コナンの探偵としての在り方を変えた出来事【ピアノソナタ『月光』殺人事件】

sponsored link

服部も影響を受けた

浪速の連続殺人事件

和葉:「坂田さんに撃たれたん?」

服部:「う、撃たれたんちゃうわ・・・」「自殺しようとしたんを止めて、たまたま当たってもうたんや・・・」

和葉:「なんで・・・」「なんでそんな危ないマネすんの?」

服部:「ど・・・どっかのアホがゆうてたんや・・・」「推理で犯人追い詰めて死なしたらアカン・・・でな・・・」

コナン:(服部・・・・・・) File:188

「名家連続変死事件」で「あのまんま死なせてやった方がよかったんやろか」と悩んだ服部に、「犯人を推理で追い詰めて、みすみす自殺させちまう探偵は・・・」「殺人者とかわんねーよ・・・」と諭したコナンだったが、その一言は後の服部の行動にも影響を与えている。

19巻「浪速の連続殺人事件」では、犯人の坂田が拳銃自殺しようとしたところ、服部はそれを命がけで食い止めた。そして、その時の銃弾が当たり負傷してしまう。

ベルモットのハートを貫いた事件

工藤新一NYの事件

蘭:「何してるの!?」「早くわたしの腕につかまって!!」「は、早くしないと・・・」「雨で手が・・・」

新一:「くそっ・・・世話の焼ける野郎だぜ・・・」

蘭:(し、新一・・・) File:354

通り魔:「な、なぜだ?」「どうしてオレを助けた?」「いったいどーして!?」

新一:「フン・・・」「わけなんているのかよ?」

蘭:「え?」

新一:「人が人を殺す動機なんて、知ったこっちゃねーが・・・」「人が人を助ける理由に・・・」「論理的な思考は存在しねーだろ?」 File:354

vermouth_angel_f354

一年前、NYのブロードウェイに来た新一と蘭。ホテルへ向かう途中の廃ビルで噂の通り魔に出会い殺されそうになるも、通り魔は手すりが壊れて落ちそうになる。

しかし、蘭はすんでのところで通り魔の腕を掴み助け、新一もそれに加わる。

通り魔は自分は蘭を殺そうとしたのに、助けた蘭と新一に「どうしてオレを助けた?」と疑問を投げかける。そして、新一は「人が人を助ける理由に 論理的な思考は存在しねーだろ?」と答え、それを聞いた通り魔はショックを受ける。

満月の夜の二元ミステリー ─

ベルモット:「Move it,Angel!!(どいて エンジェル!!)」

ベルモット:(そう、彼よ・・・)(私の胸を貫いた彼なら・・・)(なれるかもしれない・・・)(長い間待ち望んだ・・・)(銀の弾丸(シルバーブレット)に・・・) File:434

vermouth_angel_f434

一年前にNYで通り魔に変装していたのはベルモットであった。ベルモットはあの時のことで胸を貫かれ、それ以降自分を助けた蘭を「エンジェル」と呼びその命を守り、新一(コナン)には長い間待ち望んだ「シルバーブレット」になれるかもしれないと期待をしている。

コナンが推理という凶器で犯人を自害させるまで追い込んでしまった月影島の出来事。新一が、自分や恋人の命をも狙おうとした犯罪者ですら手を差し出しその命を救おうとしたNYの出来事はある意味で対照的。

NYの事件のほうが先なのであるが、月影島の事件をベルモットが見ていたら何を思ったであろうか…

ベルモットは自分のハートを貫いた新一を、心を貫く銀の弾丸として、それで組織を貫いて欲しいと期待しているのであるが、ボスがコナンのことを「コイツも正義を振りかざして、殺人と変わらないことをしている偽善者か」と幻滅していたら面白いかもしれない?

まぁ、どちらにしろNYの事件はもちろん、月影島の事件の方も今後のストーリーに大きくかかわってくるだろうと思われるが、犯罪者を自殺に追い込まないという教訓。

犯罪者だろうが人を助けるのに理由なんていらない。ベルモットはそんな新一に期待しているというところを合わせると、ボスが死んで逃げようとするところを助けて改心させるという展開がベタなオチなのかもしれない。

探偵事務所籠城事件

どうやら犠牲者を2人出さない、もう1つの方法をとるしかなさそうだね・・・」「もっとも、2人が1人になるだけだけど・・・」

世良:「君・・・何考えてるの?」

蘭:「目の前で人が死ぬのが嫌なだけ・・・」「新一なら誰も死なせたりしないから!」「絶対!!」 File:773

sera_ran_rival_f773

世良はSIT(狙撃班)に爆弾を持った男を撃たせて事件の収束を図ろうとするが、蘭はカーテンを閉めて狙撃ができないようにしてしまう。

そして、蘭の「新一なら誰も死なせたりしないから!」というセリフを聞いた世良はショックを受けて、ポカーンとした表情。

世良:(いいのか?それ以上言うと、確実に2人の人間が死ぬことになるんだぞ?)(しかも、君を信じてる彼女の目の前で・・・) File:773

爆弾犯は妹を殺害した真犯人がわかれば、その犯人と二人で死ぬつもりであった。世良もそれは見抜いていおり、爆弾犯を射殺させることで犠牲を最小限に食い止めようとしたのであるが、新一(コナン)はそれをさせないために、嘘の推理で一度爆弾犯を納得させ、その後に本当の推理で事件を解決するという方法を選んだ。

これは月影島の反省があったからこその行動とも言えるかもしれない。蘭が命を助ける。新一は犯罪者であろうが死なせないと、その命を救おうとした行動はNY編での出来事と被る。

また、ベルモットは「天使なんかいない」と世の中に絶望し、「どうしてオレを助けた?」と人の命の尊さを忘れていたのだけれど、世良もまた犯罪者ならその報いを受けても仕方ないと考える性格であり、そんな世良が蘭と新一の行動に心を打たれるところも同じ。

sponsored link
更新日:2018-3-25

コメントを残す