サンデー File:947

sponsored link

灰原:「ねえ・・・」「あなた知ってる?」「羽田浩司・・・」

コナン:「ああ!!七冠王に一番近いと期待されてた天才棋士だったけれど・・・」「趣味でやってたチェスの大会に出場する為に渡米してて・・・」「その最中に何かの事件に巻き込まれて亡くなったんだよな?」「苗字が同じ羽田だったから親戚かもって思ってたけど・・・」「まさか太閤名人の義理の兄さんだったとは・・・」「──ってその棋士がどうかしたのかよ?」

灰原:「その名前・・・見覚えがあるのよ・・・」「APTX4869を飲まされた人物リストの・・・」「あなたの名前の二つ下にね・・・」

■ 組織に繋がる重要人物・・・羽田浩司の事件とは一体・・・!?

「見覚えがあるのよ」って、見覚えはともかく、電話で「羽田浩司」と聞いても普通は同一人物だとは思わない(笑)しかも、二つ下ってすごい記憶力。まぁ、数はそれほど多くはなくて覚えられる程度だったのかもしれない。

それに、「義理の兄」ってのは秀吉が電話で由美に話したことで、コナンはそれを聞いていないはずなのだけれど、これは後で事情を聞いたということでいいのか。

「親戚かもって思ってた」ということは、コナンはまだ秀吉が赤井家の次男だということに気づいていないと言えるかも。

コナンは世良と赤井が兄妹であることはもう知っている。一方で、世良の真ん中の兄は高校卒業までは母方の姓である「世良」だったことも聞いている。そして、世良と赤井の関係を聞く前から、「父親は赤井~?」みたいなことを世良に聞こうとしていたように、父方の姓は赤井と想定している。

その前提で、もし次男が事情があって羽田姓に変わったことを知っているのなら、羽田浩司が次男(秀吉)の親戚だとは思わないのではと。まぁ、親戚だったから養子縁組をしたとも考えられるのだけれど、コナンはシンプルに苗字が同じだから親戚関係であるという思考ではないかと。

秀吉がプロ棋士になる前の姓が世良であることは調べればわかると思うのだけれど、漫画の都合か、何かの力が働いて隠遁でもされてるのか。

秀吉の義理の兄になれるのは「兄弟姉妹の配偶者」「配偶者の兄弟姉妹」「養親の実の子供」「実親の養子」「親の再婚相手の連れ子」のパターン。

真純も秀吉も未婚なので一つ目と二つ目はない。

親の養子であれば、両親のどちらかが羽田姓となるはず。けれど、婚姻届から父方の姓は赤井、世良の発言から母方の姓は世良とわかっているのでこれもない。羽田浩司が赤井家の養子になったのなら、赤井浩司となる。(浩司が赤井パパか世良ママの戸籍に入らなければ法律上秀吉の義兄にはならない。)

真純が生まれた後に赤井パパと世良ママが離婚、羽田姓の相手と再婚して羽田浩司が付いてきたというパターンもあるが、これだと秀吉に羽田姓の義父母両方がいることが説明できない。

*世良ママと羽田新パパが再婚。世良ママと秀吉だけが羽田パパの戸籍に入り、真純は養子縁組なし。世良ママと羽田パパが後に離婚して、羽田パパが再婚したとすれば、秀吉に羽田姓の義父母がいる可能性は出て来るかもしれない。

シンプルに考えれば「養親の実の子」。つまり、秀吉は養子縁組をして羽田姓になったと考えられる。

羽田浩司についてはちょっと疑問点が多すぎて何を書いていいか困るくらい。

もう少し掘り下げると、七冠王に一番近いと期待されてた天才棋士だったとのこと。棋士ということで、やはり名前のネタは谷川浩司棋士。てか、APTX4869で殺されちゃってるし(笑)

まぁ、名前はあまり似てないし、将棋ネタがなければオマージュしてるとわからないくらいなので問題なしか。

で、その義理の兄さんである浩司は趣味でやってたチェスの大会に出場する為に渡米して、その最中に何かの事件に巻き込まれて亡くなった。

もちろん、もう読者には羽田浩司が組織にAPTX4869を飲まされて殺害されたことがわかっている。本当に色々気になるのだけれど、まず場所がアメリカということ。

20年前にベルモットがジョディの両親を殺害したり、1年前にNYで通り魔に変装したベルモットが赤井を襲ったり、FBIが捜査している時点でアメリカでも組織は活発に活動しているのは確かなのだけれど、漫画でもこれから取り扱う大きなエピソードが再びアメリカを舞台に用意されているということ。

