出来事年表(組織編)

sponsored link

ソースメモ ── 1

事件

・工藤新一幼児化(1巻)
・工藤新一NYの事件(35巻)

黒の組織

灰原:「・・・・・・」(工藤君・・・?)(あなたは夢にも思っていないでしょうね・・・)(あなたはすでに・・・)(我々組織が半世紀前から進めていた極秘プロジェクトに・・・深く関わってしまっているなんて・・・) File:189

APTX4869

志保:「もしもし。わたしだけど、ちょっと来てくれる?」「ええ、そう・・・・・・第四ラボよ。」「面白いものみせてあげるわ」

受話器を置いたシェリーは、再びモニターを見て、ニヤリと笑った。そして額に手をやり、椅子の背もたれに寄りかかって天井を仰ぐ。

志保:(とうとう、やったわ・・・・・・!) エピソードONE

板倉のソフト

蘭:「ホラ、映画のクレジットによく名前が出てるじゃない!特殊視覚効果板倉スタジオって!」

相馬:「・・・だが三年前に目を悪くしちまって、それ以来CGから手を引いて今はシステムの開発に専念してんだよ・・・」

相馬:「二年ぐらい前に板倉さんの事務所に行った時に見かけたんだ・・・」「口ひげを生やして関西弁をしゃべる怪しい大男をな・・・」

コナン:(口ヒゲ・・・関西弁・・・大男・・・?)

・・・

コナン:(テキーラ!!!)「ねぇ、その大男何て言ってた!?」「事務所で板倉さんといったい何の話を!?」

相馬:「し、知らねーよ・・・オレが行った時はもうその大男が帰るところだったから・・・」「あんたにはもう用はないわ」ってな!!」 File:375

コナン:(日記!!)(二年前・・・テキーラに会ったっていう板倉さんは死んじまったけど・・・)(板倉さんがあのディスクに毎日日記を書き込んでいたとしたら、わかるかもしれねぇ・・・)(テキーラが板倉さんに会いに来た目的が・・・) File:376

コナン:「えーっと二年前・・・」「二年前・・・」「あったこれだ!!」

(3月7日・・・関西弁の大男が突然訪ねて来た。どうやら、開発中のシステムソフトが目当てだったらしいが、私が目を悪くして開発を断念したと知るとあっさり帰って行った・・・)(上から下まで真っ黒な男・・・二度と会いたくはない・・・)

コナン:「あぶり出しは、大男が来た日の10日後から使われてるみてーだ・・・」「続けて読むと・・・」

(3月26日、また机の上のペンが5CM移動している・・・やはり誰かが事務所に忍び込んでいるようだ。)(4月15日、今度は自宅に誰かが・・・警察は取り合ってくれない・・・侵入した痕跡も取られた物もないので仕方はないが・・・)(6月11日、鍵を取り替え、隠しカメラを設置したが無駄だったようだ・・・)(7月6日、誰なんだ!?姿を現せ!!!)

(12月19日、疲れた・・・このままではいつか私は殺されてしまうかも・・・)(1月6日,、この恐怖から逃れるために机の中に侵入者に向けてのメッセージを入れた。「要求を飲む」と・・・)(1月8日、意外にもすぐに返事が来た。私が入れたメッセージの代わりに、侵入者のメモが入っていたのだ。)(赤く書かれた「OK」の文字と共に怪しげな電話番号が。)(赤い文字は恐らく血で書かれた物・・・他言すると命はないという意味だろうか・・・)(1月23日、迷ったが警察に通報せずに電話する事にした。)(2月13日、彼らとの連絡方法は電子メールに変わった。私は報酬を前金で口座に振り込む事と、これ以上私の周りをうろつかない事を条件に引き受ける事にした・・・)

(・・・・・・12月22日、ダメだ・・・やはり私にはできない・・・なぜならあのソフトは私が目を患ったからだけでなく、我々人間のために断念したのだから・・・)

(2月9日、いよいよ期日が迫って来た・・・私は、未完成のソフトに彼らからの報酬分の小切手を添えて別荘のPCのそばに隠し、海外に姿をくらます事にする・・・)(彼らからソフト受け渡しの時間と場所を指定するメールが届くのは5日後の午後0時。それまでに何とか海外に・・・) File:377

闇の男爵(ナイトバロン)

金城:「かつて、大企業のコンピューターに次々と進入し、データを荒らしまくった幻のコンピューターウイルスがあった・・・・」「もちろんそれは、発見する事も止める事もできない完璧なプログラム。」「あまりに神出鬼没なため、人々がそのウイルスに付けた名前が、闇の男爵(ナイトバロン)!!」

