サンデー File:954

sponsored link

ベルモット:「バーボン?」「ちょっとバーボン?」

安室:「え?」

ベルモット:「「え?」じゃないわよ・・・」「さっきの交差点右折しないと・・・」

安室:「すみません・・・少し考え事をしていたもので・・・」

ベルモット:「あら・・・」「らしくないわね・・・」「じゃあさっきの話、聞いてなかったの?」

安室:「聞いてましたよ・・・」「ソレが公になる前に探りを入れて・・・必要とあらば潰せばいいんですよね?」

ベルモット:「相手は大物・・・」「接近しにくいなら関係者に変装させてあげるけど?」

安室:「いえ、ご心配なく・・・」「相手の懐に入るアテならありますから・・・」

安室とベルモットの顔、めっちゃ気合入って描いてます。

考え事とかご都合主義だろという印象も否めないのだけれど、「らしくないわね」とフォローされているので、まぁ今回が特別。でも、緋色の時も感傷にふけってたような。

人の話を聞いていないようで聞いている男(笑)赤井は聞き流してしまうタイプのような気もする。

「ソレ」については後でまた出てくるのだけれど、「探りを入れて必要とあらば」なので、まだ情報が公開されることが確定されているわけではなくて、その恐れがあるので、ヤバそうだったらその時は消せということ。

でも、安室は「ソレ」がわかった上で話しているので、恐らく今後コナンや沖矢が手に入れる情報は既に知っているのかも。

園子:「──ったく・・・何が悲しゅうて学校帰りの華のJKが・・・」「留守中の推理オタクの家を掃除せにゃならんのよ?」

蘭:「まぁまぁ・・・」

コナン:(すみませんねぇ・・・)

沖矢:「申し訳ありません手伝って頂いて・・・一人で掃除するには広過ぎて・・・」

園子:「いえ?お掃除好きなんで♡」

蘭:(園子・・・)

お嬢様なのに文句言いながらもちゃんと掃除手伝ってる園子がかわいい。新一の家の掃除ってしょっちゅうやってるような気がするのだけど、実際はそうでもないんだっけ?

本棚の本を全部出して雑巾がけって大掃除並。別に1年くらいそのままでも良さそうなのだけれど、なぜ沖矢も巻き込んで今あえて大掃除なのか(笑)

ここまでの経緯が知りたい。沖矢が「申し訳ありません」って言ってるので、最初から蘭ねーちゃんが園子を連れて新一の家の掃除に来たわけではなくて、沖矢が誘ってたり?世良に会って情報を聞く口実作るために。

毎度のお裾分けと同じように、掃除してるふりをして、新一の家の前を通った蘭を呼び止め手伝ってくれって感じで。

沖矢:「そういえば世良真純さん・・・でしたっけ?」「彼女は来なかったんですね・・・」

園子:「ああ・・・世良ちゃんも誘ったんだけど・・・」

蘭:「何かまたホテルを引っ越すからバタバタしてるらしくて・・・」「でもホテル暮らしなんて憧れちゃうよ♡」

園子:「そーお?」

コナン:(ま、豪邸に住んでるお嬢様は、毎日がホテル暮らしみてえなもんだし・・・)

沖矢:「その世良さんの周りに変わった人とか見かけませんでしたか?」

蘭:「変わった人?」

沖矢:「そう、例えば・・・絶えず周囲を警戒し危険な相手なら瞬時に制圧する能力に長けた・・・」「「浅香」という名の・・・まぁ、そうは名乗っていないでしょうけど・・・」

コナン:(・・・・・・)

ホテル移動は先週の話で既出。「世良さんの周りに変わった人とか見かけませんでしたか?」って、これまた唐突。

「絶えず周囲を警戒し危険な相手なら瞬時に制圧する能力に長けた」って、一応領域外の妹を想像させるようにしてるんですかねぇ。でも、沖矢が色黒の写真思い浮かべてる時点で全然そうはなっていないのだけれど、一体何がしたいのか(笑)

羽田浩司の事件を最初に扱った時に浅香の写真を公開しなければ、今頃は浅香=領域外の妹ではないかって読者は考えたかもしれない。そうでなくとも、説明できないことは多々あるけれども、可能性は考慮に入れる必要があったはず。

浅香は元々色白だったけど、色黒のほうが強そうだから相手を威圧するために日焼けしてただけとか言い出したら切りがないので、現時点ではそこまでは想定しない。そうすると、浅香=領域外の妹は結びつかないのだけれど…

浅香は現在逃亡中の身なので、もし一般人として生活してるとしても、浅香ではなくて偽名で活動している可能性が高い。それ言ったら、浅香も本名なのかわからないよねっていう。

