サンデー File:936

sponsored link

ガールズバンド

コナン:「それで?園子姉ちゃんは何の楽器やるの?」

園子:「ドラムに決まってんでしょー!!」「そのバンドのドラムの子が私に似てて・・・」「カッコよくってー!」

コナン:「なるほどね・・・」 蘭:「じゃあわたしは・・・」

園子:「蘭は黒髪ロングだからベースよベース!そのバンドの子もそうだったし!」

蘭:「で、でもわたし・・・ベースなんて弾いた事ないよ?」

コナン:「蘭姉ちゃんはピアノの方が得意だよね?」

世良:「ボクがベースやろうか?昔、兄貴の友人にちょっと教わった事あるし・・・」

園子:「んじゃ世良ちゃんはベース!」「蘭はキーボードやってくれる?」

蘭:「いいけど・・・」「このバンドどこでお披露目するの?」

園子:「年末、この米花町でやるカウントダウン演芸大会出場して・・・」「見事優勝をかっさらうって寸法よ!!」

世良:「けどさ・・・バンドならあとギターがいるんじゃないのか?」

園子:「そうなんだけど・・・」「クラスにギターできそうな子いなくてさー・・・」

園子:「ギターいたー!!」

梓:「え?」

園子:「その女子高生バンドにも梓っていうギターの上手い子がいたんだよねー!!」

兄貴の友人については別記事で検証。

この話、ちゃんとお披露目まで行くんでしょうか。蘭は部活もやってるし、練習してる暇なんてないだろー!

曲は何をやるのか。謎とかだろうか。カバーのはみんな踊ってるけど(笑)

蘭(キーボード):子供の頃から多少ピアノやってる。
園子(ドラム):ドラムならなんとかなる?何となく…
世良:(ベース):ドレミ~ができるだけ… 天才設定でなんとか。
梓(ギター):ちょっと厳しいんのでは?園子が安室にも言われたし。
?:(ボーカル):決まってない

梓がやっぱり厳しいのと、「クラスにギターできそうな子いなくてさ」ってのがフラグっぽい(クラスはわからんけど、別のクラスとかで実はいる?)のと、ボーカルがまだ決まってないのが意味深。

これ、毎年出るゲストの子登場しそうな気も。年末まで残り三ヶ月だと、今回の話含めてあと三つ分くらいしかないだろうし。確か女子高生設定で蘭達と絡む予定だったので、蘭と園子が登場してる今回が絶好の機会。

あと、二人加わるのも何なので、それならボーカルのほうかな。キャラ的にも変な役じゃなくて、かっこ良く描けそうだし(笑)梓はそのまま強行させるか。

ボーカルとギターの二人組みが解決編でメンバー探してるって最後に加わって、全員女子高生でやるのが一番すっきりしそうだけど。

まぁ、出ないかもしれないのであんまり期待はしないほうがいいかも。てか、お披露目が年末だから、事件もあって結局うやむやなまま終わってしまうのかも。

安室:「貸して・・・」

キュイイン

園子:(うまっ!!)

安室:「この子達もちょっと練習すれば・・・」「このくらい弾けますよ・・」「園子さんも・・・」「ビッグマウスはほどほどに・・・」

園子:「うん!」「じゃあさ!安室さんバンドに入ってよ!JK+イケメンもありなんじゃない?」

安室:「それはちょっと・・・目立つのはあまり・・・」

コナン:(ま、黒ずくめの組織に潜入してる公安だからな・・・)

安室:「練習ぐらいならみられますけど・・・」「これから貸しスタジオに行って、少しやってみます?」

園子:「いいねそれ!」 蘭:「やろやろ!」

世良:「なあアンタ・・・」「ボクとどこかで・・・」「会った事ないか?」

安室:「今日が初めてだと・・・」「思いますけど・・・」

安室かっこいい。けど、ちょっとナルシストすぎる。すっかりレディコミ風キャラになって、もはや名探偵コナンのカラーから外れているような… それに、リアルでこういうの見るとウザイですぜ(笑)

コナン:安室さんも「赤井秀一を殺れるのは自分だけ!」とか、ビッグマウスもほどほどにね!

