青山剛昌先生と話そうDAY!! 【2016】

sponsored link

その他の青山先生のコメント

劇場版について

司会:ここでぜひコマーシャルになりますけど、4月16日に劇場版名探偵コナン「純黒の悪夢」に決定しましたけど、この映画の見所を──

先生:「見所ですか、そりゃーもう黒ずくめとの対決です。あとはもう、公安の安室とFBIの赤井が、「ガチ対決!」です。」

一同:おーー!!

先生:「ボクシングVSジグンドーです」「場所はそれは恐ろしい・・・こんな所で戦うの?って・・・」

劇場版の宣伝。「ボクシングVSジグンドー」は動物の森でもコメントしてました。さらに、「こんな所で戦うの?」らしいです。

なんとなく、橋の欄干の上みたいなところで対峙してるようなイメージがあるんですが、ベタ過ぎるか(笑)「こんなとこ」なので、たぶん危険な場所っぽいような気はする。アクションの見所はここになるのかなぁ?

イラスト集

今年イラスト集出ますんで、ぜひみてね。

これは動物の森でもコメントしてました。

その他

Q:やっぱり新一は一目惚れって決めていたんですか?

先生:最初から決めてたよ。って、一目惚れに決まってるじゃねーか!(笑)

Q:蘭ちゃんは初恋は新一ですか?

先生:一目惚れじゃないねぇ。ん~~どうだろうね~~。でも新一は確実に一目惚れだよ。

これは参加者の方が個人的に聞いた内容のようです。新一の一目惚れは最初から決めていたに決まってるじゃねーか、とのこと。

蘭は一目惚れじゃないかも?否定する意味はないので、回答のニュアンス的にはたぶん一目惚れではないのかも。初恋についても明かされず。

一応、作中で蘭の初恋についての言及は多少あるのだけれど。

園子:「あれ?」「蘭の初恋の人って新一君でしょ?」

蘭:「ちょ、ちょっと勝手に決めつけないでよ!!」

園子:「おやぁ?その照れ様は図星ですな、二十面相君?」 File:173

18巻で園子が蘭に新一が初恋だとからかうと、蘭は照れながら否定。その照れ様は図星ですな、と園子にからかわれる。ここだけ見れば普通に初恋は新一でしょと思う。

蘭:(あの時からだ・・・)(あの時からわたしホントに・・・)(新一のこと・・・) File:354

ただ、蘭が本当に新一のことを好きになったのはNY編の時で、それを自覚したのが現在軸。

この辺は初期設定があるはずなので長期化による矛盾はないと思うのだけれど、どうだかはわからない(笑)

幼少期に「蘭って呼んで」と言った頃に新一のことを全く意識してなかったとは言い難く、その後、中学時代とかも幼馴染としか思っていなかったというのはしっくりこない。結局、恋愛は「気になる」「大好き」と程度があるので、蘭の場合は段階を経てなのかもしれない。

新一の場合、新一BOYで「最初に出会ったあの日からゾッコンだった~」と言っているので、最初からMAXの状態。先生の一目惚れの定義が一応この状態。

普通、一目惚れはそれこそ一目見た瞬間なのだけれど、新一の場合は蘭の笑顔を見て照れたラストーシーンが惚れポイントだと思われ、そこまで細かい定義ではないかも。ただ、「惚れる」の定義が完全に「もう結婚したい!」くらいの状態であることが重要かも。

蘭の場合、NY編で気づいたくらいなので、幼少期はまだあんまりそこまで意識はしていないっぽい。

新一においても服部においても、男のほうが鈍感で蘭や和葉の気持ちに気づけずに、そのために2人の距離がなかなか縮まらなかったりするのだけれど、先にベタ惚れしてるのは男のようで、(服部は一目惚れではなかったか)女性のほうが気持ちの変化はスローなのかも。

まだ、実は蘭の初恋が違う男でしたという含みも持たせているけれど、この漫画でそれやるかどうか… 恋愛漫画なら色々変化球はあるけれど、新一が一目惚れでずっと一途に蘭を思っているという設定がキレイにまとめているので、蘭は違う人が好きだったってやるとぶち壊しに(笑)

おわりに

今年から「質問タイム」がくじ引きになりました。一応パスもできるんですが、ほとんどの人がちゃんと質問していたような気がします。

なんか、序盤がちゃんとシャッフルしてなかったのか、早めの番号ばっかりだったんですよね。早く来る人は熱狂的なファンが多いので、当たった人の多くはくじ引きじゃなくても手を挙げていたような気がしました。偶然うまくいったというか。

本来なら、ランダムに当てても質問を考えてない人がその場で思いついたことを適当に聞いたりして、質問のクオリティが下がりそうなんですが、例年とそんなに変わらなかったような気もします。

けっこう、コナンに興味ないけど近いから見に来た地元の人とかもいるんです。下書きが当たった人でも、「いらねーよ、どうするいる?」「おれもいらねー」みたいな声もどこからか聞こえて、「くれー!!」って言おうとしたけど、ちょっと勇気がなかった(笑)

質問を考えてくる人の方が、ちょっとそれはっていう質問をガツガツ聞きすぎてノーコメント連続になりそうな気もするんですが、むしろそこまで考えて、ちゃんと答えてくれそうな、ネタバレ許容範囲の質問を意識して考えている人も多いので、どっちもどっちかも。

佐藤刑事の服装とか、高木刑事の階級とか、そういう作中で明かされない、読者も気になってる裏設定とかミスなのかどうかわからないようなところは大抵快く答えてくれます。

ストーリーや推理に関係する部分は、それを言われたら読者も面白くないし、先生も空気を読んでノーコメント。まぁ、何も驚きがないんとつまらないので、多少のネタバレは期待してるところもあるんですが。去年は伊達刑事の伏線とか、今年は18巻の伏線とか。先生も一つ二つはファンサービスで予告とかヒントを教えてくれます。

くじのほうがエンタメ性が上がって面白いと思いましたが、女性のみに偏ったり、小さい子に当てたりができなくなったりもするので、どっちがいいんでしょう。

来年はどうなるかわかりませんが、最初に5人分くじであててその後5人分挙手とか、いいところどりで落ち着きそうな気もします。

sponsored link
更新日:2016-2-7

青山剛昌先生と話そうDAY!! 【2016】」への2件のフィードバック

  1. 管理人 投稿作成者

    >>通りすがり さん

    可能性はありますが、伏線なら「誰が」よりも「どこが伏線なのか」が重要になります。

  2. 通りすがり

    18巻の伏線って、らんの初恋の人っていう可能性もありますかね?

コメントを残す