小ネタとか

sponsored link

置き場がない小ネタをとりあえず退避

小ネタ

隠しキャラ「鬼丸」

そういえば 1回目の組織との対決の舞台となった船上のパーティーに、こっそりヤイバの鬼丸様が参加しているのだが・・・見つけられたかな?(笑)。 SDB50

onimalu_430

↑これです。「血塗られた幽霊船」の回にいます。仮想大会なので単なる誰かの変装では?と思えるのですが、「鬼丸様が参加している」とのことなので本物らしい?

英理の父親

「あの時の南雲さんの態度でわかったんだよ・・・」「あれは愛人に言い寄る男に対する敵対心じゃなく・・・」「英理の親父に挨拶に行った時に味わった娘を心配する親心だってな・・・」 File:376

eri_father_f376

名探偵コナンにおけるレギュラー親子の親(祖父、祖母)は基本的に未登場で存在すら示唆されていないことが多いのだけれど、37巻「見えない容疑者」で小五郎が英理の父親に挨拶に行った回想では、後姿だけ描かれたことがある。

ゴメラファイナル

博士:「いいスタッフじゃないか!」

監督:「ああ・・・みんなゴメラを愛し、10年間ゴメラと苦労を共にしてきた家族みたいなものさ・・・」「誰一人欠けても撮る事はできんよ・・・」「大怪獣ゴメラはな・・・」

亀井P:「フ・・・それも今年かぎりだがな・・・」

監督:「亀井プロデューサー!?」

亀井P:「怪獣映画なんて所詮子供だまし・・・もう時代じゃないよ・・・」「使い古された音楽に、ワンパターンの演出・・・」「金がかかり過ぎるセットに特殊効果・・・」「毎回破損するゴメラの修復代だってバカにならない・・・」「デビュー当時は14歳だった妖精も今じゃ24・・・」「もう潮時だよ・・・」 File:128

監督:「し、しかしゴメラを一番やめたがっていたのは松井君、君だと・・・」

松井:「あれはプロデューサーの作り話ですよ・・・金食い虫の人気映画「ゴメラ」の打ち切りをスタッフに納得させるための・・・」「変だと思ったんだ・・・悲しそうな笑顔で僕を励ます・・・みんなの視線が・・・」「バカだよな・・・その作り話に気づいたのがつい二週間前だなんて・・・」「慌ててプロディユーサーに掛け合ったけど、相手にしてくれなかった・・・」「「ゴメラ最後の決戦」と銘打って大々的に宣伝してしまったから、もう後戻りできないって・・・」

亀井P:(なーに一年もたてば皆すぐに忘れるよ・・・あんなゴムでできた化け物の事なんて・・・)

二か月後・・・ゴメラは無事に公開された・・・ 未撮影のラストシーンは、今までのフィルムをつなぎ合わせて構成されゴメラが死ぬカットは消滅した・・・ ゴメラは永遠にスクリーンの中で生き続ける事になったのだ・・・ 大迫力の映像とストーリー展開に、観客は息をのみ歓喜する・・・ だが・・・館内に響きわたるゴメラの雄叫びが、オレにはとても寂しそうに聞こえてならなかった・・・ File:130

gomera_f128

ゴメラの映画は13巻「大怪獣ゴメラ殺人事件」でラストを迎えた ──

最後最後って、よく引っ張るわねこの映画・・・

コナン:「ああ・・・前作の題名が「さらばゴメラ」・・・その前が「ゴメラよ永遠に」だからね・・・」 File:687

と思わせて、「最後最後」と結局引っ張っている。

前作の題名が「さらばゴメラ」で、その前が「ゴメラよ永遠に」。

光彦:「いやー、大怪獣ゴメラ「野望篇」、面白かったですねー!!」

歩美:「うん!ゴメラ超かっこよかった!!」

元太:「もうちょっとで国会議事堂丼が潰されちまうトコだったぜ!!」

博士:「丼じゃなくて議事堂じゃよ!」

灰原:「・・・にしても・・・」「この前ファイナルっていってたのに、よく続くわねゴメラ・・・」

コナン:「半年後に「革命篇」っていうのをやるらしいぜ?」(まぁ、オレもちょっと観てみたいけど・・・) File:790

75巻では「大怪獣ゴメラ「野望篇」が上映され、次は半年後に「革命篇」が公開予定。でも、「半年後」としてしまっているので、安易に時間経過させることができないこの漫画では新作の上映はもうないか、次が最後になるのかもしれない?

探偵団の登場回数

少年探偵団が登場した事件を数えると登場回数が違う。

78巻時点、元太と光彦は90、歩美は91、灰原は99。

元太、光彦、歩美の登場は2巻。灰原の初登場はそれからだいぶ空いて18巻と遅いにもかかわらず、それでも黒の組織に関わる人間だけあって他の三人よりも出番が多くなっている。

歩美が元太や光彦よりも1回多いのは、11巻(テレビ局殺人事件)でテレビに出たコナンを歩きながら見るシーンがあったから。

J.Bの若い頃の髪色

ジェイムズ・ブラックはロンドン生まれのシカゴ育ち。クイーンズイングリッシュを話す。話し言葉はどこで生まれたかではなくて育ちで決まるのでアメリカ南部訛りのはずなのだが…

育ちがアメリカでも教育に影響する両親がイギリス英語だからであろうか。それだけでなく、世間の話し言葉に影響させずにイギリス英語を崩していないのだから、コナンがクイーンズイングリッシュのことを「女王陛下仕込み」と例えているように、由緒正しい家系の可能性も。

james_black_437_596

そんなジェイムズ・ブラックであるが、なんと若い頃の髪の色は真っ黒。J.Bは43巻,57巻で2回ほど自身の回想シーンがあるのだが、両方とも黒である。現在は白髪頭になってしまっており顔立ちからも欧米の人にしか見えないのだが、黒髪というのはなんとも意外である。

ジェイムズの年齢は明らかにされていないが、ジョディは28歳とされている。ジョディの両親が殺害されたのは20年前。証人保護プログラムを受けるよう進められたのはその直後であるはずなので、FBIに入れろと啖呵を切ったのも20年前。

どうやらFBIは定年が57歳くらいのよう。今のジェイムズの見た目はほぼそれに近いのではと思われ、20年前だと大体30代半ば前後の時の姿ではないかと推測される。

ジェイムズの髪色設定が黒であることはほぼ間違いないよう。イギリス人だから金髪というのは極端なステレオタイプであるが、アメリカ人であるジョディやベルモットは金髪だし、血筋は生粋のロンドンっ子と思わせて(思わせているだけかもしれないが)、あえて典型的なイメージの金髪にしなかったのは何か理由があるのだろうか。イギリス王家で黒髪の有名人物がいれば、その家系とか?

まあ、ドイツ系のキャメルも黒髪であるし、アジア系と言っても名探偵コナンでは中国だとか東南アジアとかまで話は広がっていないので日本になるのであろうが…

FBIなので捜査のために日本語を勉強しろと言われればやるだろうし、それができるくらい優秀であろうが、日本に来たのは赤井に呼ばれたからである。元々日本語を勉強するきっかけがあり、それは、もしかしたらどこかに日本人の血が入っていたりとか、日本と何らかの縁があったからという裏設定なんかもありえるかもしれない。

james_black_anime_347

アニメ版でもきちんと髪の色は反映されている。ジョディが茶髪で表現されているのだから、ジェイムズの髪色がアニメの都合で黒になったわけではない。ちなみに、コミック57巻、赤黒の方の回想シーンはアニメではカットされてしまっている。

次ページへ

sponsored link
更新日:2016-8-16
コメントはこちら