黒田兵衛の特長

sponsored link

出来事

10年近く意識不明で入院していた

コナン:「ねぇ由衣刑事・・・」「あ、後でちょっと聞きたい事があるんだけど・・・」

蘭 コナン 小五郎:「ええっ!?」「10年近く意識不明で入院してた!?」「警察病院に!?」

由衣:「そうよ!」「黒田捜査一課長・・・何か大きな事故に遭われたらしくて・・・」

小五郎:「なるほど・・・だからあの年で出向して来たわけか・・・」

由衣:「ええ・・・もっと若い内に警察庁から地方警察に出向するのが普通だから・・・」

蘭:「じゃああの顔の火傷も・・・」

由衣:「多分その事故の影響じゃないかしら・・・」「右目は義眼みたいだし・・・」「顔の包帯を取った看護師が腰を抜かしたらしいわよ・・・」「まっ黒だった髪が事故のストレスで白髪に変色してまるで別人のようだったそうだから・・・」

コナン:(別人・・・?)

由衣:「意識が戻った今も所々 細かい記憶が抜け落ちてるっておっしゃってたけど・・・」「何コナン君・・・課長の事気になるの?」

コナン:「あ、いや・・・」

勘助:「まあ、気になるのも無理ねぇよ・・」「どっかの組織の大ボスみてーな面だからな・・・」

コナン:「・・・・・・」 File:914

・何か大きな事故に遭い、10年近く意識不明で警察病院に入院していた
・そのため、もっと若い頃に来るはずの地方警察への出向が遅れた
・顔にある火傷痕と右目の義眼(隻眼ではないらしい)はその事故によるものと考えられる
・看護師曰く、まっ黒だった髪が事故のストレスで白髪に変色してまるで別人のようだった
・意識が戻った今も所々細かい記憶が抜け落ちてる
・コナンが疑っている

「別人のようであった」という証言が、入れ替わりを示唆しているのか、単に急激に容姿が変わっただけなのかはまだわからない。

事情聴取はお任せ

黒田:「三枝にも・・・」「後でこってり事情聴取せねばならんようだが・・・」「どうやらそれはお前達に任せる事になりそうだ・・・」<ピ> File:917

黒田捜査一課長は何らかの連絡を受け、事件の事情聴取を諸伏警部達に任せるようである。

管理官に就任

コナン:「長野県警にいるんならオレらと関わる事なんて滅多にないから・・・」「気にする事はねぇかなーって・・・」

灰原:「そう・・・」「ならいいけど・・・」 File:918

こんな油断していたら・・・ もちろんこれがフラグ。

高木:「でもコナン君と管理官が知り合いだったのには驚いたよ!」

コナン:「え?」

黒田:「君なら事件解決の手助けをしてくれると信じていたよ・・・」「眠りの小五郎の知恵袋ならねぇ・・・」

コナン:(ええっ!?)

阿笠:「あ、あの・・・あなたは?」

黒田:「この度、松本清長警視正に代わり・・・」「警視庁捜査一課の管理官に就いた黒田兵衛です・・・」「以後、お見知り置きを・・・」

「君も・・・」「よろしくな・・・」「江戸川君?」 File:920

松本管理官に代わり、黒田兵衛がそのポジション「警視庁捜査一課の管理官」に就く。「松本清長警視正に代わり」なので、松本清長元管理官は警視正に昇格したようである。

コナンは事件で時々松本管理官に遭遇していたので、今後も黒田管理官には会うはめになりそうである。松本警視正も登場し続けるのかは不明。

また、捜査一課長であった黒田が管理官になったことで、新しい捜査一課長も出てくるのだろうか… 最初の捜査一課長が今のところ登場していない時点で必須のポジションと言うわけではなさそうで、そのままスルーされるかもしれない。

松本元管理官は「*ウラ理事官」に就任というのも盛り上がりそうだが、「警視正」と言われているので違うようである。

*警察庁警備局警備企画課でチヨダを統括しているのは指導担当の理事官(いわゆるウラ理事官)である。ウラ理事官には警察官僚の中でも入庁15年程度の警視正が就任し、およそ1年から3年にわたって理事官を務める[20]。

ウラ理事官は組織図から名前が抹消され存在が秘匿されるが、キャリア官僚が突然姿を消すことから、誰がその任に就いたのか分かりやすいという[21]。このポストはエース級の警察官僚が就任する登竜門ポストの一つとされており、ウラ理事官の経験者には後に警察庁長官・警視総監などに栄達した人物も多い。Wiki

警視庁公安部などの教育や指示を担当する部署がチヨダ(ゼロ)であるが、そのチヨダを統括するポジションがこの「ウラ理事官」にあたる。

「入庁15年程度の警視正が就任」とあるので、可能性があるのは松本元管理官の前の警視正か。ただ、該当のポジションのキャラは登場していない。(殉職による特進除く)

「組織図から名前が抹消され存在が秘匿」って、もう聞くだけでワクワクしそうだけど、警視正出てきてないからなぁ、残念。

元々そこまで話を広げるつもりがないかもしれないが、警察関係者に組織のメンバーがいるのならこのくらいのポジションが面白いかもしれない?

でも、それやったら新ウラ理事官に安室が組織に潜入してることとか全部バレてしまうのだダメか…

その他

作者インタビュー

以前のインタビューで登場が予告されている。

「今、『軍師官兵衛』ってやってるじゃないですか。黒田官兵衛って刑事出して、こいつらと絡ましてやろうかなんて思っているんですよ」 (SDB60)

「軍師といえば、今NHKでやってる「黒田官兵衛」・・・いつか、黒田刑事も出したいですね。」 (SDB70)

ちなみに ─

博士:「おお!その逸話なら聞いた事があるわい!確か酒の席で黒田官兵衛の家臣の母里太兵衛と賭けをして、呑み取られたというあの槍じゃろ?」 File:901

伏線と言うほどでもないけれど、85巻の博士の話で「黒田官兵衛」の名が出てくる。黒田兵衛の登場が86巻なので、これはもしかしたら意識的かもしれない。まぁ、出て来たことが確認できればそれ以上の意味はないけれど。

竹中半兵衛

黒田兵衛の元ネタとなっている「黒田官兵衛(黒田孝高)」は、「竹中半兵衛(竹中重治)」と同じ豊臣秀吉旗下で、二人あわせて「両兵衛」と称されている。

黒田官兵衛のオマージュが登場したということは、竹中半兵衛のオマージュも出てくる?黒田とのつながりという事で後の捜査一課長とかでも面白そうだが、それだと長野県警の話にしか登場できないので不便かもしれない。黒田を管理官にしたのも、そうした進行上の理由が全くないとも言い切れない。

竹中半兵衛は見た目は痩身で女性のような美男子であると記録にある。黒田兵衛がコナンに義眼で大男であることからラムではないかと疑いをかけたのであるが、ラムには「女のような男」という特長もある。

義眼のキャラがポンポン出てくるのもどうかと思われるが、もし竹中半兵衛を元ネタとしたキャラが出るのであれば、義眼で女のような男だったり。

次ページへ

sponsored link
更新日:2017-1-17
コメントはこちら