来葉峠の真相

sponsored link

ジョディの推理

緋色シリーズでは安室が赤井の死亡偽装トリックと沖矢=赤井の正体を見破るだけでなく、脳筋と言われているジョディ視点での推理も描かれ、同時推理でそのカラクリに気づくという、元赤井の交際相手であった彼女にも花を持たせている。

安室の場合はミステリートレイン以降「赤井は生きている」という前提で、死亡の偽装が何らかのトリックで可能なら生きているだろうという考えで調査を進めていたのに対し、ジョディはずっと赤井は死んでいたと信じきっていたので、コナンの狼狽ぶりから何か秘密があると勘ぐったことが赤井の生存に気づくきっかけとなっている。

キャメル:「ら、来葉峠?」「赤井さんが奴らに殺された場所に今から行くんですか!?」

ジョディ:「ええ・・・行けば何かがつかめる気がするのよ・・・」(そう・・・楠田が拳銃自殺した事が奴らに知られた時のコナン君のあの表情・・・)(花見の時のあの狼狽えぶり・・・)(絶対何か・・・)(何かある!!) File:895

jodie_raiha_f895

ジョディは安室と違いコナンの動揺を直接見ているので、そこからコナンが一枚噛んでいるのではと考える。花見の時はまだスルーしてしまったので、決定的なのはやはり最後のピースを安室に知られてしまった時の狼狽ぶりであろうか。

ジョディ:「コーティング!!」「きっとあの時秀一は指先を透明な接着剤か何かでコーティングしてたのよ!!」「念を入れて両手の指に!!」

ジョディ:「コナン君の携帯をつかんだ時よ!!そうしておけば自分の指紋を携帯に付けずに済むから・・・」「だからあの時、秀一は缶コーヒーを落としたんだわ・・・」「指先がコーティングされていたせいで滑りやすくなっていた為に!!」

キャメル:「じゃ、じゃああの携帯に付いていた指紋は・・・」

ジョディ:「秀一のじゃない!」「その前に手に取った楠田陸道の指紋よ!!」

キャメル:「・・・って事はつまり・・・」「来葉峠で頭を撃たれて車ごと焼かれたあの遺体は・・・」

ジョディ:「ええ・・・楠田陸道の遺体だったってわけ・・・」「状況はよくわからないけど・・」「恐らく秀一は自分の服を着せたその遺体を車に載せていて・・・」「水無怜奈に撃たれたフリをしてタイミングよく遺体をスリ替わったんだわ!!」 File:895

jodie_truth_f895

コナンが話を反らそうとしたお花見の時の会話から、確認された指紋が赤井ではなく、楠田のものであるということに気付く。ジョディは来葉峠の状況を詳しく知らないので、具体的にどう切り抜けたのかは想定である。

ジョディは「赤井はコーティングしていた!」「楠田の遺体だ!」と安室が長い調査の末ようやくたどり着いた結論に簡単に達してしまっているのだけれど、ここはちょっと説明が省かれているのでわかり難い。

安室と違って、FBIのジョディは「携帯を触った順番」「赤井がコーヒーを落としたこと」「楠田が拳銃で自殺したこと」「おそらく赤井が処分したことになっていること」これらの推理に必要な情報は最初から持っている。

ただ、赤井は死んでいるとすっかり騙されていたので、安室のようにトリックを前提で考えていない。そこで、コナンが狼狽したことをきっかけに疑いをかける。

花見の時は「携帯を触った順番」「赤井がコーヒーを落としたこと」を話した時。二回目の動揺は「楠田が拳銃自殺した事が組織に知られたこと」について。

つまり、この情報がトリックに関係があり、携帯の指紋=指紋の誤認狙い。楠田の自殺=遺体の身代わりと結びつけることができるようになった。重要なのは、コナンが何の情報を隠したいのか、それにジョディが気づいたこと。

キャメル:「だって赤井さんがその携帯に触ったのって・・・」「水無し怜奈を奴らに奪還させる前ですよね?」「その時点でもう赤井さんは自分を殺せと彼女が命じられる事を想定していたんですか!?」

ジョディ:「ええ・・・秀一ならそれくらい・・・」

回想 コナン:(じゃあボクの携帯しばらく貸してあげるよ!)

回想 ジョディ:(さっきコナン君から借りて今 私持っていて・・・)

ジョディ:(いや・・・秀一じゃない・・・)

回想 コナン:(あ、ジョディ先生・・・)(がんばってね!)

ジョディ:(これって・・・)(まさか・・・) File:895

jodie_conan_f895

ジョディは赤井ならそれくらいのことはできると思っているが、コナンが一連の行動をリードしていることから、これまでのことはコナンが想定したのではないかと考える。

キャメル:「そ、それで!?」「その後赤井さんはどこで何を!?」

ジョディ:「さ、さあ・・・」

キャメル:「心当たりのある人とかいないんですか?」「口癖が赤井さんと同じとか・・・」

ジョディ:「口癖?」

キャメル:「ホラ、赤井さんよく言ってたじゃないですか!!」「「50・50だからお互い様だ」とか・・・」

回想 沖矢:(すみません・・・)(大丈夫ですか?)(でも過失の割合は50・50です・・・)(周りの注意を怠っていた君にも非がある・・・)

ジョディ:(あ・・・)(あ──っ!!)

・・・

ジョディ:「前に話したでしょ?」「米花百貨店でぶつかった眼鏡の妙な男の事・・・」 File:895

jodie_phrase_f895

百貨店でぶつかった妙な男が赤井と同じ口癖を話したことを思い出し、沖矢=赤井であることに気付く。

ジョディ:「あのボウヤってまさか・・・」「コナン君?」

赤井:「ああ・・・俺の身柄を抵抗なしで確保するには・・・」「俺とつながりが深そうなお前らのどちらかを拘束するはず・・・」「人知れずそれを実行するには、FBIの仲間から離れる車での外出中・・・」「俺の死に不信感を持ち始めていたジョディなら恐らくこの来葉峠に来ると的中させていたよ・・・」 File:897

緋色シリーズの一連の計画において、コナンはジョディが赤井の死に不信感を持ち来葉峠を調査しにくること、そのタイミングで安室はジョディ(キャメル)を拘束し、赤井を抵抗なしに確保しようとするところまで見抜いていた。

sponsored link
更新日:2016-9-22

来葉峠の真相」への2件のフィードバック

  1. 管理人 投稿作成者

    >>まこ さん

    普通に読んだら、ジンの居場所を見つけて「あんなところから見ていたのか」なんですけど、「そういう作戦を考えていたのか」という意味も考えられます(笑)詳しくは「緋色シリーズ|来葉峠の計画について」の記事を読んでみてください。コナンが全てを牛耳っていたというあの話はちょっと強引で、すっきりとしたオチではないんですよ。

  2. まこ

    赤井秀一がキールに撃たれたときの
    「そういう事か」はどういう事なんでしょう。
    赤井にとって想定外だったと
    読者に思わせるミスリードでしょうか?

コメントを残す