鳥取旅行記 ~ 2016 ~

sponsored link

黄金の二十世紀梨を追え

tottori_golden_pear_1_2016

空港内では謎解きイベントができます。「黄金の林檎」ならぬ「黄金の二十世紀梨」です。

でも、これ土日祝日のみ開催(12月21日(月)~1月8日(金)までの年末年始期間は特別に毎日開催)みたいです。(変更されるかもしれないので最新情報は公式で)

漫画王国鳥取 鳥取砂丘コナン空港ミステリー黄金の二十世紀梨を追え

当然、年始ですのでチャレンジしました!捜査資料や問題の答えは秘密です。(捜査資料に、SNS等で公開しないように注意書きされています。)まあ、当たり前ですが問題は期間中共通なんで。

ここで今年のハプニング(笑)空港内のイベントだし、あくまでファンサービス程度に子供でも解ける程度の難易度かと思って完全に舐めてました。わりと本格的な謎解きです。

本当は、この日はそのまま倉吉まで行って去年大雪のために行くことができなかった、白壁土蔵群を見学する予定を立てていました。コナンのアニオリでも周ったところです。

ところが、問題が終わらない!「個人差によりますが、ゲームは約30分~1時間程度の時間を要します。」とあるのですが、解けない…

もう来る機会はないかもしれないし、もし来ることができてもイベント終わっちゃうかもしれないし、問題変わってたりするかもしれないしで、意地でも最後まで解くことにしました。

どうしてもわからない場合はインフォメーションカウンターでコンシェルジュにヒントを聞くことができます。

まぁ、あんまり書けないですが、問題が難しいというよりは、何をしていいか(どうすれば問題が解けるのか)がわかり難いんですね。当然、質問の意図が読めないと答えも出せない。それを考えるのも問題の一つなのかな。

あとは、長いので不安になる。30~1時間かける問題って、それだけでめんどうになって挫折しかける。途中まで合っているのかわからないし。

ちょっと休憩

実は、イベントをやろうとインフォメーションカウンターで問題をもらおうとしたのですが、その前にスタッフ誰もいないし!トイレに行ったりお土産みたり、しばらく待っても誰も来る気配なし。

たぶん、お昼休憩だったのかも。空港を探索してその後に問題を解こうとしたのですが、ちょうどお昼休憩の時間っぽかったし。

都会じゃ考えられないかもしれませんが、でも、こういう適当なところは嫌いじゃないです。海外ではこういうのありますけどねー。日本もこれでいいと思う(笑)

呼べば出て来たのかもしれませんが、それもちょっと悪い気がしたので、自分もお昼休憩。

curry_sandwich_1

curry_sandwich_2

「カレーメンチカツサンド」です。中にはカレースパイスみたいのがついています。値段は600円くらい。

施設内にレストランがあるのですが、普通のレストランっぽいので、それならと売店でご当地弁当を買って休憩所で食べることにしました。

事前にどこでご飯を食べようかな~と調べていたのですが、色々検索してとある個人ブログとか見てちょっと気になってました。お弁当なら時間の節約にもなるし、いいかなと。

なんでカレーカツサンドが鳥取なんだろうと思ったけれど、鳥取と言えばカレーが有名らしい。なんでかはわからない(笑)でも、カレーの消費量が日本一とのこと。(らっきょと関係あり?)

鳥取カニサンドもあったのですが、カレーにしました。でも別に鳥取じゃなくても東京でも買えるらしい。自分が見た情報には空港1Fのショップとあったのですが、探しても見当たらず2Fの売店にありました。

何とか解きました

tottori_golden_pear_2_2016

tottori_golden_pear_3_2016

公式のヒントを見てもわからず、「答え教えますか?」的なこと言われたんですが、「いや、それはちょっと待て!」。ってことで、さらなる超ボーナスヒントをもらって何とか答えだけでも自分で出すようにがんばった結果です。(もはや自力じゃない)

クリアすると記念のステッカーと「おめでとう!」の紙みたいのがもらえます。大したことは書いてないですが、一応モザイクかけておきました。

実は、途中であきらめた人用に「ゲームオーバー」もあるみたいで、それももらいました。

かなり疲れました。捜査資料には「ゲームに参加し、飛行機の搭乗時刻に間に合わなくても、責任は一切負いかねますので予めご了承ください。」ともあるのですが、こんなのやってたら乗り遅れます(笑)

どうやら、ノーヒントで正解までたどり着けるのは一日一桁、数パーセントしかいないようです。コナン展やクイズ本の「探偵入門」にあるような問題よりもちょっと難しいです。

子供だましじゃなくて、さすがコナンの街とか言われるくらいの作ってやれとでも考えたのかわかりませんが、きっとこの問題の出題者は解けずに悩んでいるコナンファンをニヤニヤ想像しながら作ったに違いない!?

感想とか

最初は公共の交通機関に漫画一色押し出すのもどうなものなのかとも思いましたが、まさに「遊べる空港」というコンセプトに例えられるくらいに面白かったです。

通常は拠点・通過点でしかない空港ですが、そのまま観光スポットになるし、空港目当てで飛行機を利用する人も出て来る。って、そんな人はほぼコナンファンだけかもしれないけれど。

あと、利用者目線ですが、人が少ないのでじっくり見て周れるのもいいです。まぁ、落ち着いたコナン展みたいな感じ。

そして、ここまでやったらもう引き下がれないな~と。もうコナンと心中するしかない(笑)

いっその事アミューズメントパーク化してしまえ。でも、あんまりやりすぎると、本当に飛行機に乗り遅れる人が続出しそう。それに、あんまりここで時間を潰させると、そこは県内他の観光地に行く機会を奪ってしまうことにもなりそう。

施設内見学は一時間とか大体の見当を付けておけば大丈夫ですが、イベントがどれくらい時間がかかるのか計れないので、そこは臨機応変に計画を立てて置く必要があるかもしれません。

30分以内の場合。1時間で解けなかった場合諦めるのか、スケジュール変更するのか等… 帰りでは予定変更できないので、見学は到着後がいいのかも。

空港は見送りだけの人とかもいるので、搭乗や降り口付近のギャラリーとかを除けば飛行機を利用しなくても見れるし、施設見学が目的で来るのもありかも。アクセスはそんなに悪くないので。

イベントとか体験系はどうなのかわかりません。砂丘体験コーナーは「一般のお客様はご利用できません」みたいなことが書かれていましたが、別にチェックするわけではないのでやろうと思えばできてしまう(笑)

まぁ、飛行機利用者以外であんまり占有されてもってことでマナーの問題かも。クイズも普通にできちゃいそうですけどね。

次ページへ

sponsored link
更新日:2016-1-5
コメントはこちら