考察 【File:928】「マリちゃん!」って誰?

sponsored link

では母娘二人ともメアリーであるとはどういうことかというと、前述したように欧米では親子で同じ名前を付けることがある。しかし、それと同じくミドルネームをつけることが多い。なので、真純が偽名や通名なのではなくてミドルネームというのはありうるかもしれない。

ニューヨーク生まれロンドン育ちの田中みな実アナにはエイミーというミドルネームがあるらしい。日本の場合はミドルネームを登録することができないので、ファーストネームにつなげて「田中・エイミーみな実」となる。

世良の場合は「世良・真純メアリー」か「世良・メアリー真純」。どちらがミドルネームかわからないが、ハンカチに所有者を示すために刺繍入れるのであればメアリーはファーストネームのほうか。

コナン:「ハンカチ忘れてたよ!」
世良:「ああ、ありがとう!」
コナン:「このハンカチあの一緒にいる子の?それならあの子の名前は・・・」
世良:「僕のだよ!」
コナン:「えっ?じゃあ真純は偽名なの?」
世良:「いや、ミドルネームだよ・・・ファーストネームはメアリー!」
コナン:「じゃああの子の名前は一体・・・待てよ、ミドルネームが真純でも・・・」

── という具合。

ただ、イギリス(アメリカ)生まれだからとか母がイギリス系だからミドルネームを持っていますとか今更言われても、じゃあ長男も次男にもミドルネームがあるのか。本堂父と姉弟も持っているのか。シャロンやクリス、ジョディやキャメル、ジェームズのミドルネームは何なのかと際限がない。

元々、この漫画はミドルネームは省略する設定。ミネルバ・グラスとかも名前の紹介でも説明はない。いきなり真純はミドルネームだよとか言われても、ちょっと唐突過ぎる感じはある。もしかしたら、赤井パパも赤井秀一で、息子の本名は赤井・J・秀一とかだったり(笑)

それでもあえてミドルネームを持たせる。しかもファーストネーム(ミドルネーム)を母娘同じにするのであれば、特別な意味がある場合。

例えば、イギリスの王女「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」は「シャーロット」がファーストネームで「エリザベス・ダイアナ」がミドルネーム。

(「ダイアナ」もミドルネームで、フルネームは「プリンセス・シャーロット・エリザベス・ダイアナ・オブ・ケンブリッジ」)

もちろん、ミドルネームのエリザベス・ダイアナはエリザベス女王とダイアナ妃。「メアリー」という名前を娘にも継がせるのであればこれくらいの意味が欲しい。

世良:「ミドルネーム持ってるよ!」
コナン:「じゃあ世良さんは外国生まれ?」

これをやるためだけにミドルネームを持たせるのはやりすぎ。コナンは世良が赤井の妹であることに勘付いているので、赤井がFBIでアメリカ国籍な時点で世良のそうした出生は予測可能なので特別驚くことではない。ミドルネームがありだしても、母と娘違う名前でもいいはず。

ちなみに、メアリーという名前はキリストとも関係があるようだけれど、この漫画に宗教的な要素は今のところない。

ただ、ハンカチに刺繍ならMasumiでいいような… 代々伝わるハンカチとかでなければ(笑)メアリーの血筋を持つ娘へという贈り物ならありかも。でも、それじゃ、そんなに大事な物忘れるなってことに。

コナンの考え

コナン:(あの世良が赤井さんの妹だとしたら・・・)(世良は一体何の為にアメリカから日本に戻って来たんだ?)(死んだと聞かされていた赤井さんの生死を確かめる為?)(だからFBIと交流があるオレに近づいて来た?)(・・・だとしたらオレにもっと探りを入れて来るはずだよなあ・・・)(やっぱ世良がホテルに匿ってる・・・)(中学生ぐらいのあの女の子に関係がありそうだな・・・)(名前は恐らくメアリー・・・)(領域外の妹と名乗る・・・)(世良によく似た・・・)(いや・・・あの子世良というより・・・) File:939

コナンは現在メアリー(Mary)を世良と一緒にいる中学生くらいの女の子(領域外の妹)の名前としている。

「恐らく」とは言っているものの、やはり以前「どこかで会って名前を聞いた事がある」という記憶は確かなものと感じているのであろうか。

今後、世良が「僕の名前だよ!」とか言い出さない限りは、そのまま領域外の妹=メアリーで、後はコナンが過去の記憶を思い出してストーリー上確定させるだけとなるか。

さざ波シリーズ

秀吉:「それよりメアリー母さんは?」「兄さんのホテルに迎えに行って一緒にここへ来たんじゃないの?」

赤井:「ホテルで母さんとちょっとやり合ってな・・・」「母さんの手刀を目に受けて・・・」「お陰でこのザマだ・・・」「俺も二、三発食らわしたから・・・今頃氷で冷やしてるんじゃないか?」 File:972

コナン:「いやそれよりも・・・」(その羽田名人が「メアリー母さん」って呼んでたあの人のあの顔立ち・・・)(世良が言ってた「領域外の妹」と・・・)(同一人物と見て間違いない・・・)(まさかオレと同じ薬・・・APTX4869を飲まされたのか?)(いつ?どこで?)(誰に!?) File:974

さざ波シリーズでは、秀吉が外国人の女性をメアリー母さんと呼び、コナンはその女性を領域外の妹と同一人物であると間違いないと考える。とりあえず、領域外の妹(世良の母)の名前がメアリーであることはこれで確定。

ちなみに、コナンは秀吉が「”メアリー”母さん」と呼んだシーンではその場にいないのだけれど、これは実はそばにいて、やり取りの一部始終を見ていた(さざ波の回想はすべて新一視点)のか、描かれていないけれど、そう呼んでいたのかは定かではない。前者だと、有希子が新一を探しに来た時にそばにいたことになってしまうので、ちょっとおかしいか。