「目立つのはあまり」ってところは別に突っ込まれないのか。冷凍車の事件か何かで、歩美ちゃんに言われてたような、うろ覚え。

安室:「楽器を借りておけばコードや単音で曲の雰囲気ぐらいは教えられますしね・・・」

世良:「へぇーアンタ・・・ベースもできるんだ・・・?」

安室:「ええ・・・君の兄の友人より上手いかどうかは・・・」「保障できかねますけどね・・・」

・・・

世良:「ド♪」「レ♪」「ミフ♪」「ァ♪」「ソ♪」「ラ♪」「シ♪」「ド♪」

蘭:「世良ちゃんすごーい!!」

園子:「やるじゃん!」

世良:「ただドレミを弾いただけだって・・・」「まあ、兄貴の友人に教わったのはこれくらいだけどね・・・」

蘭 園子:「へー・・・」

安室:「ベースを教えてくれたその男の顔・・・」「覚えてますか?」

世良:「まあ・・・なんとなく・・・」「どうしてわかったんだ?」「その友人が男だって・・・」

安室:「まあ・・・なんとなく・・・」

世良:「君の彼氏の新一君はどうなんだ?」

蘭:「え?」

世良:「彼ならギターも弾けるんじゃないか?」

蘭:「し、新一はヴァイオリンは弾けるけど・・・」「ギターはどう・・・かな?」「歌はコナン君並みに・・・」「ねぇ・・・」

新一の名前出すと安室が、安室が… でも、安室なら蘭の彼氏が新一のことだとかはもうとっくに知っててもおかしくないので、幼児化の秘密だとか、コナン=新一の共通点だとか、もう少しヒントが出てこない限りは大丈夫なのかも。

世良は新一には興味がないように「彼ならギターも弾けるんじゃないか?」とか聞いてるけど、コナンが好きだからという理由だけではなくて、わざとかも。

蘭は新一と幼馴染だけに、新一のことを一番よく知ってるのは自分と口では言わなくて思っているはずなので、それだけに後でショックが大きくなるというたえこガール的なオチ。

***

一応この話が出る前から安室登場が予告されていたので、ツイッターではどうなるか予想していたのだけれど、いざ話を読んでみると、世良と安室の対面が衝撃的過ぎて、「君はのん気に何やってんの?」と突っ込むのを忘れてしまうところでした。

彼、何でまだポアロにいるのでしょう(笑)一応、バーボン編からはベルモットの交渉で赤井捜索の件で自由行動の許可を得ていたわけだけれど、もう赤井の件は死んでいたと報告したのではないかと。(まだなのか?)それに、ベルモットからも「勝手なことしないほうがいい」と釘を刺されていたはず。

組織は秘密基地があってそこに住んでいるわけでもなく、会社のように毎日通勤しているわけでもなく、だから集合かかるまでは家で何をしてようが自由なのかもしれないけれど、それで秘密を守れるのか。

確かに、キールはブラックインパクトの事件以前はアナウンサーをやっていたし、普通のアパートに住んでいた。

プライベートまで管理されているわけではないのか。「バーボンが動き出した!」とは一体何だったのか。言葉に騙されそうだけど、赤井(灰原)の捜索に本腰になったというだけで、普段から街をぶらぶらしていた。それじゃあボスの許可いらないし(笑)

過去にボスの御眼鏡に適ったキールですら、今はメールで三文字打つのが精一杯なのに… 彼女は今どこかに監禁された状態なのかも。

「ベルモットの約束」というか、脅しはそれほど強力なのか。

まぁ、来年の映画でキールとバーボンがジンに疑われることになるので、集合かかるかもしれない。(映画の中でごまかされてしまうかもしれないけれど。)

それか、今後どうするのかをやるのがこの話で、解決編で安室のIphoneにメールが来て、深刻な顔で見るとか。

実は、「ポアロのバイトは今日が最後なんです。毛利先生のおかげで探偵業が上手く行き始めて、もうバイトする必要もなくなったんです・・・」「でも、たまに事務所に遊びに来ますよ!毛利先生に比べれば僕もまだまだですから!」とかお別れの挨拶をやるのか。

もしかしたら、ジンから「まだ白と決め付けていない毛利小五郎を引き続き見張るように」などの指令があったりして。

sponsored link
更新日:2015-12-6


コメントを残す