませんが~」とか(笑)これでは小五郎の推理方法と同じ、トリックがわからないのに確信したらこの漫画としてはちょっとずるい気がするけど、重要なのはどうやって助けたかではなくて、助かったかどうかの事実。

人に聞かせるならともかく、自分が知ることができれば十分であるのなら、いくつか不明な点があってもゴールから逆算してそこの証拠さえ押さえてしまえば問題ない。そうなると、トリックには深く触れずにやはり前提から入り、今どうしているのかを考えるかも。

赤井とコナンが協力して宮野志保の死亡を偽装した(推定)。2人は宮野志保の協力者。そうなると、宮野志保は沖矢=赤井と同じように、コナン周辺に匿われている可能性が高い。

なぜ赤井は沖矢に変装して工藤邸に住んでいるのか。別に、赤井は死んだことになってるので、住む場所に困ったからでもいいのだけれど、もっと深い目的があるはず。工藤邸の隣は阿笠邸。そこに住んでいるの博士と茶髪の少女… 博士は未婚なのに少女が同棲。そう言えば、少年探偵団と一緒にいるあの女の子は、自分がいるときはいつも隠れているような気がする── と安室なら推理可能。

ただ、あれだけコナンの不自然な行動や工藤家との関係を知りながらも、コナン=新一にまだたどり着いていないようなので、安室はまだ幼児化という発想がないようでもある。

もしかしたら、順序が逆だったり。宮野志保は沖矢、コナン周辺にいるはず⇒でも、どうやら匿ってるのは宮野志保ではなくて灰原と呼ばれる謎の茶髪の少女⇒そう言えば、あの子は宮野志保にそっくり⇒一体どういうことだ?

世間のうわさでは、工藤新一は事件に巻き込まれて失踪したとされているが、今でもたまに事件を解決していると警察庁で報告されている。調べたら、工藤新一はジンにAPTX4869を飲まされて死亡したことになっている。

工藤家とかかわりを持つ少年。工藤新一顔負けの推理力を持ち、子供なのになぜか黒の組織を追っている。そういえば、エレーナ先生の研究内容って… まさかこの2人は!?と気づくことができるかも。

切り口はいくらでもありそう。前述したように、工藤新一がジンにAPTX4869を飲まされて死亡したという情報を何かのタイミングで知ることができれば、そこから入ることもできそう。APTX4869の死亡者リストでは死亡扱い。あのリストに手を加えることができたのは研究者である宮野志保だとか。

まぁ、じっくり考えれば可能というだけで、今の安室の行動の優先度は赤井なので動くかどうかは別問題。実際、緋色で赤井を捕まえることに失敗したにもかかわらず、まだ沖矢=赤井を疑ってその正体を暴こうとしている。

ベルモットには「勝手な行動は避けたほうが良さそう~」と言われてるのに、まだポアロにいるし(笑)たぶん、組織は本部を持たずに、命令が入るまで自宅待機なのかな。だから、キールのように疑いがかかり行動が制限されない限りはプライベートは問われないのかも。

コナン:(ま、ベルモットだけど・・・)(でもわざわざ探りに来たって事は・・・)(やっぱり17年前に羽田浩司が遺した・・・)(「ASACA RUM」って暗号の事が・・・)(黒ずくめの組織の奴らも気になってるって事か・・・)

コナンの推理だと、組織も「「ASACA RUM」の暗号が気になって探りに来た」とのこと。ん?これだと、組織もメッセージの正しい解釈がわかっていない?

それとも、「気になっている」というのは、暗号に気づいた人物は事件の情報を掴んでいる可能性があるので、組織が消しにかかっているという意味で「気になっている」?でも、コナンはASACAではなくて、「”暗号”が気になる」と言ってるけど。

前者だと、組織も暗号何を意味しているのか、確定していないということに。後者なら、波土が「ASACA」と明らかに浅香本人を指したようなタイトルをつけてきたので、何らかの情報が漏洩しそうなら消せと、組織はバーボンを刺客として波土のところに調査に出している。

アマンダや羽田浩司の死因から考えて、コナンなら十中八九APTX4869(組織)による殺人と判断するはず。それならば、組織が羽田浩司の事件の詳細を知らないのはおかしい。

事件の犯人は「RUM」なのに、羽田浩司が「ASACA」と犯人でない人物の名前を意味深に残したので、組織は羽田浩司が自分達はまだ気づいていない重要な秘密を隠した可能性があると考え探りを入れている。

あるいは、事情を知っている組織は暗号の解読方法が「ASACA RUM」ではないことを知っているので、羽田浩司が暗号を残したことに気づいた人物が、さらに本当の意味に気づく(気づいた)可能性があるとして探りを入れているとか。

組織は「ASACA」というタイトルの曲を出そうとした波土を即抹殺対象としていないので、「ASACA RUM」の暗号に気づかれただけではそこまで致命的ではないような。

もしかしたら、波土の「ASACA」が本当に17年前の浅香のことを指しているのか慎重になったのかもしれないけれど、世間に17年前の事件の犯人が重要参考人として失踪中の浅香だと漏れることに意味はないし、「RUM」も世間にとっては何のことかわからない。

・組織は、「ASACA RUM」の暗号から本当の意味、例えば「CARASUMA」に気づかれることを恐れている。烏丸はともかく、これはまぁありえる。

・組織は、犯人がラムなのに、羽田浩司が「ASACA」と犯人ではない名前を残したので、その真意を探っている。

これもありだけど、ラム=烏丸が「U MASCARA」のアルファベットを自分の名前である「CARASUMA」ではなくて「ASACA RUM」と解釈して本当の意味に気づいていないのは頭が悪すぎるので、「CARASUMA」のパターンはなくなりそう。

上記2つのパターンはどちらも暗号の解釈は「ASACA RUM」ではない。コナンは組織が「ASACA」という曲のタイトルを見て、波土が浅香と接点のある人物かもしれないと探りを入れたと考えずに、「ASACA RUM」の暗号が気になって探りに来たと考えているので、まだ暗号の解釈はひっくりかえる可能性はあるのかも。

次ページへ

sponsored link
コメントはこちら