領域外の妹の正体予測(所属など)

sponsored link

こちらも参照↓
領域外の妹の正体予測 (世良の母幼児化説)
領域外の妹=世良の母=幼児化説だった場合の補足

所属はMI6(SIS)?

安室:「だが、それもフェイク・・・」「撃たれた男はいつも黒いニット帽を被っていましたから・・・」「この近所にはMI6も顔負けの発明品を作っている博士がいるそうじゃないですか・・・」「彼に頼めば空砲に合わせてニット帽から血ノリが噴出す仕掛けぐらい簡単に作れそうだ・・・」 File:895

安室曰く、博士は「MI6も顔負けの発明品を作っている」とのこと。気が早いが、こうした何気ない発言は後に本当にMI6が出てくるフラグにもなりえる。

ジョディ:「そして事務局のビュロウは・・・」「ただそれだけで──・・・」「FBI・・・」「アメリカ合衆国連邦捜査局の事でーす!」 File:339

灰原:「まぁ、それと同時に公安警察も目を光らせてる場所でもあるからせいぜい気をつけるのね・・・」File:850

ベルモット編の「FBI」やバーボン編の「公安」もそのキーワードが日常の会話の中で出てきていた。

博士がMI6だったらそれはそれで面白い(笑)安室は公安なのでこれは別のキャラの伏線。

説明からすれば、MI6は博士のような「発明を作ることもできる知識を持っていそうな人物」となる。MI6も面目を失うほどすごいと言う意味なので、裏を返せばMI6も得意の範疇ということ。

そういうキャラ、いました。世良と一緒にいる領域外の妹。

詳細は↓
領域外の妹の特長

MI6は日本語で秘密情報部と呼ばれている。

秘密情報部(ひみつじょうほうぶ、Secret Intelligence Service、SIS)は、イギリスの情報機関の1つ。国外の政治、経済及びその他秘密情報の収集、海外におけるエージェントを用いた情報工作を任務としている

2005年の応募資格は、父母どちらかが英国人であること、21歳以上で過去10年間に5年以上イギリスに住んでいた英国民である事。

秘密情報部

条件が父母どちらかが英国人であることだけれど、領域外の妹はハーフか外国人に見える。世良はイギリス英語やマナーを使い、イギリス人との交流があるか、イギリスに住んでいたことがある可能性が示唆されている。

バーボン編から続く英国の関連の人物や伏線
世良は本当にアメリカにいたのか?

作者インタビューでは「とある二人の母親同士が姉妹」との発言(詳細は後述)があり、それが世良母(領域外の妹?)とエレーナ(イギリス人)という可能性もある。

とある二人の母同士が姉妹

ベルモット編=FBI、キール編=CIA、バーボン編=公安と一つの区切りで一つの組織なので、ラム編は領域外の妹でMI6の登場かもしれない。

変わった特技

コナン:(し、死んでる!?)(いや・・・急所を的確に付いて意識を刈り取ったんだ・・・オレが駆けつける数秒の間に・・・シークレットサービス並みの早業で・・・)(これをやったのは間違いなく・・・)(あの領域外の・・・) File:953

!わかったこと・・・①抜群の推理力 ②シークレットサービス並みの格闘術 ③世良が「ママ」と読んでいる・・・!?

シークレットサービス(SS)はアメリカの要人警護をする職業。日本ならSP。”並みの”なので、それくらい強いという例えで、シークレットサービスとは言っていない。SS並みに強い、では彼女の正体は?⇒「シークレットサービス並みだからシークレットサービス」ではそのまま。

要人警護にあたる人物は国によって呼び名が違うのだけれど、SSスはアメリカだから、日本のSPが正体だ!ということを言いたいのではなくて、どちらも要人警護をするボディーガード。

まぁ所属する機関は変わってくるけれど、「抜群の推理力」を備え、「シークレットサービス並みの格闘術」を持っている。キレキレのボディーガードはいても、キレキレだからボディガードだろうとはならない。抜群の推理力とボディガードは結びつかない。

そもそも、見た目外国人の彼女が日本のSPだと推理する根拠はないし、じゃあイギリスはというと、SIAという政府機関はロンドンオリンピックを機に設立されたもので新しいし、SASはイギリス陸軍の特殊部隊で、方向性が軍隊になってしまう。

コナンはその強さから、17年前の羽田浩司の事件でボディガードをしていた浅香の可能性を疑うのだけれど、その可能性は低い。浅香の正体まで踏み込むとまた話が反れる。

浅香の詳細は↓
浅香(ASACA)

一方で、シークレットサービス並みの格闘術が彼女の正体を推理する特徴とされているのは確か。加えて、抜群の推理力。以前はメカに強いという特技も出てきた。一応、ボディーガードは盗聴器の発見スキルなども持っているけれど…

では、そういう特性を持った人たちの正体は?というと、この漫画では赤井秀一のFBIだったり、安室透の公安だったりする。コナンと同等レベルの推理力+格闘術が基本で、その他特技は多数の設定。水無怜奈は違うけれど、逆に言えば、特殊な機関以外の所属でパーフェクトなスペックを与えられることは通常ない。特に、ただの探偵にSS並みの格闘スキルは必要ない。