領域外の妹はそもそも偽名すら人に名のっていないし、蘭や園子どころか、コナンからも隠れてるんですけど。絶えず周囲を警戒している怪しい人がどうして蘭や園子に姿を見せると思っているのか。

とりあえず、コナンはその発言を聞いてポカーンなので、相変わらず二人は連携なしに自分勝手に捜査を続けているだけ(笑)もしかしたら、コナン向けのミスリードみたいな感じなのかも。でも、コナンも浅香の写真は見てるんだけど。

はっきりしたのは、赤井は少なくとも死亡偽装後は母と連絡は取り合ってないということ。なので、現在の状況がわかっていない。

世良から直接話を聞きだせれば手っ取り早かったのだけれど、残念ながら今日は来なかったようで、それはできなかった。もし来てたらどう聞くつもりだったのか興味深い。

世良に、「周囲を警戒し危険な相手なら瞬時に制圧する能力に長けた「浅香」という名の人はいますか」なんて聞いたら警戒されまくり。もしかしたら、世良が来ないことを予測して蘭や園子に情報を聞きだそうとしたのかも。ホテルでの事件のことがわかれば、その辺のことは想定できるはず。

沖矢が浅香をどういう人物と考えているのか。世良と一緒に行動して、周囲を警戒し、危険な相手を制圧している。ということは、現時点で浅香を敵とはみなしていないようでもある。こっそり近づいて命を狙っているとかでなければ。

でも、世良にSPなんて不要だし、なんで浅香が世良と一緒に行動してるなんて考えたのか。

赤井は17年前の羽田浩司の事件を全然解決できず、ようやく今になってDMが残されていることに気づき、「ASACA RUM」と解釈した。

浅香は事件の当事者でもあり、生き残りでもある。(たぶん、生きている)DMに残されたメッセージ関係なく、重要人物なのは間違いない。その浅香に話を聞くことが出来れば、17年前に何が起きたのかは大体わかるのだけれど、それができなかったのは居場所が特定できずに見つからないから。

それが突然、浅香が妹の真純と一緒にいるのではないかと疑い蘭や園子に話を聞くことにした。この経緯が重要なのだけれど、現時点で説明できそうなきっかけは、前の事件の情報をコナンから聞いたかニュースで知ったか、盗聴していたかで、世良とママが浅香の居場所を特定した可能性があると考えたからかもしれない。

園子:「「アサカ」じゃないけどいるよ1人!」

蘭:「え?そんな人いた?」

園子:「蘭よ蘭!」「わたし専属のSPだし♡」

蘭:「あのねぇ・・・わたしは変わった人じゃないでしょ?」

園子:「そうそう「アサカ」っていえば・・・」「ロックミュージジシャンの波土禄道
が今度出す新曲のタイトルが「アサカ」だよ!」「17年も前に作った曲にやっと歌詞つけて、今度のライブでお披露目するってさ・・・」

コナン:(17年前?)

蘭:「でもそのタイトルって変わってるんだよね?」

沖矢:「変わってるとは?」

園子:「アルファベット表記でネットに発表されたんだけど・・・」「「アサカ」の「カ」の字が・・・」「「KA」じゃなくて「CA」でさー・・・」

沖矢:(KAが・・・)

コナン:(CA・・・)

ASACA RUM

波土禄道って響きが楠田陸道っぽい(笑)最近、ポカーンと口開けてる顔が増えてるような気がする。かわいいけどアホ顔。しかめっ面の園子もかわいい。

「今度出すが今度出す新曲のタイトルが「アサカ」」これがここまでで一番ヒドイ… でも、先を見たらなるほど~ってなるかもしれない?

わざわざ17年前に作った曲としているので、この波土禄道が羽田浩司の事件について何かを知ってるっぽい。DMの意味に気づいただけでは新情報にならないし、17年前である必要はない。そうなると、波土禄道独自で事件やその関係者に接点があったのかもしれない。

タイトルが「アサカ」だけではなんてことはないので、歌詞に何か含まれていると考えられる。タイトルは既に公開されているので、これが組織が重要視する情報ではない。

しかし、その肝心な歌詞はまだ未完成で波土禄道は死んでしまうという、まぁお決まりの展開。このままじゃ進展しないので、メモとかを残してるのかもしれない。たぶん、曲のタイトルがASACAなわけだから、浅香に関しての新情報かも。

歌詞といえば、TWO-MIXの事件が思い出されるけどあれは偶然だった。今回はどうだろう。羽田浩司の事件の真相を国中にバラすと言うより、浅香の出生がわかるとか、意図せずにってこともあるかもしれない。

次ページへ

sponsored link
更新日:2016-8-18
コメントはこちら