ベルモット編|疑わしいのはあと二人

sponsored link

残る二人のうち一人

ジェイムズ・ブラック

ジェイムズ:ホークさんによく似ていると言われますけど、こんなに間違えられたのは初めてね!

元太:「だったら変装ぐらいして行けばいいのによ・・・」

コナン:(んな事したら余計怪しまれるっつーの!) File:325

コナンはクリスが誰かに変装していると考えているが、有名人に変装して余計に怪しまれるようなことはしないだろうと思っているのかもしれない。まぁ、バスジャックの時にいない時点で候補から外れるけれど。

灰原:「ねぇ・・・あの人何か感じない?」

コナン:「え?別に・・・」

灰原:「そう・・・それならいいけど・・・」

コナン:「?」 File:325

灰原:「ねぇ・・・」「ちょっと引っ掛からない?」「ジェイムズさんが男二人に駐車場から路地裏を通ってここに連れて来られて別の車に乗せられたのなら・・・」「あの血の暗号は路地裏を歩いてる時に自分の指を切って作ったって事よね?」

コナン:「ああ・・・多分、駐車場の時点で男二人に拳銃か何かで脅されていてその男達の目を盗んで暗号を作ったんだろ?」

灰原:「または、不審者とわかっていながらわざとついて行って私達にメッセージを残したか・・・」

コナン:「おい、何が言いてーんだ?」 File:326

灰原:「やっぱり怪しいわねあの外国人・・・」「事情聴取の前に、姿をくらますなんて・・・」「絶対何かあると思わない?」

コナン:「そうか?いい人そうに見えたけど・・・」「気になったのは名前ぐらいだよ・・・」

灰原:「名前?」「まさかブラックだから?」

コナン:「違うよ!ジェイムズの方だよ・・・」

灰原:「あら、ジェイムズ・ボンドにジェイムズ・ディーン・・・」「私にはわりといいイメージの名前だけど・・・」

コナン:「Professor James Moriarty・・・」

灰原:「え?」

コナン:「犯罪界のナポレオン・・・」「ホームズの宿敵・・・ミリアーティー教授のファーストネームさ・・・」「まあ、こんな事疑うのはシャーロキアンぐらい・・・」「ジェイムズなんてよくある名前だよ!」

灰原:「そ、そうね・・・」 File:327

コナンは灰原が「怪しくない?」と問いかけるも、全く気にしていない。ただ、これだけで本音を判断することは難しい場合もある。

コナン:(それより気になるのは・・・)(車の中からオレ達を見ていたあの男・・・)(バスジャックの時の乗客の一人・・・)(確か事情聴取で赤井秀一とか言ってたよな・・・) File:327

しかし、本心が表れる心の中で赤井を警戒しているのに、ジェイムズのことは気にかけていない。ニュアンスも「それより気になるのは」なので、(気になるのはジェイムズではなくて赤井=ジェイムズは気にしていないという意味)これもジェイムズを疑っていないとはっきりわかる表現である。

また、コナンは灰原の組織臭を根拠にしているところもあるので、「怪しい」と警戒しつつも怯える様子がない灰原を見て、特にジェイムズを疑う要素もないと判断したのかもしれない。

灰原:「まあ、ブラッディバレンタインみたいに苦い思い出にならないようにね・・・」

コナン:(・・・・・・)(血のバレンタイン・・・)(カポネ一家が、敵対するモラン一家の七人をガレージの前に立たせてマシンガンで銃殺した1929年の2月14日・・・)(カポネ・・・)(そーいえばあの人・・・カポネがいた街で育ったって言ってたな・・・) File:331

後にジェイムズのことを思い出すのだが、ちょっとミスリードっぽい表現ではあるが、白だと考えていたジェイムズを疑いだしたというわけではない。ジェイムズの正体がわかるヒントを得たようなきっかけはない。

ジェイムズ:「さすが君が一目置いてる少年だ・・FBIにスカウトしたいぐらいだよ・・・」

コナン:(・・・・・・・・・)

ジョディ:「ああ・・・彼は、ジェイムズ!一度会った事あるわよね?」

ジェイムズ:「君とはパンダカーの時以来。だね・・・」「あの時は助かったよ・・・」

コナン:(このオッサンもFBIだったってわけね・・・) File:502

ジョディ、新出先生(ベルモット)の正体は二元ミステリーで明らかになったが、コナン目線でジェイムズに関しては宙に浮いたままでも疑問に思っていない。

赤井について、コナンは二元の時に途中から眠っていたため顔は見ていないのだが、最終的にはFBIと納得したようである。

疑わしい二人が赤井とジェイムズで、二人が黒の組織のメンバーであったと考えた場合、(特に自分達に近い赤井)ベルモットを撤退させただけでは安心はできないはずであるが、コナンはその後二人を警戒する様子は見せていない。