24巻でジンがピスコに「なんなら例の薬を使っても構わねーぜ」と言っているように、APTX4869を持ち出せるのはジンだけではないので羽田浩司を殺害した組織のメンバーが名無しのモブということもありえるけど、もしかしたらアメリカで活動している重要キャラかもしれない。もしくは、アメリカということでベルモットとか。

ピスコもあの方に長年仕えたくらいのキャラなので下っ端ではないのだけれど… ただのモブと言うよりは、漫画の都合で描かれないというパターンもあるかもしれないけれど、ちょっと期待。

そして、組織はなぜ羽田浩司を殺害したのか。土門議員候補のような例外もあるけれど、基本的に組織が暗殺をする動機は重要な秘密を知られてしまった時。特に、何の痕跡も残さないAPTX4869を使うのはこの場合だと考えられる。

そうなると、羽田浩司は一体何を知ってしまったのかということになるのだけれど、これはエピソード待ちとして、何で知ることになったのか。

偶然なのか、羽田浩司は棋士でありながらも諜報機関のメンバーの一員だとか、その関係者と繋がりがあったとか、裏の顔があったのか。

普段は棋士として日本で活動、(表向きは)アメリカへは趣味のチェスでたまたま渡米していただけであるので、計画的な暗殺であるのなら日本のほうが簡単なような。そう考えるとただの偶然ということもあるのかもしれない。

柱には「組織に繋がる重要人物・・・羽田浩司の事件とは一体」とあるので、「羽田浩司の事件」が重要なのは間違いなさそうだけれど、羽田浩司は事件に関わるただの繋ぎなのか、それともスコッチぐらい重要な役目があるのかも興味深い。

これは秀吉が羽田家に養子入りした理由がわかれば少し絞れるかもしれない。赤井パパが死んだ理由が組織関係であり、羽田浩司が組織と無関係であれば、秀吉の死神度がヤバイことに(笑)

でも、赤井パパが組織に殺害されたことで、組織から逃れるために赤井パパと知り合いだった羽田夫婦あるいは、浩司の縁で養子になって擬似証人プログラム的な手段を取ったのなら、浩司が殺害されてる時点で秀吉も危ういし── ということに。また、羽田夫婦が現在でも生きているのか、物語にどれくらい重要なのかも気になるところ。

羽田夫婦まで組織に殺害されていたらさすがに秀吉も無事ではなさそうなので、組織とは無縁かも。羽田浩司は有名人なので身バレしてるだろうし、組織の常套手段は関係者やその家まで含めて燃やしてしまうこと。

その気になれば日本にいる家族全員狙われてもおかしくないけれど、そうなってないのはその場で口封じして終わったからかも。

まぁ、赤井パパと羽田浩司が知り合いでアメリカで再会しているところを一緒に狙われてしまったとか、どうにでもなりそうなところなのでもう少し情報が欲しいところ。

それから、羽田浩司がAPTX4869を飲まされた時期について。コナンの「七冠王に一番近いと期待されてた天才棋士だった」というのはここ1年以内よりもっと前のようなニュアンスのような。

作中の経過時間(幼児化)は半年~として、半年前に七冠に一番近い男が殺害されたのなら、秀吉は今年に七冠するのは厳しかったのでは?期待はされてたけど秀吉の連勝だったとかいうオチでもいいけど…

何が問題かと言うと、APTX4869は人間に試したのは新一が初めてのはずだから。これは領域外の妹についても同様なのだけれど、彼女の場合は最新の薬である必要はないのに対して、羽田浩司はAPTX4869の殺外者リストに載っているので、新一と同じ薬のはず。

ちなみに、リストにあった名前は新一以外はきちんと死亡が確認されていたので、羽田浩司が実は生きているということはなさそう。FBIの協力で死亡を偽装して~とかこじつけは現時点では考えない。

あのリスト、羽田浩司の下にいる野本が「のもと」を「やもと」と読まない限りは五十音順ではなさそうで、そうするとAPTX4869で殺された順番とも考えられたのだけれど、今回の話で〇石が武石であることが判明したので、五十音順ではないことは確定。

武石良雄は大石良雄?ちょっとわかりません。羽田浩司が出て来たことで豊田稔も怪しいけれど、隠されていた名前が判明したという意味では武石の方が意味深かも?