世良の意図

コナン:「あ、いや・・・」(待てよ待てよ・・・世良が10年前に着てた水着と似たような水着を着たって事は・・・)(10年前・・・オレと会った事を思い出させようとしてたんじゃ・・・・)(──って事はコイツ・・・オレの正体が薬で幼児化した工藤新一だと知っているのか?) File:974

世良:「んじゃ・・・」「次はボクの番だ!」「ちゃんと見ててくれよ!」

コナン:「ん?」

・・・

コナン:(あの水着どっかで・・・)(水着って事は・・・)(プールか海だよなぁ?) File:969

コナン:「いや・・・ヨーロッパの中でも例外があるってTVでやってたよ!」「イギリスは日本と同じで・・・」「相手に「3」ってわからせる時は人差し指、中指、薬指の順に立てるってさ!」

世良:「やっぱりそっか!」「そうだよな!!」

コナン:(・・・・・・)(そういえば「赤女の事件の時、世良は・・・」) File:971

File969-971の話で、世良はわざと10年前と似たデザインの水着を着ることで、コナンに過去の記憶を思いださせようとしていた。

指数えの方法も、おそらくわざとコナンに自分がイギリスに留学していたことに気づかせようとしている。その結果、イギリスのキーワードが決定打となり、さざ波シリーズへ突入することになる。

世良は10年前の記憶に結びつくようなヒントを小出しにコナンに与えることで、自分と出会った過去を思い出させようとしていた。あるいは、それを元に自分がコナンの正体が工藤新一だと知っていることに気づかせようとしている。

そのため、ハンカチを落とし「メアリー」という名前をコナンに印象付けたのもその一環で、わざとやったのはと考えられる。ただ、計画としては行き当たりばったりなところもあるのだけれど、そこは世良らしいというところかも。

sponsored link
更新日:2017-3-3

考察 【File:928】「マリちゃん!」って誰?」への4件のフィードバック

  1. 管理人 投稿作成者

    >>赤井秀一とベルモットファンです^^ さん

    なるほど、まぁその場合は聞き間違いと同じようなものかな(笑)

  2. 赤井秀一とベルモットファンです^^

    ヒラリーかメアリーかなと私は考えています笑

    そして、マリちゃんという風に聞こえてしまったのは、ネイティブな英語だとMaryをメアリーではなくマリーと発音するからなのではないかと思っています。

  3. 管理人 投稿作成者

    >>乱歩ドイル さん

    フランスやキリスト教が関わってくる伏線は今のところないですね。「マリー(マリ)」じゃなくて「メアリー」であるところが、領域外がイギリス人だという裏づけでもあるかもしれません。キュリー婦人は研究者であるところとかがエレーナや領域外とイメージが被るところはありますね。関係ないですが、作者の故郷である鳥取にキュリー婦人像があります。単にラジウム繋がりだけみたいですが。

    英語名は… まあ、可能性としてはありですが、そこまで考慮に入れなければならないと結構厳しいですね(笑)名前なんて名乗ってしまえばどうにでもなるもので、中国や韓国だと一ヶ月の短期留学でも適当な有名人の名前を拝借してイングリッシューネームとして使います。もちろん、ただの呼び名ですが。日本人は基本的に日英二つの異なる名前を公的に持つという習慣がありませんし、本名はメアリーだけど、真純は通名とかもありですが、それをやると本当に何でもありになってきます。

    世良が英語名を持っているのなら赤井や秀吉、本堂姉弟も持っているのかってなりますし。それと、イギリス人だとミドルネームを持つことが多いため、親子で同じ名前ならミドルネームで区別するので、英語名というか、真純がミドルネームになるのかも。ミドルネームが真純って、なんかしっくり来ませんが(笑)

    親子で同じ名前じゃなくても、世良・メアリーと世良・マリでもいいし。その方が日本と英語どちらでも使えます。日本人のハーフだとどちらの言葉でも違和感のないエミリ(ー)とかをつけることも多いです。マリ(ー)と真理ならわざわざ二つの名前を持つ必要もありません。まぁ、どうにでも考えられてしまいます。

    店主が世良の名前を真純と知りつつもわざとからかっているのか、というのもなんとも。そんな感じには見えないですが。英語名を持っているのならマリー(メアリー)でも正解ですし、真純と訂正させるのはそれを知られたくないからか。しかし、それならば、まじめにその呼び名はやめてくれとお願いすればいいはずだけど、なぜしてこなかったのか。(間違われるのは今回だけでない)と、色々考えることが出てきます。

    現時点で考えると収拾がつかないので、この先に進むには店主がなぜマリちゃんと呼んでいるのか、(どうやってその名前を知ったのか)が分かってからですね。

  4. 乱歩ドイル

    マリアはヨーロッパの女性の名前で、それをフランス風にしたものがマリーで発音はほとんど「マリ」だそうです。
    そして両方に対応する英語名がメアリーらしいです。
    例えばキュリー夫人は、名前がマリアですがパリに留学した時登録用紙にフランス語風のマリーと書いたそうです。そこから通称マリー・キュリーとなったとか。
    領域外の妹の名前「メアリー」→「マリ」の原因として、何らかの形でフランスが関わっているもしくはキリスト教で馴染みの深い「マリア」の略称とかですね…
    あと考えられるのは、世良の英語名が「メアリー」だった場合です。英国では父子だけでなく母娘(米国では父子はあっても母娘はほぼないが)で同じ名前をつけることがあるし、同様にして「マリ」に変化したとしたら、それをラーメン屋の店主に漏らして「マリ」と呼ばれるようになったのではないでしょうか…?
    日本人の英語名はイニシャルが反映されるのでMも一致します!

コメントを残す