では具体的にどこなのか?というところだけれど、基本的に同じネタは使わない。母国が関係するのでは?(赤井は違うけれど)ということで、彼女の出身がイギリスであれば、MI6が浮かんでくる。

さざ波シリーズ

イギリス人 ─

赤井と同じなので詳細は↓
赤井秀一の特長

赤井は3つの国を渡り歩き、米国籍は持っていなかったので、グリーンカードと市民権は苦労して取得している。母国はイギリスで、もう一つの国は日本。日本は血統主義であるため、両親のどちらかが日本国籍。

赤井秀一という日本人の名前に、日本語ぺらぺら。父の名前は「務武」とわかり、秀吉の婚姻届にも漢字が使用されていたので、まぁシンプルに父親が日本人。

婚姻届の詳細は↓
世良真純の出生の秘密

イギリスは出生地主義なので、生まれがイギリスならイギリス国籍を得ることができるが、母親の見た目が典型的な白人なので、これもシンプルなら母はイギリス人と考えられる。

サーカス ─

新一:「バレバレだよ!」

赤井:(え?)

新一:「お兄さんの正体がピエロだって事はな!!」

世良:(ピ、ピエロ?)

新一:「だってお兄さん話聞いてたら・・・」「色んな国をいーっぱい回ってるんでしょ?」「そんな人はボクが知るかぎり・・・」「サーカスの人しかいない!!」 File:972

サーカスはMI6の隠語。映画「裏切りのサーカス」ではMI6のことをサーカスと呼んでいたり、漫画「ゴルゴ13」では、MI6はグレートブリテンサーカスなんて呼ばれたりしている。ただ、CIAのNOC(ノンオフィシャルカバー)と違ってそんなには出てこないので、フィクションで使われているだけかもしれないが。

もちろん、サーカスと言われた赤井がMI6なのかというと、そうではなくて母親のほう。新一が「正体がピエロ」と言った時、世良は意味がわからないので、怪訝な表情をするが、メアリーは驚いている。また、その後も新一のことを不審者のように見つめながら警戒している。

まぁ、有希子も母国を見抜いたということで、できるだけかかわらないようにしていたのだけれど、新一はまだ子供。安室が「ゼロ」と呼ばれた時に驚いた(所属とあだ名のW伏線)のと、似たような演出かもしれない。

疑問点

メアリー:「まったく・・・」「せっかく貴方を日本に戻す為に海水浴に誘ったのに・・・」「まあ、この平和な景色を眺めながら頭を冷やして思い出しなさい・・・」「主人が死ぬ前・・・この安全な国に私達を送った時に言った言葉を・・・」「いいか、この先、私はいないものと思え・・・どうやら私はとんでもない奴らを敵に回してしまったようだ・・・」「──っていうあのメールをね・・・」 File:972

赤井の父親、務武は自分が死ぬ(失踪)前に、家族を安全な日本へ非難させた。10年前の海水浴も日本の熱浜(熱海?)。

時期についての詳細は↓
出来事年表(組織編)
赤井秀一 – シナリオ関連

赤井の父は羽田浩司の事件にかかわっていたが失踪。赤井は父の事件を探るべく渡米し、10年前の海水浴で7年ぶりに秀吉と再会している。

元いた国は赤井が言っているようにイギリスだけれど、少なくとも17年前から10年前までの間、母は日本で暮らしていたと考えられる。もし正体がMI6だった場合、夫が「家族を安全な日本へ」なんてことが、簡単にできるのかというところ。

メアリー:「貴方もわかってるでしょ?私達が事件にかかわっちゃいけない人間だって事・・・・」 File:973

まぁ、スパイとしては海外にいたほうがやりやすいので、許可が下りた。自分の身元がバレるのを警戒しているのは自分がスパイであるという身分がバレないためとか。

あるいは、駆け落ち的に逃げてきた。現在は世良に匿われている様子を見せ、ホテルを転々として誰かから逃げているように思えるが、組織からだけでなく、実はMI6からも逃げているとか。どうも、仲間の協力がないようにも見える。援助は務武の友人からのようだし。

考察 【File:876】 世良のパパの友人について

領域外の妹:「そんな事より一刻も早く事件を解決しろ!」「この部屋を警察に調べられたら私の存在が知られてしまう・・・」「羽田浩司の殺害事件の情報を嗅ぎ付けて・・・」「奴らが来るその前に・・・」「ゴホ」「ゴホ」 File:952

「警察に調べられたら私の存在が知られてしまう」「奴らが来るその前に」なので、知られたくないのはその存在で、警戒している対象は警察以外。奴らは羽田浩司の殺害事件の情報を嗅ぎ付けてやって来るが、警察は既に来ている。

普通に考えれば新一と同じように、組織に幼児化して生きていることを隠していると考えられるのだけれど…

APTX4869を飲まされて幼児化したため、赤井のように死亡扱いにして身を隠しているとか。FBIが組織に目を付けられた時に、あえて無関係を装うためにガードしなかったように、仲間が周囲に集まると、余計に怪しまれるからとか。あるいは、報告すると隔離されて家族と離されてしまうから黙っているとか。

今はどうにでも考えられてしまうところはあるので、ここはまだストーリーの進行を待って考えるしかなさそう。

次ページへ

sponsored link
更新日:2017-3-3
コメントはこちら