でも、羽田浩司は工藤新一の下にある件(笑)もしAPTX4869を飲んだ順番なのであれば、羽田浩司が薬を飲んだのは新一の後。それに、灰原が「あなたの名前の二つ下」と言ったのも順番を意識していそうなニュアンス。

それでも、新一の前にも名前があるのだから、順番なら新一が最初という話は嘘になる。「でたらめ」であれば問題ないのだけれど… それか、多少タイムラグがあっただけで、ジンが新一に薬を飲ませた時に他所でも同じように殺害が行われていた。羽田浩司は新一の二日後くらいだったとか、それならストーリー上はそんなに影響ないし、ジンも情報を得るのに時間差があっただけとなる。

1巻であの台詞を描いた時は新一が最初だったとは思うんですよね。最初から「実はもっと前から~」と考えていたわけではなくて。どこまで複雑化させるのか。なんか、あんまり設定をひっくり返すのはやめて欲しい(笑)

ともかく、研究者である灰原はAPTX4869がいつどの段階でどのような結果を出していたか、組織が薬を毒薬として使用し始めた時期を知ってるとは思うのだけれど。それで、薬による死亡者リストを見ているのだから、自分の想定よりも早い段階で使われていたのなら気づいているような。

灰原が研究をボイコットした理由は姉が殺されたこともあるけれど、APTX4869を殺害用の道具に利用されたこともあったはず。何年も前からAPTX4869が殺人の薬として使用されていたのならもっと早く抗議するだろうし、そもそもそんな騒動が起きていれば、ジンは自分が薬を使うのが最初だと思っていた件などが辻褄が合わなくなる。

もしかしたら、リストの順番だったりAPTX4869による殺害順は「大体同じ時期」であれば、あんまり重要じゃないのかも。

結局のところ、羽田浩司が殺されたアメリカの事件のエピソードが重要なのは確かとして、羽田浩司の正体(ただの棋士なのか、赤井家との関連)やAPTX4869を飲まされた時期、誰にどんな理由で飲まされたのか等がわかってこないことには何とも。

事件についても、これ単独で重要な事件になるのか、他の伏線と繋がるのか。アメリカということで、FBIが組織を追う理由、赤井やジェイムズがFBIに入った理由、赤井パパの死の真相、ジョディの両親関係、ベルモット関係、ジェイムズが暴漢に襲われた件やラディシュの再登場とか。あるいは領域外の妹の事情かラムの正体か、拳銃関連か、10年前の黒田の事件か。

シンプルに羽田浩司がAPTX4869を飲まされたのが新一の少し後(三年以内)であるのなら、その時世良と領域外の妹はアメリカにいたはず(イギリスでなければ)なので、領域外の妹関連と関係するかも?

婚姻届については↓に移動しました。
世良真純と安室透の出生の秘密

sponsored link
更新日:2016-2-24

サンデー File:947」への4件のフィードバック

  1. 管理人 投稿作成者

    >>モストワール さん

    調べたら、旧姓をミドルネームに残す人はいるみたいですね。
    このパターンが有力のように思えましたが、新たな問題も…

    婚姻届に「赤井 メアリー世良」とあるのなら、現在もメアリーは赤井姓。
    メアリーは日本に戸籍がないか、戸籍上も「赤井 メアリー世良」となっているか。
    それなら、真純や秀吉(羽田になる前)はなぜ世良姓なのか(どうすれば世良姓を名乗れるのか)という疑問が出てきます。

    まぁ、色々考えられそうですが、もう少し考察してみようと思います。

  2. 管理人 投稿作成者

    >>匿名さん

    邪には見えないかなぁ、右側が。デジカメとかで撮影して、それをパソコンの画像ソフトなどで拡大してみると生で見るよりも判断しやすいと思います。

    聖闘士星矢のオマージュはまだこの漫画ではでていませんね。まぁこれから出ないとも限りませんが。それから、作者によると赤井の父はもう亡くなっているようです。

  3. モストワール

    「世良」というのは、あくまで真純の母の「旧姓」なので、メアリーの本名は「赤井 メアリー世良」(Mary Sera Akai) なのではないでしょうか?旧姓をミドルネームにするというのは珍しい話ではないので、現在「赤井」が苗字で「世良」がミドルネームなら一応筋は通ると思うのですが…。

  4. 匿名

    俺には邪武に見えました。赤井父の名前が。邪武は聖闘士星矢のキャラクターに出てきていて武装のモデルがユニコーンギャロップでした。なので今度の映画の純黒の悪夢のコナンが乗っているナイトメアの馬が黒に染まったユニコーンギャロップなので、死んだとされている赤井父親邪武が、実は生きていて義眼でラムとして黒に染まって登場かもしれない。

コメントを残す