コナン:「ナ、ナイトバロン!?」

金城:「コンピューターに詳しい者なら皆、知ってる名じゃ。」

コナン:(そうか・・・ツアーの主催者の名前も闇の男爵(ナイトバロン)!もらえるプログラムの内容も自然に想像がついたってわけか・・・)

金城:「その名前を聞くと思い出すよ。」「四年前に死んだ息子の事をな・・・」 File:73

今野:「フフフ・・・よくいうよ!闇の男爵(ナイトバロン)一番憎んでいるのは自分のクセに・・・」

横溝:「ど、どういう事ですか?」

今野:「だってそうでしょ?あの老人は自分が手塩にかけて育てた息子を、ウイルスに殺されたんですからね・・・

小五郎:「え?」

横溝:「ウイルス?病死されたんですか息子さん・・・」

小五郎:「それが男爵(バロン)とどういう関係が・・・」

今野:「さあ・・・そこまでは フフフ・・・」 File:75

金城:「おいおい、こんなマザコン青年といっしょにせんでくれ・・・」「ワシはただ、こらしめてやりたかっただけじゃ・・・」「四年前にワシが作った大事な息子を台無しにしたウイルスの持ち主をな!!」 File:77

シャロン

ジョディの両親殺害 ─

「胸を高鳴らせて調べたら、見事に一致したわ・・・」「貴方が私の父を自殺に見せかけて殺した時に・・・」「不自然な落ち方をしているのを直そうとしてつかんだ父の眼鏡・・・」「そのレンズに付着した指紋と貴方の指紋がね!」「でも疑問が残ったわ・・・」「20年も前の事件の被疑者にしては貴方は若すぎる・・・」「まさかとは思ったけど、ある人物の指紋と照合してみたら、背筋が凍り付くような事実が判明したのよ・・・」「貴方が母親のシャロン・ビンヤードと同一人物だって事がね!!」 File:433

ベルモット:「あなたには二度も驚かされたわ・・・」「一つは、あの20年前の少女が貴方だって事・・・」

ベルモット:「さあ、20年振りの再会もここまで・・・お別れの時間よ・・・」「ホラ、笑ってよ・・・」「天国のパパに会えるんだから・・・」 File:433

クリスの話 ─

シャロン:「死ぬ思いでスクリーンデビューしたその日に、父と母を火事で亡くし・・・」「オスカーを取った翌日に夫が病死・・・」「私の娘として鳴り物入りであっさりデビューし、ちやほやされてるクリスとは雲泥の差だわ・・・」

有希子:「またまたぁー手塩にかけた自慢の娘なんでしょ?」

シャロン:「あんな子、もう娘とは思ってないわよ・・・」

有希子:「え?」

シャロン:「信じられる?」「あの子、夫の墓に花を添える私の背後に立ってたのよ?」「夫そっくりに変装して・・・」「ジョークにしてはブラック過ぎると思わない?」

有希子:「そーいえばシャロン言ってたわね・・・」「娘にせがまれて変装術を教えたって・・・」

シャロン:「あの子とはそれっきり・・・」「もう10年近く会ってないわ・・・」「質の悪そうな友達とつるんでたみたいだし・・・」 File:350

舞台ゴールデンアップル ─

赤井:「あんたに付けた標的名だ・・・・・・」「大女優シャロンが脚光を浴びたのは、舞台のゴールデンアップル!あの時のままアンタは綺麗だが・・・」「中身はシワシワの腐った林檎ってな!!」 File:434

シャロンの葬儀 ─

川端:「ところで君は好きな女優はいるのかね?」

蘭:「ええいますよ二人!」「一人は藤峰有希子さん!」「実は幼馴染のお母さんで、子供の頃から憧れてたんですー・・・」

コナン:「じゃあもう一人は?」

蘭:「もう一人はアメリカの女優さんで・・・」「シャロン・ヴィンヤードさん!」「一年前に亡くなられましたけど・・・」 File:347

博士:「なにしろ撮影以外でマスコミの前に現れたのは、一年前のあの日が初めてだそうじゃから・・・」

コナン:「あの日って?」

博士:「母親のシャロンの葬儀の日じゃよ!」「ホレ、日本でもニュースでチラッと放送されたじゃろ?」 File:344

盗一に変装術を習う ─

新一:「何でその大女優が他人に変装できるかって聞いてんだよ!!」

有希子:「あら、前に話さなかった?」「私がまだ女優になりたての頃、女スパイの役が回ってき来て、役作りのために有名な日本の奇術師の所に弟子入りして変装術を教わったのよ・・・」「その時シャロンも似たような役のために来てて仲良くなったってわけ!」「まあ私はシャロンみたいに誰かそっくりとまではいかなかったけどね・・・」

新一:「ああ・・・よく母さんがふざけてやってたのは変装っていうより仮想だったからな・・・」 File:350

次ページへ

sponsored link
更新日:2017-2-19
コメントはこちら