つまり、赤井の正体は納得し、ジェイムズは元々そんなに気にしていなかったということになる。

新出智明

新出:「休暇中のところすみませんが、事件です!」「応援に来て頂けませんか?」

・・・

新出:「たった今、そこの廊下を走って、玄関の方へ行かれましたけど・・・」

コナン:「・・・・・・・・・」 File:330

conan_reaction_araide_f330

新出先生を見てコナンがポカーンと驚くシーン。ここの解釈は諸説あるが、新出が声帯模写で高木刑事の声を出したため、コナンが驚いたと考えられる。(単純に高木刑事のふりをして乗ってくれたことに驚いたと考えられなくもないが、それだけだと、そこまで驚くことではない。)

これをきっかけに新出=ベルモットと疑われるわけでもあるので、ベルモットがそんな大ポカするわけがないとも言えるのだが、これをなくしてしまうとコナンが新出を疑う直接の理由がなくなる。(コナンが新出=ベルモットと疑ったのは声帯模写の技術を使ったから。)

バスジャックの件はあくまで読者向けの候補に入るだけ。調書が盗まれたことからベルモットが新出先生が関わった事件を調べようとしたと推理しても、それを元に新出=ベルモットとする根拠はなく飛躍しすぎ。

蘭:「ねぇ、そーいえばおばーさんとお手伝いさんは?」

新出:「ああ・・・あの二人は先に青森に行ってもらっているんだ・・・」

蘭:「そっか!言ってましたよね、青森の病院に勤務するって!だからあの二人・・・」

新出:「ええ・・・でも僕にはここの患者を別の病院に紹介する役目が残ってますから、向こうの病院に無理を言って待ってもらっているんですよ・・・」「それに、ここで起きたあの事件の証言を裁判でちゃんとして毛利さんの推理の裏づけをしなきゃいけませんから・・・」 

コナン:(そういえば新出先生、ドア越しにオレの推理聞いて真相を知っちゃったみたいだったな・・・)

File:355

コナンと新出先生が対面するのはこれで最後になるのだが、調書の件でピンとくるような会話はあっても、クリス=新出先生と疑うようなきっかけはない。

博士:「本当は医者に見せた方がいいんじゃが・・・・・・」「そうじゃ!新出先生に頼もうか?」「今日は日曜だから、この辺の病院はほとんどやってねーし・・・・・・」

コナン:「ああ・・・さっき電話したけど留守だったよ・・・」「きっと例の事件の裁判が近いから忙しいんだよ・・・・・・」「そーいや杯戸町の東都デパートの中に病院があったから、そこに行ってみるか?」「確か休診日は木曜だったから・・・・・・」

博士:(仕方ない・・・)(ダメもとで新出先生に・・・・・・)

新出:<はい・・・新出ですが・・・>

博士:「その声は阿笠さんですね?」

博士:<こりゃーラッキーじゃ!!コナン君が電話した時は留守だったそうじゃから・・・>

新出:「コナン君が・・・?」「変ですねぇ・・・今日は一日中家にいましたけど・・・」「ああ・・・そういえば、トイレに入っている時に電話がありましたから、きっとそれでしょう・・・」 File:422

コナンが新出先生に電話をしたというのは疑わしく、新出先生は「トイレに入っている時に電話がありました」と言っているものの、それがコナンからの電話とは限らない。

どちらかというと、この会話は一日中家にいたけどそんな電話はなかったということに意味があると思われる。

それに、トイレに行っている可能性があるとして、一度出なくとも他にすぐに行ける病院がないのだからまたかけなおすのが普通であるが、あっさりしすぎている。そして東都デパートの中の病院を勧めている。

まぁ、コナンはこの時既に新出先生がベルモットの変装だと気付いていたようなので、電話をかけたというのは嘘であろうが。

灰原(コナン):「ねぇ・・・」「一つだけお願い・・・」「聞いてくれる?」 File:432

ベルモット:「それにしても貴方には二度も驚かされたわ・・・」「一つは、あの20年前の少女が貴方だって事・・・」「もう一つは、Dr新出の事件の裏を知っていた事・・・」

ジョディ:「き、聞き出したんじゃないわ・・・頼まれたのよ・・・」「そ、そう問い詰めて貴方の正体を暴けば わ、私の事を信用するって・・・・・・」「こ、この子にね・・・」

ベルモット:「へぇーそう・・・」「この子がねえ・・・」 File:433

灰原(コナン)はジョディに調書の件を新出先生(ベルモット)に話すようにお願いする。いつのまにかコナンはジョディは白、新出先生がベルモットであることを見抜いていたことになる。

バスジャック後にコナンが新出先生に会ったのは先述した2回であり、そのうち例のコナンが驚いた話はコナンが「疑わしいのはあと二人」の発言をする前のこと。

「二人」発言の前にコナンが新出先生を疑うきっかけがあり、それで彼をマークしていなければ、疑っていた二人を途中から白、眼中になかった新出先生を突然黒であると判断したことになり、話がおかしくなってしまう。

sponsored link
更新日:2015-12-1


コメントを残す