来葉峠の真相

sponsored link

偽装トリックを見破るピース

前後の詳細ファイル

安室:「・・・・・・」「赤井が死ぬ前後の詳細なファイル・・・」「もう一度見せてくれないか?」

ベルモット:「ええ・・・」

安室心の中:(どうやら一から調査し直す必要がありそうだ・・・) File:824

amuro_investigation_f824

具体的にどんな内容が書いてあったのかは不明であるが、後の安室の推理からすると──

来葉峠で赤井は頭を撃ちぬかれて車ごと爆破されて死んだこと。FBIは赤井の触った携帯の指紋と、警察が調査中のかろうじて残った遺体の右手の指紋を調べてもらい、その結果一致した。(FBIは赤井が死んだと判断)この二つの情報を事前知識として持っていることがわかる。

ムービーまでは見ていない ─

ベルモット:「そんなに疑うなら赤井が撃たれた時の映像観てみる?」

安室:「ああ・・・キールが首につけていた隠しカメラで撮ったとかいうムービーですね・・・」 File:894

ちなみに、なぜか安室はムービーまではチェックしていなかったようである。

お花見神社

ジョディ:「もしかしてどこかの缶コーヒーの自販機の前とかで見かけたんじゃない?」

男:「か、缶コーヒー好きなんですか?彼・・・」

ジョディ:「ええ・・・よく飲んでたわ・・・そう・・・組織が今にも病院を襲撃して来ようかっていうあの時も・・・」

赤井:(敵の面なら忘れないんだがな・・・)

ジョディ:(秀一・・・)

男:「つ、疲れてらっしゃったんですね・・・」「缶コーヒーを落とすなんて・・・」「───っていうか襲撃って・・・?」 File:850

弁崎に変装したバーボンが、ジョディから「缶コーヒーを落とす」という情報を聞きだす。

コナン:「ん?ジョディ先生、何か気づいたの?」

ジョディ:「いや・・・前に君が録ってくれたビデオに映った男を思い出したのよ・・・」「ホラ、病院に潜入してる組織のスパイを割り出す為に、わざと携帯を落として拾わせたでしょ?」

「最初に拾った太った男が脂性だったなーって・・・」「結局次に拾った男がスパイで・・・最後のおじいさんはペースメーカーを付けてて・・・」「そしてその携帯を秀一が・・・」

回想:赤井(いくらボウヤでも・・・)(そいつはできない相談だ・・・)(後は我々に任せるんだ・・・)

コナン:「ね、ねぇ!そんな事今、関係ないんじゃない!?」

ジョディ:「そうね・・・ごめんねさい・・・」「あの火傷の彼が秀一じゃないとわかり私、ちょっと気が動転してるみたい・・・」 File:851

jodie_remember_f851

続けて、弁崎に変装したバーボンがジョディに仕掛けた盗聴器で聞いた内容。

わざと携帯を落として拾わせたこと、その順番が「太った脂性の男」⇒「スパイ(楠田陸道)」⇒「ペースメーカーを付けたおじいさん」⇒「赤井秀一」であることを聞きだす。

神社で聞き出した上記2点は、携帯の指紋トリックを見破る根拠となる。

杯戸中央病院

安室:「じゃあ楠田陸道って男の事とか知りませんよね?」

高木:「楠田陸道?」「ああ!!そういえばその爆弾騒ぎの何日か前にこの近くで破損車両が見つかって・・・」「その車の持ち主が楠田陸道って男でしたよ!」

安室:(え?)

高木:「この病院の患者だったそうですけど・・・」「急に姿をくらましたらしくて・・・」

高木:「謎の多い事件でね・・・その破損車両の車内に大量の血が飛び散っていて・・・」「1mmに満たない血痕もあって・・・」「鑑識さんが言うには・・・」

安室:(1mmに満たない・・・)(高速の飛沫血痕・・・)(拳銃か!!) File:890

病院の入院患者であった楠田が急に失踪、爆弾騒ぎの何日か前に近くで破損車両が見つかったこと。また、車内には1mmに満たない血痕があったことを聞き出す。そして、安室はそれを拳銃と判断する。

ベルモット:「楠田って男・・・」「あなたが予想していた通り・・・」「拳銃自殺したそうよ・・・」「自分の車の中でね・・・」

安室:「やはり・・・そういう事ですか・・・」 File:894

vermouth_report_f894

ジョディに変装したベルモットがキャメルから楠田が拳銃で自害したことを聞きだす。「あなたが予想していた通り」なのでこれは最終確認であり、これより前の高木刑事から話を聞いた時点でこの結果は想定済み。

「最後のピース」からは、失踪した楠田がFBIに捕らわれているわけではないこと、殺されたのではなく自害したことの2点が重要。これは、遺体のすり替えトリックを見破る根拠となる。

その他

沖矢昴を知っている ─

okiya_amuro_f800

File800、安室は沖矢の顔を見ている。

阿笠博士を知っている ─

安室:「僕も残念だよ・・・」「せっかく噂の阿笠博士に会えると思ったのにね・・・」 File:804

発明家である阿笠博士の情報を事前に得ている。

コナンの能力に気付いている ─

安室:「ええ、確証を得たらすぐに・・・」「でもこれだけは言っておきましょう・・・」「恐ろしい男ですよ・・・」「あの少年は・・・」 File:852

コナンが頭の切れる少年ということに気づいている。後の展開からわかることであるが、ここで言う「確証」はコナンの秘密(新一の幼児化)についてではなく、来葉峠の偽装トリックについて。安室は確証を得た後に、ベルモットに自分の推理を話している。

ここから判断すると、安室は最初のピースを手に入れた神社の回で既に大まかなシナリオを描いている。

ムービーの状況 ─

ベルモット:「あの男・・・撃たれる前にこう呟いたのよ・・・」

回想 赤井:(まさか・・・)(ここまでとはな・・・)

回想 キール:(ええ・・・)(私も驚いたわ・・・)

ベルモット:「一応、女優の立場から言わせてもらうけど・・・」「あれは示し合わせた台詞じゃなく・・・」「心の底から出た言葉・・・演技じゃないわ・・・」「でもガッカリよ・・・」「こんな茶番に付き合わされていたなんて・・・」

安室:「・・・・・・」「まさか・・・」「ここまでとはな・・・」(なるほど・・・)(そういう事か・・・)「まぁ、証明してみせますよ・・・」「僕の推理が合っているかどうか・・・」「ぐうの音も出ない状況に追い込んでね・・・」

ベルモット:「あら・・・一応居場所はつかんでいるのね・・・その亡霊さんの・・・」

安室:「いや・・・それはまだですが・・・」「タネがわかればそれを調べる事なんて僕にとっては・・・」「1日あればお釣りが来ますよ・・・」 File:894

赤井とキールの会話は示し合わせた台詞ではない。これについては、安室が赤井の死亡偽装トリックを既に見破った後なので補足的な情報となる。

次ページへ

sponsored link
更新日:2016-9-22
コメントはこちら