考察 【File:928】「 マリちゃん!」って誰?

sponsored link

この伏線が何を意味するのかはもう大体想像が付くのだけれど、一応順を追って検証。

誰のことを指すのか

現時点で推理のための情報は以下の通り。

世良:「大将!今日は友達連れて来たよー!」

大将:「オウ!」「ありがとよマリちゃん!」

世良:「だからボクはマリじゃなく・・・」「真純だって!」

大将:「ん?そうだっけか?」

店主は世良のことを「マリちゃん」と呼んでいる。もちろん、これは意味もなく間違えているのではなくてちゃんと理由があるはず。

まず、世良は「だからボクはマリじゃなく真純だって」と言っているので、自分の名前はちゃんと真純で紹介している。

それと、「だから」なので、今回たまたま間違われたわけではなくて、前回も(度々)間違われているということ。世良が男と間違われる度に「僕は女だよ」と言っているのと同じ。

いつも一緒にいる領域外の名前と混同して真純をマリと呼んでしまったのなら今回のみになるはず。一緒に来てたり1人で来てたりとか、気まぐれな設定にはしないと思われる。

彩代:「あらコナン君久しぶり!今日は1人?」

コナン:「ううん・・・このお姉ちゃん達と一緒だよ!」

世良:「何だ・・・来た事あるのか?」

コナン:「うん!ここに移転する前の店にもね!その時に事件があってさ・・・」

また、コナンは「今日は1人?」と聞かれている。世良は最初に「今日は友達連れて来た」と言っているものの、「おう、今日はちっこい妹のほうじゃないのか」的な質問をしても良さそうなので、やはりいつもの世良は1人で来ている可能性が高い。

大将:「んでどうする?」「今日も炒飯と餃子一人前・・・」「持って帰るか?マリちゃん!」

世良:「だからボクは真純だって言ってんだろ?」「んじゃ頼もっかな!」

蘭:「まさか世良ちゃん夜食に炒飯と餃子食べるの?」

園子:「太るよあんた・・・」

世良:「朝食用だよ!」「ここの冷めても美味しいからさ!」

コナン:「もしかしたらさー・・・」「ホテルの部屋に匿ってる・・・」「誰かさんの分だったりして・・・」

世良:「そう・・・こっそり同棲してる・・・」「彼氏の分なんだ♡」

「今日も炒飯と餃子一人前」今日もなので、”毎回” ”1人前” 持って帰ってるということ。

朝食というのは嘘で、実は夜食にガツガツ食べてる… わけではなくて、同棲してる彼氏の分。でもなくて、一緒に住んでるのは領域外。

自分で食べるのなら領域外の分もついでに持って帰ってもいい。1人前なのは自分の朝食ではなくて、もう1人分の夕食だから。ここからも、世良はいつも同居人と一緒に来てるわけではないということが推測できる。

世良のことではない?

ミストレで火傷赤井に「真純」と呼ばれても、世良はその呼び名に対しては違和感を感じていないようなので真純は本名と考えられる。

偽名だとしても、世良が店主に本名を教える意味はない。領域外と一緒に店に来ていて、領域外が世良のことを「マリ」と呼んでいたので店主が世良のことがマリと思ったのなら、店主が世良をそう呼ぶのはわかる。

ただ、領域外が世良を「マリ」と呼んでるのに、僕の名前は真純だからと店主に説明するしてるシーンは考えただけでもうグダグダ。「何だよ真純とマリじゃ「マ」しか被ってねーじゃんか、何でマリなんだよ」と突っ込まれるに違いない。

そもそも、秀兄ですら真純で呼んでるのなら、余程でない限り本名は封印してあるということなので、人に聞かれて覚えられてしまうようなこんな状況では使わない。

新しく登場するキャラがみんな偽名、世良まで偽名だとすると話が込み入りすぎる。まぁ、世良は複雑らしいし、コナンや蘭が思い出せないのも名前が違うからとも考えられなくもないけど、やはり秀兄が真純と呼んでるのが決定的。

また、先述したように世良は普段1人で来ている可能性が高く、来る度に名前を間違われている。

コナンの「部屋に匿ってる」という発言からすれば、やはり領域外は匿われているように見えるようで、灰原は平気で街を出歩いているものの、領域外はそのためかホテル暮らしで転々としている。

もし領域外が自由に街を出歩けないのであれば、二人でラーメン屋に通っている可能性は低い。世良がいつもお持ち帰りをしているのもラーメン屋に領域外が一緒に行けないからこそと考えられる。

次ページへ

sponsored link
更新日:2015-12-6
コメントはこちら